動画配信状況

『キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2021年4月2日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2020年9月~ TBS系列で放送。
  • 出演
    山田涼介(Hey! Say! JUMP)、田中圭
    関水渚、ジェシー(SixTONES)
  • 配信専用でスピンオフドラマ『キワドくなりたい男』がParaviでテレビドラマ放送に合わせて毎週配信されていました。
  • 原作は横関大による小説『K2 池袋署刑事課 神崎・黒木』

ドラマ『キワドい2人』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

作品名 配信状況
キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木
スピンオフドラマ
作品名 配信状況
キワドくなりたい男

TBS、テレビ東京、WOWOWの番組に強いのはParavi(パラビ)!
独占番組や見逃し番組も多数配信!
映画、ドラマ、アニメだけじゃない!ガイアの夜明け、がっちりマンデー!!、日経プラス10などニュース、ドキュメンタリーも多数配信。
まずは2週間無料体験!

Paraviの無料体験はここから

TELASAで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

口コミ・感想

このドラマに関しては田中圭が演じる黒木と山田涼介が演じる神崎とのケンカばかりするが最終的には互いに相手を思いやる関係というのが見どころです。
相手のことを気にせず言いたいことをハッキリと伝える黒木と人情派で真面目すぎる神崎とのまったく性格が違う2人の関係というのが面白かったです。
個人的には22年前のファミレス立てこもり事件の真相というのが秀逸のストーリーだったなと感心しています。
そして脇を固める八嶋智人、江口のりこ、六角精児というのが存在感がありドラマを盛り上げていました。
ストーリー的にもそう来たかという納得させてくれる結末ばかりで気に入っています。
このドラマを見終わったら続編が観たいなと感じる筈です。
穏やかな感じの役を演じることが多く、そういうイメージがある田中圭さんが、いつもとは違う感じの荒々しく激しい性格の破天荒キャラを演じているのが、斬新な感じで良かった思います。
パートナーを組む山田涼介さんの律儀で真面目な感じと、全く正反対という対比が面白かったです。
2人の凸凹コンビがコンビを組んで、考え方の違いなどからぶつかりながらも、良いコンビに成長していく感じが、とても良かった思います。
そして、2人の関係性が新事実が分かったりして、色々と変化していくというのも、謎が深い感じで引き込まれました。
派手な感じのアクションシーンもたくさんあり、シリアスな感じあり、笑いありという感じで、見所が多くて面白かったです。
主役の神崎さんと黒木さんのやりとりが良かったです。毎回意見がぶつかるところから始まって、一緒に捜査していく中でお互いの良いところを評価しあって終わるところがスッキリします。
プライベートは、兄弟ということで職場の人には隠れて一緒の家で生活していて、そこに事件で助けてあげた彩乃さんが頻繁に遊びにきてはご飯を作って三人でたべる様子が癒されました。
職場の同じ部署の仲間も楽しい良い人達ばかりで、必ず二人の見方をして、風変わりな潜入捜査にもつきあってくれるところが面白いです。
事件は基本一話でスッキリ解決していくのでテンポが良くて見やすかったです。
クライマックスでは、神崎さんと黒木さんの過去が明かになり、現在の事件と繋がっていく様子はハラハラしました。
山田涼介君と田中圭さんどちらも好きなので毎回見ていました。2人の相反する性格やキャラクターが立っていてよかったです。
仲違いしていた2人がどんどん仲良くなるのも微笑ましかったです。
1話ごとに事件が起こるのですが、毎回泣ける話ばかりでした。犯罪をする側のストーリーも組み込まれているので、こういういきさつでこういうことをしたんだなと分かるところも面白かったです。
異母兄弟という設定の2人が、実は山田くんは(ネタバレのためカット)だと分かるストーリーの部分は、山田くんの葛藤や悔しさなどが演技でもはっきり分かり、私も泣けました。
そのストーリーの裏側がわかると、よかったー!となるのですが、山田くんも田中圭さんも本当に名演技のドラマでした。
真面目な山田涼介というのはともかく、不真面目な田中圭というのをあまり見たことがなかったので新鮮でした。
主演の二人はほどなくして異母兄弟ということをお互いに理解しあいますが、椎名桔平演じる父親と田中圭演じる賢司の間には親子であるはずなのに何かあるらしく、山田涼介演じる隆一との幼い頃の事件に何か関係しているらしい、ということが全編を貫く謎としてドラマの終盤まで引っ張られますが、その紐解きも面白かったです。
たびたびフラッシュバックする回想の映像をある意味でトリックとしてうまく利用しており、またその引っ掛けが結果としていい意味で期待していた結末へと導いてくれました。
基本的に嫌な部分などは大体悪役が引き受けてくれて、善側は善側として、嫌な裏切りなどもあまりないので、安心して見ることのできるドラマでした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です