動画配信状況

ドラマ『MIU404』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2021年4月1日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2020年6月~ TBS系列で放送。
  • 出演
    綾野剛、星野源
    岡田健史、橋本じゅん
  • ザテレビジョンドラマアカデミー賞で4部門受賞
    最優秀作品賞
    助演女優賞
    脚本賞
    ドラマソング賞
  • 2020年9月度ギャラクシー賞月間賞

『MIU404(みゅうよんまるよん)』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

作品名 配信状況
MIU404
MIU404 ディレクターズカット版

TBS、テレビ東京、WOWOWの番組に強いのはParavi(パラビ)!
独占番組や見逃し番組も多数配信!
映画、ドラマ、アニメだけじゃない!ガイアの夜明け、がっちりマンデー!!、日経プラス10などニュース、ドキュメンタリーも多数配信。
まずは2週間無料体験!

Paraviの無料体験はここから

TELASAで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

口コミ・感想

ここ最近の刑事ドラマの中では群を抜いて面白い作品で完全にハマってしまいました。
綾野剛が演じる破天荒な伊吹、星野源が演じるクールな志摩のやり取りというのがいつまでも観たくなりました。
特に伊吹の行動はむちゃくちゃですが人間味の深さというのに惚れてしまいました。
この場面で伊吹ならどうするかというのが気になってしょうがない存在になってしまったほどです。
ストーリー的にも言い方があっているかはわからないですが完全に仕上がっていました。
最後に登場する菅田将暉が演じる久住という存在も注目です。今までにないハイテクな犯罪というのが見応えが抜群でした。
物凄く面白いドラマだったし自信を持って勧めれるドラマ作品です。
ほぼ外れは無いと言っていいくらい打率の高い野木亜紀子によるオリジナル脚本、そして綾野剛と星野源の共演は「コウノドリ」以来ということもあり、また放送前から新たな「バディ物」と銘打たれていることもあってかなり期待していました。
内容はその期待通り。はじめは反発しあう二人が互いに力を認め合っていくというバディ物の基本を踏襲しながらも、力を認めた後も距離があったり、また反目することになったりと一筋縄ではいかない。
そして関わっていく各事件もただ犯人を逮捕して終わりではなく、それぞれに理由もあったり、罪は罪なんだけど運命のやるせなさもあったり、野木脚本の奥深さが光っていました。
特に星野源演じる志摩が自分を信じられなくなった原因となった事件の、その後の展開には胸打たれます。
また「とにかく脚が速い」という役を演じた綾野剛のランニングフォームが決まっていてカッコいいです。
第一話のインパクトが強かったです。
カーチェイスの場面がとても迫力があり、圧巻でした。
性格が違うけれど、息がぴったりの伊吹(綾野剛)志摩(星野源)さんのコンビが良かったです。
二人の上司である桔梗さんも(麻生久美子)もバリバリ働きながらも女性らしい優しやしなやかさが感じられるスーパーウーマンぶりに憧れました。
そして桔梗さんの息子のゆたか君にもとても癒されました。
最終回までのクライマックスでは、二人の絆を試される苦しい場面もみられましたが、はらはらしながらもとても引き付けられてみていました。
菅田将暉の悪役の悪っぷりがすごくて演技が上手な俳優さんだなとあらためて感じました。
毎回、今回はどんなテーマのストーリーか楽しみで目が離せませんでした。
星野源さんが演じた志摩は捜査一課に所属していた元エリート刑事。
綾野剛さんが演じた伊吹は野性の勘で動くような元奥多摩交番勤務の警察官。
見た目も性格も対照的な二人が第4機動捜査隊でコンビを組み事件解決に臨みます。
裏カジノに関わっていたエトリという謎の人物から機動隊長の桔梗と同居しているハムちゃんを守るシーンは感動しました。
また、菅田将暉さん演じる麻薬の製造に関わっている久住という男性を追い詰めていく内容でしたが、久住の嫌らしさや憎たらしい雰囲気を菅田さんが本当に上手く演じていてすごい俳優さんだなと感じました。
第4機動捜査隊のメンバーも個性的で些細な場面でも細かい描写が散りばめられており見ごたえがありました。
毎回ハラハラする、その興奮度合から、ふと泣いてしまうアクションタイプの刑事ドラマがこちら「MIU404」です。
綾野剛の刺さる解釈と星野源の刺さる解釈が、各犯人へと、種類の違うダメージをチクチク与えていきます。
かと思えば、バディならではの連携プレーは、無料で見ていいのかという高レベルで、カメラワークにも映画並みの臨場感が見えました。
共演者の立ち振る舞いに関しても、とにかく相性抜群で、時に可笑しく、時にじんわりと馴染み、幾種の効果音のタイミングと共に、ストーリーが流れていきます。
また、時代に合った、伏線回収シーンのスッキリさは、なかなか味わい深いもの。
一気見するならば、年末には再放送も決定らしいので超オススメです。
星野源さん演じる志摩と綾野剛さん演じる伊吹という対照的な二人の刑事が事件に向き合っていく姿を描いた作品であり、事件に対して溢れる感情や訪れた結末のリアルさに心震えた作品でした。
毎回様々に起こる事件に対して見える感情も様々で、被害者、加害者、そして刑事の立場からそれぞれの感情が逮捕とい形で繋がった際の悲しみは胸が痛みます。
起こった事件には必ず悲しみがついて回りますが、悲しみに対して寄り添う人物の存在から生きる強さを見出していく展開は心震えます。
一番印象的だったのが志摩が抱えていた相棒を死なせてしまったという過去からずっと自分のせいだと自身を責め続けている姿に対し、真実と向き合うように背中を押す伊吹やそのおかげで最後まで警察官として生きようとしていた相棒の姿が見えた結末に涙が溢れます。
それによって救われた志摩の姿や現相棒である伊吹が「俺の生命線は長い」と冗談交じりに寄り添う優しさに涙が止まりませんでした。
事件が起こるきっかけには必ず理由があり、その理由に対して最善の決断を下していく志摩、伊吹の姿に目が離せない作品でした。
結末を迎えても様々事件が起こる様子が見られることから再び二人の活躍が訪れることを期待した作品でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です