動画配信状況

ドラマ『鉄の骨』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2023年1月8日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

『鉄の骨』はNHKとWOWOW、そして韓国と3度にわたってテレビドラマ化されています。

  • 2010年7月にNHKでテレビドラマ化され放送。
  • 出演・キャスト(NHK版)
    小池徹平、豊原功補
    臼田あさ美、カンニング竹山
    中村敦夫、陣内孝則
  • 2015年に韓国でリメイク。
  • 2020年4月にWOWOWで再度ドラマ化され放送。
  • 出演・キャスト(WOWOW版)
    神木隆之介、内野聖陽
    中村獅童、土屋太鳳
    柴田恭兵、向井理
  • 原作は池井戸潤による小説『鉄の骨』

ドラマ『鉄の骨』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

WOWOW版
作品名 配信状況
鉄の骨

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに150誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
※ポイントはレンタル作品や電子書籍などに使えます。
ダブルスコアをつけて2018年2月の調査開始時よりずっと「見放題作品数No.1」!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2023年1月8日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

WOWOW版
作品名 配信状況
鉄の骨

日テレ系ドラマ、バラエティに強いのはHulu!
見逃し配信、Hulu独占ドラマ「Huluプレミア」も注目。
配信本数10万本を突破!
視聴機器も多彩に用意。パソコンにスマホ(iPhone, Android)にタブレット(iPad)。Fire TV、AppleTVなど他にも多数対応。ゲーム機ならPS4にPS5。そしてHuluはなんとニンテンドースイッチでも見れる!
支払い方法はクレカにPayPay、LINE Pay、キャリア決済など様々な手段が用意されています。
2週間無料で視聴できます!

Huluの無料体験はここから

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

WOWOW版
作品名 配信状況
鉄の骨

TBS、テレビ東京、WOWOWの番組に強いのはParavi(パラビ)!
独占番組や見逃し番組も多数配信!
映画、ドラマ、アニメだけじゃない!ガイアの夜明け、がっちりマンデー!!、日経プラス10などニュース、ドキュメンタリーも多数配信。

Paraviの公式サイトはこちら

本ページの情報は2023年1月8日時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

NHK版
作品名 配信状況
NHK土曜ドラマ 鉄の骨 DVD
WOWOW版
作品名 配信状況
連続ドラマW 鉄の骨 DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。新作・準新作は月8本、旧作は借り放題。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません

口コミ・感想

なかなか談合と赤字覚悟でも落札しようとする業者間の激しい争いが興味深いかったドラマです。主演の神木隆之介や主要キャストも脇役すべてにキャスティングは魅力的な俳優だったから、とても楽しめました。見どころは神木さんと内野さんのやり取りがあった面接のシーンです。観ていると社会に出てから葛藤を抱えて働いていた時と重なった感じで観応えがありました。結構重たい内容から始まりますが、面白かったです。池松組常務の尾形が検察に談合を密告して、池松組を競争入札で受注させようとしているのも、ドキドキしながら観ていました。5話で完結するので、長すぎないドラマ展開も観やすくて良いと思います。業種によって色々とあることが分かる良いドラマだと思います。
ゼネコン業界は未知の世界なので、とても興味深く拝聴しました。
談合は悪い事ですが、それぞれの会社は苦しく、共倒れにならないために生まれた手法だと思うと、完全に否定するのは気の毒な気がしました。その中で平太は持ち前の正義感と物怖じしない性格で、狡くて傲慢な大手の岸原や長岡にビジっと言い切っていく姿は神木さんの演技力もあいまって気持ちが良かったです。
その反面、天皇こと三橋が自分の信念と反して、調整にはしる姿が苦しかったです。本当は平太にそんな姿を見せたくなかった事でしょう。その苦悩を表現する柴田恭兵さんの演技は素晴らしかったです。
地下鉄の入札で、尾形常務がまさか忖度しないで一松組の希望価格を入れて落札するとは思いませんでした。常務の秘めた熱さを感じました。
鉄の骨というタイトルは、私も建設業界の広報を担当していましたので、とても良くわかります。それにしてもこんな地味な業界の話でも、神木が演ずると神がかるというのは本当に彼の持つ底力なのでしょう。甘いマスクながら堂々と演じている姿にリスペクトします。そもそも建設業界の体質はあまり変化がなく、保守的な世界です。どんなに「理想」を掲げても、どこかで妥協しなければならないところもある不思議な世界です。そんな世界で、もがき苦しむ神木がどんどんと力をつけていくところは本当に見ものです。まあ建設業界における官製談合の話ですから、闇の世界の話なのですが、正義と悪が明確になり、スッキリするところは、原作者のすごいところかもしれません。見応えのあるドラマで、内野聖陽や柴田恭平の演技が神木を支えていました。
ドラマ「鉄の骨」は、「池井戸潤」さんが原作の小説をドラマ化したもので、原作を読んでない自分でも面白いと感じました。どちらかというと社会人になってから観る方がさらに面白いだろうなと思いました。
建設業というのを知らなかったのでとても参考になりました。よく考えるとスーパーゼネコンはなぜ横並びなのかと思ってたけど、このドラマを観て「そういうことなのか」と理解することができました。
正義vs悪の構図ではなく、悪の世界で正義を貫こうとする人たちのストーリーになっていて、観ていてスカッとする場面はなかったですが、熱意はとても伝わってきました。キャスティングも良く、柴田恭兵さんの渋さや内野聖陽さんのリーダーシップには、観ていて感嘆しました。
建築業界の談合や入札がテーマとなっているドラマなので、登場人物同士の会話劇や心理戦が中心に話が進んでいくところが印象に残りました。映像だけ見るとかなり地味なのですが、そこは役者達が生み出す場の雰囲気によって、不思議と物語の世界にのめり込んでしまいます。神木隆之介さんはもうかなり俳優としてのキャリアを重ねてきたはずですが、まだフレッシュな青年のキャラクターがとてもよく似合っていました。それとは対照的に、柴田恭兵さんの渋さたっぷりのイケオジ感がとてつもない存在感を放っていたように感じました。最初は地味な話だったのに、だんだんスケールが広がっていくところもワクワクしましたし、誰を信用したら良いのか分からなくなるドキドキ感も良かったです。
池井戸潤の原作をドラマ化した作品でした。ジャンルは建築業界にスポットを当てていて、ビジネス系社会派ドラマになっています。
ゼネコンの談合が、実際はどのようにされているのか?
入札現場のリアルな描写等も見所たっぷりです。
悪の世界の中で、正義を貫こうとする人たちが描かれていて、それぞれの人物の熱意が伝わってきました。
そして、まずキャストの豪華さがとにかく目に付き、柴田恭兵さんと内野聖陽さんの渋さは際立っていて、演技も全て流石の一言でした。その二人にしっかり喰らいつく、神木隆之介くんも印象的で、見ていてそれぞれの凄みを感じます。
5話編成というのは丁度良いですし、進行テンポの良さも相まって、サクサク見れる作品でした。
今おすすめのお得情報!