動画配信状況

映画『破戒』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2022年11月26日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2022年7月8日に劇場公開。
  • 監督
    前田和男
  • 出演・キャスト
    間宮祥太朗、石井杏奈
    矢本悠馬、高橋和也
    竹中直人、眞島秀和
  • 原作は島崎藤村による小説『破戒』

映画『破戒』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

取り扱いはしていませんでした。

口コミ・感想

最近ではヤンキーやシングルファーザーといったポップなキャラクターが印象強い間宮祥太朗さんが、生い立ちと人生に苦悩する青年教師・瀬川丑松を演じているところでまずぐいぐいと引き込まれていく本作。
原作は言わずと知れた島崎藤村の名著ですが、それを改めて発掘し、このキャストさんで改めて作ることに大きな意義を感じました。
また、私生活でも間宮さんと大親友である矢本悠馬さんが同じく親友である教師・土屋を演じていることも見どころで、二人のやり取りに垣間見えるナチュラルな絆は物語の大きな軸にもなっています。
自身の生まれ育ちという、抗うことが難しい大きな運命の渦の中で、丑松が噛み締める無力感と、それでも諦められない渇望を、間宮さんが素晴らしいお芝居で魅せてくれます。
切なくて悲しい…だけじゃない、ピュアな人の心を浮き彫りにしてくれる、これはそんな物語です。
間宮さんの演じる主人公の瀬川が人に心を開かないようなタイプの人間で人を信用しないような場面から考えさせられました。演技がとてもうまいです。そしてかっこよかったです。冒頭からハードな場面がありますが人間の闇や人間のひどさがとてもうまく表現されていてハラハラしました。人間の差別などテーマにしており深く考えさせられました。ラストのシーンで主人公が教壇に立つシーンがありましたがとても緊張感に溢れていて感情移入することができました。また教室にいた子供たちの演技もすごくうまくて共に作り上げた緊張感がものすごく伝わってきたシーンでした。原作となった何年か前の映画も見てみたいと思いました。とても深く考えさせられる作品です。
とても心を打たれる作品でした。
ストーリーのまとまり、キャストの演技が素晴らしかったです。
原作は内容を知っている程度で読んだことはなかったのですが、おそらく現代人にも受け取りやすい流れやメッセージになっていたのではないかと思います。
困難に立ち向かう強さ、学ぶことの大切さを子供たちへの教育・語りかけを通じて、見せて、感じさせてくれます。特に終盤の語りは圧巻で、思わず涙がこぼれました。
また、個人的には眞島秀和さん演じる猪子蓮太郎がとてもかっこよく良い味を出していたと思います。演説のシーンはこの映画に重みと深みを与えてくれていました。
一つの差別が消えてもまた新たな差別が生まれる。理不尽に人は優劣をつけたがる。そんな世の中において少しでも差別を減らす、厳しい中でも生き抜く、相手に優しくなれる、そのためにも教育は重要であり、質の高い教育をどんな子どもでも平等に受けられるようになってほしいと感じました。
文豪・島崎藤村の同名小説を原作にした文芸大作映画です。今どきの若い人たちには「部落」といってもピンとこないんでしょうね。40代の私でも、親の世代からかすかに聞きかじっている程度ですから。「被差別部落」出身を理由に、就職する際に選別されていた、などの例は一昔前にはよくあること、だったようです。本作の主人公である丑松は、そんな「部落」の生まれでした。父親から、その出自についてはけして誰にも言ってはいけない、との戒めを受けて、丑松は外の世界へ旅経ちます。タイトル通り丑松はその戒めを破ることになるのですが、このテーマというのは結局のところ現在でも生きているんですね。残念ながら。主人公の丑松を演じた間宮祥太朗さんがいいです。顔立ちが少し古い二枚目という感じで、こういった文芸作品に合っている気がします。
学校で読んだ記憶があります。島崎藤村の破戒の実写化になります。1番なのは、主演の間宮祥太朗さんの演技です。泣いてるシーンが美しいし、その感情が溢れていて感心しました。間宮さんが演じる瀬川先生が、人柄や苦悩してい事の感情が分かりやすかっただけに、子供達に学ぶという事が、どれだけ大切か教えているシーンが感動しました。どんなに辛くても一生懸命勉強すれば、絶対にいつか道は開ける。これは学校の勉強ばかりでなく、差別するより、自分の判断力を正しく身につける事で、分別ある大人になれる事を表現していると思う。成熟した社会になるためにも、楽な意見に傾かず、正しい教育や知識が大事だと分かった作品です。皆んなに届いて欲しいメッセージです。
部落差別がテーマになっている作品なので、内容は結構ヘビーで心に来るものがありました。悲しいことに今でもこの世界には差別が存在していますが、この作品を見ると昔よりは少しずつ平等に近づいていることを実感できます。主人公は自分の身分が低いことを分かっていて、親族からも正体を明かすなと言われているため、普段から自分を抑圧していることが伝わってきて辛かったです。ですが差別というものしっかり考えるためにも、この作品を見ることはおおいに意味があると思います。なぜなら無意識のうちに自分が差別に加担している可能性だって無いとは言えないからです。そういう意味でも、差別される側の感情を上手く表現した主演の間宮祥太郎にも称賛を送りたいです。
今おすすめのお得情報!