動画配信状況

映画『ジョン・ウィック』シリーズはどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2022年5月17日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 映画第1作『ジョン・ウィック』2015年10月に日本で劇場公開。
    ジョン・ウィック(字幕版)
  • 監督
    チャド・スタエルスキ
    デヴィッド・リーチ
  • 出演・キャスト
    キアヌ・リーブス、ミカエル・ニクヴィスト
    アルフィー・アレン、エイドリアンヌ・パリッキ
    ブリジット・モイナハン、ディーン・ウィンタース
  • 映画第2作『ジョン・ウィック:チャプター2』2017年7月に日本で劇場公開。
    ジョン・ウィック:チャプター2(字幕版)
  • 監督
    チャド・スタエルスキ
  • 出演・キャスト
    キアヌ・リーブス、コモン
    ローレンス・フィッシュバーン、リッカルド・スカマルチョ
    ルビー・ローズ、ジョン・レグイザモ
  • 映画第3作『ジョン・ウィック:パラベラム』2019年10月に日本で劇場公開。
    ジョン・ウィック:パラベラム(字幕版)
  • 監督
    チャド・スタエルスキ
  • 出演・キャスト
    キアヌ・リーヴス、ハル・ベリー
    ローレンス・フィッシュバーン、マーク・ダカスコス
    エイジア・ケイト・ディロン、ランス・レディック

映画『ジョン・ウィック』シリーズはどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

作品名 配信状況
ジョン・ウィック
ジョン・ウィック:チャプター2
ジョン・ウィック:パラベラム

dTVなら初回初月無料で見れる!
月額550円(税込)で映画、ドラマ、音楽ライブにフィットネス動画まで大充実で楽しめるのがdTV!
※AppStore、GooglePlayで課金すると650円高くなってしまうのでこちらのWEB上からの登録がオススメ!
※dポイントを月額の支払い、レンタル作品の購入に使用できます。
携帯電話会社がドコモ以外の方でも利用できます。

dTVの初回無料おためしはここから

本作品の配信情報は2022年5月17日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

作品名 配信状況
ジョン・ウィック
ジョン・ウィック:チャプター2
ジョン・ウィック:パラベラム

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに150誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
※ポイントはレンタル作品や電子書籍などに使えます。
ダブルスコアをつけて2018年2月の調査開始時よりずっと「見放題作品数No.1」!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2022年5月17日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

作品名 配信状況
ジョン・ウィック
ジョン・ウィック:チャプター2
ジョン・ウィック:パラベラム

日テレ系ドラマ、バラエティに強いのはHulu!
見逃し配信、Hulu独占ドラマ「Huluプレミア」も注目。
配信本数10万本を突破!
2週間無料で視聴できます!

Huluの無料体験はここから

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

作品名 配信状況
ジョン・ウィック:パラベラム レンタル

フジテレビ系ドラマ、映画に強いのはFODプレミアム!
Amazon Payかクレジットカードで登録すれば初回2週間無料で見れる!
アニメや海外ドラマも配信!さらに160誌以上の雑誌も読み放題!雑誌読み放題も月額基本料に含まれているので追加料金必要無し!もちろん無料体験中でも雑誌読み放題を利用できます。
FODプレミアムに登録すると、毎月8の付く日に400ポイント、月に1回100ポイント、月間で1,300ポイント取得可能です。※ポイントはレンタル作品や漫画など電子書籍の購入に使えます。
FODの無料体験はここから
※無料期間中に取得可能なポイントで有料作品を楽しむことができます!

この記事は2022年5月17日時点の情報となります。配信が終了している可能性がございますので、FODオフィシャルサイトにて、必ず最新の情報をご確認ください。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

作品名 配信状況
ジョン・ウィック(字幕版)
ジョン・ウィック (吹替版)
ジョン・ウィック (字幕版) (4K UHD) レンタル
ジョン・ウィック:チャプター2(字幕版)
ジョン・ウィック:チャプター2(吹替版)
ジョン・ウィック:パラベラム(字幕版)
ジョン・ウィック:パラベラム(吹替版)

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
ジョン・ウィック DVD
ジョン・ウィック:チャプター2 DVD
ジョン・ウィック:パラベラム DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。新作・準新作は月8本、旧作は借り放題。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません

口コミ・感想

第1作『ジョン・ウィック』

第1作『ジョン・ウィック』
マトリックスで脚光を浴びてからしばらく大人しかったキアヌ・リーヴス。久しぶりにこの映画では大暴れしています。ある復讐の為にブチ切れて行動するわけですが、そこまで完璧に強いわけではないです。例えば敵に殴られ・高い所から落とされ・銃で撃たれたりします。でも見事な不死身っぷりで泥臭く敵を倒していきます。この泥臭さがジョン・ウィックの良さなのだと思います。別に華麗に敵を倒していくわけでなく、自分もダメージを食らいながらボコボコにしていく。最後には敵を倒してしまう。シリーズ通しての魅力ですね。他に魅力としては、キアヌの銃の扱い方が非常に慣れていて、かなり訓練を積んだのだと思いました。YouTubeなどでも訓練の様子は見れます。格闘シーンも見どころの一つですね。アクション好きならばきっと楽しめる映画です!
第1作『ジョン・ウィック』
引退した元殺し屋の復讐劇をえがいたストーリーで、アクションシーンがとにかくカッコいいです。大切な存在をロシアンマフィアのドラ息子に殺されてしまったジョン・ウィックは、ロシアンマフィアに復讐を誓います。こんなことで?と思う人もいるかもしれませんが、私はジョンの悲しみが深く伝わってきました。そしてジョン・ウィックvsロシアマフィアの構図で話が展開していきます。ジョン・ウィック1人で、マフィアの人々を淡々と着実に殺していくのは見ていて気持ちが良く、かなり迫力があります。復讐という重いテーマを扱っていますが、人間離れした破茶滅茶なアクションシーンは軽快で爽快感があります。劇中で出てくる、殺し屋としてのルールや殺し屋のためのホテルなど、世界観も面白いです。全体的にテンポよく楽しめる映画だと思います。
第1作『ジョン・ウィック』
タイトルにもなっているジョン・ウィックとは、キアヌ・リーブス演じる引退した元裏世界最強の殺し屋のことです。
冒頭にてジョンが街のチンピラに絡まれて自身の大切なものを奪われたため、復讐を行うのが基本的な流れです。
そして本作の見所は室内戦闘におけるジョンの圧倒的な強さ、アクションの爽快感にあります。
ジョンはハンドガンを主体とした戦いをしますが、この銃の構えが真似したくなるほど格好良い!
調べてみるとCAR Systemという近接戦闘に特化した構えらしいのですが、流れるようなジョンの動きは見ていて圧巻です。
一般的なアクション映画では、中距離から銃でドンパチ・近距離では殴り合いというイメージですがジョンは違います。
足先を撃ち相手をおびき寄せる、格闘中に相手から奪った銃で攻撃する、銃で殴り怯んでいるすきに銃弾を装填する等多彩なアクションは本作でしか見ることができません。

殺し屋御用達のホテルのや謎のコインシステムなど、さまざまな設定が出てきますが基本的には無視しても大丈夫です(笑)
また過去のジョンを称える逸話として、鉛筆で3人も殺したというものがありますがこれも謎です。
今作は小難しいことは考えず、往年のスティーブン・セガール作品のようにジョンのアクションを楽しんでもらいたいと思います。

第1作『ジョン・ウィック』
この作品はジョン・ウィックの復讐劇としても面白いですし、様々なガンアクションを堪能できるアクション映画としても楽しめるところが良かったです。ジョン・ウィックが敵を仕留めるときにかならず胴体と頭を連続で撃ったり、相手の銃を奪って自分のものにしたりするところがプロフェッショナル感があってカッコ良かったです。ただ銃をバンバン撃つのではなく、銃を相手に引っ掛けて倒したりするなど体術的な要素もあるのが印象的でした。自分の犬を殺されたから、その恨みをはらすというストーリーもかなりシンプルで分かりやすかったです。ジョン・ウィックを演じたキアヌリーヴスは今回ヒゲを蓄えて常にくたびれたような表情をしています。見た目はただのおじさんなのに、銃を扱わせたら最強というギャップにまた魅力を感じました。
第1作『ジョン・ウィック』
キアヌ・リーヴスの新たな代表作となった「ジョン・ウィック」ですが、約100分という上映時間があっという間のアクション映画になっています。愛する妻が残してくれた愛犬を殺された元・最強の殺し屋である主人公が復讐のため、立ち上がるというストーリーですが、とにかく主人公が強すぎるという設定がこれまでありそうでなかった設定で、魅力的です。次々といとも簡単に敵を倒していく姿はとても痛快です。また、本格的でリアルなアクションシーンもめちゃくちゃかっこいいです。昨今のアクション映画はマトリックス以降、CGを使った映像が多いですが監督であるチャド・スタエルスキは元スタントマンという異色の経歴を持っており、その背景を活かしたリアルなアクション演出が最高です。
第1作『ジョン・ウィック』
愛犬を惨殺し、愛車を奪ったマフィアへの復習のために、かつて生きた裏社会に戻る主人公ジョン・ウィックというプロットは非常にシンプルで定番ではあるけれども、作品世界に人々を惹き込む魅力が本作にはいくつかあります。一つはジョン・ウィックを演じるキアヌ・リーブスのかっこよさであり、愛犬や愛車に対する正義だけをもとめて猪突猛進するジョン・ウィックののストイックさと殺し屋としての凄腕ぶりが、キアヌ・リーブスの真面目さと上手くマッチし、孤高のヒーロー像を創り上げています。二つ目は、ジョン・ウィックが殺し屋として活動する際の拠点としていた、コンチネンタル・ホテルを中心に描かれる殺し屋たちの世界像です。ホテルではとてもスタイリッシュな空間が殺し屋たちは、自らの腕だけを頼りに一見自由気ままに生きているように見えますが、実は厳格なルールがそこにはあり、そのルールが殺し屋を厳しく律しています。こうした世界でかつて頂点に立ち、伝説にまで立ったジョン・ウィックが、再び生きることに対するある種温かい眼差しが、本作をただスカッとさせるだけの復習劇というよりも、重厚感があり、様式美に満ちたものにしているのだと感じます。

ジョン・ウィック:チャプター2

ジョン・ウィック:チャプター2
前作に続き、殴られても撃たれても立ち上がる男、ジョン・ウィックの第二章です。前作からもろに話が繋がっているので、本作を鑑賞前に1作目を観ることをオススメします。前作では別に殺し屋に復帰したくもないのに、復讐の為に復帰してしまったジョン。やっとこさ復讐が終わってさぁ引退だとなった時に、過去の因縁(契約)を持ち出されて、また殺しの世界へようこそ。殺しを望んでいないのに、仕方なく殺していく心情は前作同様です。今作のアクションシーンも前作に負けず劣らず興奮します。アサルトライフルをぶっ放す、至近距離でショットガンを撃つなど、ガンマニアはたまらないのではないでしょうか。銃を調達するシーンは最高です。ラスボスにたどり着くまでの華麗なガンアクションは何度も観たくなるシーンですね。アクション映画が好きなら観るべき映画です!
ジョン・ウィック:チャプター2
キアヌリーブスが元殺し屋を演じているのですが、前作から引き続きとても面白い映画ですね。アクションシーンが売りのこのシリーズなのですが、本当にキアヌの身体能力は計り知れませんね。ほとんどスタントなしで演じているのですがすごく見応えがあり最高です。銃術という独特の拳法ガンフーを使うという設定がとても中二心を刺激してくれるので目が離せません。キアヌの演技力もすごくナチュラルで表情のバリエーションがすごくたくさんあるので感情がダイレクトに伝わってきます。物語の展開が復讐に支配されているので、そこのハラハラ感もこの映画の面白さだと思うので注目ですね。マトリックスと同じくらいキアヌの代表作となるくらいの作品なのでおすすめです。
ジョン・ウィック:チャプター2
大人気シリーズの第2弾となった本作ですが、前作同様チャド・スタエルスキが監督を務め、前作以上にパワーアップしたアクションが非常に魅力的な作品になっています。通常映画の続編は役者は一緒でもスタッフががらっと変わることにより、映画の雰囲気も変わって同じシリーズとは言い難いものになってしまうこともあるのですが本作は脚本まで前作と同じデレク・コルスタッドが担当しているため、前作と完璧に地続きな作品となっており、前作からのファンも安心して観ることができる点が魅力です。日本映画伝統の殺陣や香港映画のカンフーアクションなど、さまざまなアクション映画の要素を詰め込んだアクションシーンは映像演出もあり、前作以上の大迫力のアクションになっています。
ジョン・ウィック:チャプター2
専門の遺体回収業者、専用ホテル、専用通貨、掟など殺し屋業界が前作よりもしっかりと表現されていて、より完成された魅力的な世界観になっている。きっと殺し屋養成学校なんかもありそう、という想像も楽しめる。いかにも堅気っぽいのに腕にはタトゥーが入った事務のおばちゃんなどその世界にいるキャラクターも魅力的。
そして、やっぱり見ていて楽しいのがジョン・ウィック無双。華麗なヘッドショットと体術と刃物を使った流れるような近接アクション、そして、伝説の鉛筆。前作よりもスピード感があってより派手になっていて爽快で無双の後の去り際まで格好よかった。犬がちゃんと生き残っていたのもよかった。全ては犬から始まっているからね。
ジョン・ウィック:チャプター2
前作よりもガンアクションが多く、ジョン・ウィックがピンチに追い込まれるシーンも多くて緊張感のある内容に仕上がっていました。ジョン・ウィックはただ犬と平和に暮らしたいだけなのに、ずっと殺し屋とのトラブルに巻き込まれているのがちょっと可哀想でした。他にも前作よりパワーアップしているところがあり、それは街に潜んでいる殺し屋が次々と襲ってくるところです。普通のビジネスマンみたいな格好をしているのに実は殺し屋というキャラもいて、いつジョン・ウィックが襲撃されるのか分からないハラハラドキドキな感じが良かったです。駅の構内で人込みに紛れながら、誰にもバレないように撃ちあうシーンなど今までに見たことが無いような新鮮なアクションもあって大満足です。
ジョン・ウィック:チャプター2
ジョン・ウィックに扮したキアヌリーブスのアクションは爽快感があります。ガンアクション、カースタントともに迫力があります。まず、ジョンが平穏な暮らしに戻ろうとしていたのに依頼を断って自宅を爆破されてしまうというところでびっくりでした。否応なしにドタバタに劇に引きずり戻されてしまう感じです。一度は足を洗ったのに複雑な闇社会の掟から逃れられないジョンの運命に皮肉をかんじますが、それでもひとたび戦闘シーンになればすさまじい戦いっぷりをみせてくれました。ただ仕事を完璧にこなすほどに、どんどん窮地に追い込まれてしまうにも皮肉に感じました。最後まで見てこのままでは終わらないなと思いチャプター3への展開が期待できそうです。

ジョン・ウィック:パラベラム

ジョン・ウィック:パラベラム
第二章である前作から途切れることなくシーンが続いている本作。暗殺組織を追放されるシーンから始まります。今作のポイントは相変わらずの泥臭いアクションシーンも勿論ですが、中盤で共闘することになるハル・ベリーのアクションシーンではないでしょうか。キアヌ同様、ハル・ベリーも相当銃の訓練を受けたようで、銃の取り回しは観ていて気持ち良くなるくらい上手いです。終盤は相変わらずジョンの孤独な闘いが始まりますが、バイクアクションがあったのがマトリックスファンとしては嬉しいですね。最後のホテル内での銃撃戦は、敵が高性能のアーマーを装備していてこちらの銃弾が通らない状況。相変わらず泥臭いジョンは、接近してアーマーの隙間から銃弾を撃ち込みます!ここが大好きなシーンです。1作目からシリーズ通して観ていますが、この重装甲の敵とのバトルシーンが一番好きです!今作もすべてのアクション映画ファンに観てもらいたいです。
ジョン・ウィック:パラベラム
今回からジョン・ウィックの相棒としてソフィアという女性キャラクターが登場するのですが、ソフィアが2匹の犬を操りつつ敵を倒していく姿がカッコ良すぎて痺れました。ジョン・ウィックももちろんカッコ良かったのですが、今回のソフィアはそれを上回っているかもしれません。さらにこの作品は今までにないくらいジョン・ウィックがピンチに追い込まれていき、終盤の方ではもしかしたら今回で死ぬんじゃないかと思ってヒヤヒヤしました。なのでこれまでのシリーズと比べても、ダントツで緊張感に溢れた内容だったと思います。そして今回は銃だけではなく、ナイフや刀を使った戦闘シーンも多くて、今までとはちょっと違ったテイストのアクションが楽しめました。
ジョン・ウィック:パラベラム
キアヌ・リーヴスの大人気アクションシリーズの第三弾となった本作『ジョン・ウィック:パラベラム』は前作、前前作と全く同じスタッフが集結し、キャストもキアヌ・リーヴスを筆頭に続投するキャストがほとんどで全く同じ雰囲気の作品になっており、このシリーズのファンにはたまらない作品になっています。殺し屋として、懸賞金をかけられ、さまざまな敵に狙われることになったジョン・ウィックは先々でさまざまな敵と戦うことになりますが、そのアクション演出が相変わらずカッコ良すぎます。スタントマンだったという異色の経歴を持つチャド・スタエルスキ監督がその背景をフル活用したアクションシーンは今まで観たことないアクションの連続でその驚きは3作目になっても全く変わらず、どれだけ彼の頭にはアクションのアイデアがあるのだろうと驚かされます。
ジョン・ウィック:パラベラム
キアヌリーブスの大ファンなので、もちろん本作も公開即鑑賞しました。キアヌのアクション、衰えませんね。本作でも素晴らしかったです。ガンフー健在といった印象です。作品中のいたるところにアジアテイストだったり日本ぽいものがたくさん出ているのは嬉しいですね。ストーリーは割と単純で、頭でいろいろと伏線を追ったりする必要もなく、感覚で楽しめる感じだと思います。重厚でいろいろと考えさせられる作品もいいですけど、こういったスカッと悪をこらしめる爽快アクション映画もいいですよね。本場アメリカでも相当人気で興行収入も絶好調だったとか。さすが我がキアヌリーブス様。これからもお体に気を付けてキレッキレアクションが続けられますように。
ジョン・ウィック:パラベラム
前作の続きから物語がスタートするのですが、この作品から見てもすごく面白い作品です。コンチネンタルホテルでの掟を破ってしまったことで他の殺し屋連中から標的になってしまうジョンの勇姿が描かれていくのですごく興奮できます。ガンフーやカーフーなど普通のアクションとは違った感じにバトルが繰り広げられていくのでとても面白いですね。キアヌのアクションはやっぱり見ていて最高です。やはりキアヌのスタイルがすごくいいので映画で見るととても目の保養になること間違いなしです。シリーズものですが、起承転結がちゃんとしているのでテンポもいいですし俳優たちの演技も熱がこもっていて良いですね。次の作品も期待したいところです。
ジョン・ウィック:パラベラム
一部アニメのような要素を取り入れたアクションゲームのようなシーンが売りのシリーズですが、本作では特に刀を使ったシーンが際立っているように感じます。明らかに日本の時代劇の殺陣の影響があって、日本人の立場からすると特に嬉しいシーンでしたね。ゲスト出演者的なハルベリーのガンアクションも見事だったと思いますし、ファンサービスがたっぷりと込められていたのではないではしょうか。最強の殺し屋である主人公ジョン・ウィックですが、シリーズが進展するごとに、より強大な敵が現れて、立ちはだかるという展開も、格闘系の少年漫画のようなノリで見ていて楽しかったですね。一種の戦闘力のインフレーションですが、鑑賞者視点からは悪くありませんね。
今おすすめのお得情報!

話題のドコモ格安プランahamo(アハモ)」!
申し込み受付はネットから。

月額2,970円(税込)でデータ容量はたっぷり20GB。
国内通話5分無料。
時間帯による速度制限なし。
4G/5Gどちらも使えます。

ahamoのネット申し込みはこちら

ahamoって何?という方はこちら

ahamo qr画像