動画配信状況

映画『望み』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2022年11月13日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2020年10月に劇場公開。
    望み
  • 監督
    堤幸彦
  • 出演・キャスト
    堤真一、石田ゆり子
    岡田健史、清原果耶
    加藤雅也、市毛良枝
  • 原作は雫井脩介による小説『望み』

映画『望み』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

作品名 配信状況
望み

dTVなら初回初月無料で見れる!
月額550円(税込)で映画、ドラマ、音楽ライブにフィットネス動画まで大充実で楽しめるのがdTV!
※AppStore、GooglePlayで課金すると650円高くなってしまうのでこちらのWEB上からの登録がオススメ!
※dポイントを月額の支払い、レンタル作品の購入に使用できます。
携帯電話会社がドコモ以外の方でも利用できます。

dTVの初回無料おためしはここから

本作品の配信情報は2022年11月13日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

作品名 配信状況
望み

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに150誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
※ポイントはレンタル作品や電子書籍などに使えます。
ダブルスコアをつけて2018年2月の調査開始時よりずっと「見放題作品数No.1」!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2022年11月13日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

作品名 配信状況
望み

日テレ系ドラマ、バラエティに強いのはHulu!
見逃し配信、Hulu独占ドラマ「Huluプレミア」も注目。
配信本数10万本を突破!
視聴機器も多彩に用意。パソコンにスマホ(iPhone, Android)にタブレット(iPad)。Fire TV、AppleTVなど他にも多数対応。ゲーム機ならPS4にPS5。そしてHuluはなんとニンテンドースイッチでも見れる!
支払い方法はクレカにPayPay、LINE Pay、キャリア決済など様々な手段が用意されています。
2週間無料で視聴できます!

Huluの無料体験はここから

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

作品名 配信状況
望み

フジテレビ系ドラマ、映画に強いのはFODプレミアム!
Amazon Payかクレジットカードで登録すれば初回2週間無料で見れる!
アニメや海外ドラマも配信!さらに160誌以上の雑誌も読み放題!雑誌読み放題も月額基本料に含まれているので追加料金必要無し!もちろん無料体験中でも雑誌読み放題を利用できます。
FODの無料体験はここから

この記事は2022年11月13日時点の情報となります。配信が終了している可能性がございますので、FODオフィシャルサイトにて、必ず最新の情報をご確認ください。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

作品名 配信状況
望み

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
望み DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。新作・準新作は月8本、旧作は借り放題。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません

口コミ・感想

自分の家族は加害者なのか被害者なのか
どちらだったとしても地獄でしかないという展開
しかも後半までどちらか分からないので暫くは苦しむ家族の姿が描写され、感情移入して観ている人の心をガリガリ削ってきます
タイトルは『望み』ですが、望みはあるのかと疑問に思う内容でした
主演の堤真一さん、石田ゆり子さんのお芝居がとても良かったです
家族に悲劇が起きたらこうなってしまうというのを演技とは思えぬ熱量で演じきっておられました
お二人共、山場の表情がとても素敵でした
家族が犯罪に巻き込まれたらこうなってしまうといったシミュレーションを体験しているような作品でした
不安を煽るマスコミの動きはリアルさを感じました
重たい内容が好きな方にはオススメの作品
主演の二人のファンの方にも観て欲しいですね
幸せな家族が巻き込まれる殺人事件の話です。その幸せな石川家を演じていた堤真一と石田ゆり子、清原果耶がリアルに演じていたのが効果的だったと思います。それが事件に巻き込まれたらしい息子の規士(岡田健史)のために変わっていきます。父親は建築士で自ら石川邸を設計してます。アイランドキッチンや妻の仕事スペース、2階に行き来するのが見える階段を使って開放感があるリビングで素敵です。それも象徴的に長男の失踪後に3人が食い違っていく望みが具体化していく場所になっているのが、良い演出です。行方不明の身内が犯人か犠牲者かか分からないという両極端の可能性に揺れる家族に対して、マスコミやネット、世間たちが追い詰めていく様子は、現在のリアルな社会だと思えて感慨深かったです。
平凡で幸せな日々を送っていた4人家族。そんな日々を送る中、突然高校1年生の息子規士がいなくなり、やがて規士の友人の遺体が発見される、という物語です。要は、加害者だとしたら規士は生きているけど殺人犯であり、被害者なら死んでしまっていてもう二度と会うことができないという非常に辛い状況の中で、葛藤する家族の姿が描かれています。タイトルの通り、見ている人に自分はどちらを「望む」のかを本当に考えさせられます。すごく苦しくて正解がない分だけ言い争う姿の無意味さと、でもそれをせずにはいられない思いがひしひしと伝わってきて辛かったです。でも、作品としてはすごく魅力的。サスペンスとしても人間ドラマとしても見応えがあります。ぜひ多くの人に見てもらってさまざまなことを考えてもらいたいです。
最近軽く楽しめるコメディ映画ばかりを見ていたのですが、こちらを見てやっぱりサスペンス系って良いなと思いました。またキャストが非常に豪華。緊迫感のある内容だからこそ、演技力のある俳優さんたちが集まっていてとても良かったです。
堤真一さんと石田ゆり子さんが夫婦。お二人とも実力のあるベテラン俳優です。しかし、私はストーリーの中心になる岡田健志さんに注目しました。年齢相応の子どもらしさと、大人になっていっている最中の危うさというか。そういった雰囲気がとても上手に出ていて。何といっても、彼の視線はとても怖かったです。その怖さが、このサスペンス映画により深みを出しているように感じました。今後すごく期待大の俳優さんだと思います。
自分の息子は果たして事件の加害者なのか、それとも被害者なのかというハラハラドキドキが味わえる作品であり、タイトルの「望み」に複数の意味が込められていることが分かりました。もし自分の家族が事件に巻き込まれたら自分はどんな行動をとるのだろうと頭の中で想像しながら見たくなる作品でもありました。この作品に出てくる父親と母親は息子に対する考え方が全く違うのですが、どちらにも理解できる部分があって、正解などは存在しないということが良く分かりました。最後の方まで息子がどっち側なのか分からない脚本も良かったですし、家族のあり方について考えさせられるシーンも多かったように感じました。辛い内容も多いですが、人間ドラマとサスペンス要素を上手く組み合わせた素晴らしい作品だと思いました。
最近、犯罪被害者だけでなく、犯罪加害者の家族という存在がクローズアップされることが多いように感じます。犯罪者自身はともかく、直接犯罪に関与していない家族まで、社会から白眼視され、激しいバッシングを受けてしまうことが問題視されていますね。この映画も、そんな犯罪加害者の家族という要素が絡んでくる作品でした。息子が被害者なのか加害者なのか分からない状況で、両親の複雑の胸の内を描いています。このような状況に置かれた時、親としてどんな気持ちを抱くかは人それぞれでしょう。実際、この映画でも夫と妻との間でかなりの気持ちの差が描かれましたしね。その上、マスコミの無遠慮な取材や、インターネット上のバッシングなど、犯罪加害者家族が受ける社会的制裁の実態もリアルに描かれていました。犯罪加害者の家族について改めていろいろと考えさせられる映画でした。
今おすすめのお得情報!