動画配信状況

映画『恋は光』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2023年1月8日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2022年6月17日に実写映画『恋は光』が劇場公開。
  • 監督
    小林啓一
  • 出演・キャスト
    神尾楓珠、西野七瀬
    平祐奈、馬場ふみか
    伊東蒼、宮下咲
  • 原作は秋★枝による漫画『恋は光』

映画『恋は光』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

作品名 配信状況
恋は光 ポイント/レンタル

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに150誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
※ポイントはレンタル作品や電子書籍などに使えます。
ダブルスコアをつけて2018年2月の調査開始時よりずっと「見放題作品数No.1」!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2023年1月8日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

作品名 配信状況
恋は光 レンタル

HuluストアはHulu会員限定のレンタル、購入サービスです。
Huluはレンタル以外に見放題作品も多数用意。配信本数は10万本を突破。
まずはHuluに2週間無料登録!
HuluにログインしたらメニューからHuluストアを選択

Huluの無料体験はここから

FODプレミアムで配信中の作品

作品名 配信状況
恋は光 レンタル

フジテレビ系ドラマ、映画に強いのはFODプレミアム!
Amazon Payかクレジットカードで登録すれば初回2週間無料で見れる!
アニメや海外ドラマも配信!さらに160誌以上の雑誌も読み放題!雑誌読み放題も月額基本料に含まれているので追加料金必要無し!もちろん無料体験中でも雑誌読み放題を利用できます。
FODの無料体験はここから

この記事は2023年1月8日時点の情報となります。配信が終了している可能性がございますので、FODオフィシャルサイトにて、必ず最新の情報をご確認ください。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

作品名 配信状況
恋は光 レンタル

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
恋は光 DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。新作・準新作は月8本、旧作は借り放題。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません

口コミ・感想

映画全体の印象は、コミカルで笑えるシーンもあり恋している人の周りに見えてしまう恋の光が見える西条が恋についてを定義しながら3人の女性達との恋模様を描いたストーリーになっていましたが、恋の光が何なのか映画を見ながら一緒に考えて楽しめました。北代が西条の事を好きなのに東雲さんを西条に紹介したり、東雲と西条の交換日記を他の二人に知られ四人で交換日記をするようになってしまうシーンは、気持ちを考えて少し驚いてしまいました。北代役の西野さんの話し方が可愛くて、西条役の神尾君との兼ね合いが面白かったです。他の役では見た事のない神尾君の演技を見る事が出来る映画だと思いました。映画のロケが地元で行われた事もあり、違った目線でも楽しめる作品になっており、色々な角度で何回も見る事の出来る映画だと思いました。
恋をしている人の周りに光が見える男子と彼を取り巻く女子3人のラブコメ映画になっていて、小気味良い会話劇が印象的で「さすが、小林啓一監督だな」と感じました。
ハーレム系要素の強い男子一人に対して、女子3人の奪い合いになるのですが、キャピキャピした感じがなく、かなり落ち着いたトーンでストーリーが進んでいくので、人間ドラマとしても楽しめる作品になっているなと感じました。
原作が、漫画ということで現実離れした設定になっていますが、漫画的誇張をしっかりと抑えていましたし、役者陣の自然な役柄の身の纏い方が素晴らしいと感じました。あまり有名な役者さんをキャスティングされてないのに、ここまで仕上がったのは素晴らしいの一言でした。
基本は大学生たちのラブコメに、ちょっと不可解なSF要素が加えられた作品という印象。四角関係とも表現されていますが、傍から見れば主人公の西条に可愛い3人の女の子が群がっているハーレム状態ですよね。同じ男としてはかなり羨ましい状況。ただし、西条本人はかなりの変人で、周りの女子たちは振り回され気味。3人のヒロインたちの中で馬場ふみかさん演じている宿木が恋愛経験豊富な設定ですが西条に付きまとううちに意外とピュアな一面を見せてくれます。構図としては、1人の男を3人の女が奪い合う状況とも言えるのですが、全体として雰囲気は爽やかで、ドロドロとした印象は全くありませんでした。こうしたあっさりとした味付けの恋愛劇もたまには良いものですね。
恋をしている女性が輝いて見えるという設定が少しファンタジーっぽさがありましたか、それ以外はかなり王道な恋愛映画のように感じました。どろどろしすぎるような展開も少なく、平和な気持ちで鑑賞できるところも良かったです。同級生との恋愛、幼馴染みとの恋愛など、立場が違うからこそ進み方も違う恋愛模様を楽しむことができました。男性は一人、ヒロインは複数という状態で物語が進むので複数の恋愛が複雑に交錯していく様子にドキドキしながら見ていました。ヒロインを演じたキャストの中でも一番印象に残っているのが、西野七瀬さんです。見た目は一般人レベルではないほど華があるのに、演技や佇まいによってあえての一般人感を上手く出せていました。
最初は少し変わった雰囲気を感じるラブコメ作品ですが、遠回りしつつも最後は王道的なストーリーに行き着く印象を持ちました。
一番魅力的だったのはやはり女性キャスト陣で、綺麗だったり可愛いかったりは勿論ですし、それぞれのキャラクターが際立っているため光っています。
特に西野七瀬さんはハマり役といった感じで、演技力もそうですが、作中で存在感がありました。
自然豊かなシーンも多く、ゆったり時間が流れたりもしますが、進行テンポは良いため中弛みなく見ることができます。
作中の主題は「恋とは何なのか?」という定義を、共に考えていくことになっていますが、そこに向き合う彼女達の姿は微笑ましいものがあって、見ていて飽きさせない描写でした。
今どきの恋愛事情らしい作品だと思いました。自分は40歳過ぎのおじさんですが、異性を好きになる恋とは理屈ではなくご飯を食べたり寝るのと同じく本能であるという感覚ですが、最近の若い方は恋に理由や定義、意味を求めるというのが印象的です。現実世界でも多様化によって自分を満たしてくれるものは日常に溢れていて、必ずしも恋愛は必要不可欠なものではなくなっているため、恋愛とは何かを考える必要があるのかもしれません。そんな哲学的なストーリー展開を4人の男女が熱演してくれています。特に幼馴染のヒロイン役の西野七瀬さんは元アイドルですが、演技が上手な女優さんに成長したなと思いました。恋愛したい人にオススメな作品です。
今おすすめのお得情報!