※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
動画配信状況

ドラマ『姪のメイ』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2024年6月16日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2023年9月7日にテレビ東京などでドラマ放送開始。
  • 監督
    清⽔康彦、大内田龍馬
  • 出演・キャスト
    本郷奏多、⼤沢⼀菜
    田中美奈子、川田広樹(ガレッジセール)
    橋本淳、清水葉月、土居志央梨
    岩田奏、真飛聖、竹原ピストル
    関智一、須藤理彩

ドラマ『姪のメイ』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

作品名 配信状況
姪のメイ
姪のメイ 冬キャンプ編

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに180誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
ポイントレンタル作品や電子書籍などに使えます。
1,500ポイントで映画館チケットへ交換可能※対象映画館一覧はこちら
不足分をチャージ(1pt=1円)すれば現在上映中の作品もお得に見れる!初回特典の600ポイント+不足分900ポイントチャージ。実質900円で映画館で見れる
そしてU-NEXTはダブルスコアをつけて2018年2月の調査開始時よりずっと「見放題作品数No.1」!
さらに2023年7月にParavi(パラビ)と統合TBSテレビ東京の番組に強くなってますますパワーアップ!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2024年6月16日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Leminoで配信中の作品

作品名 配信状況
姪のメイ【テレビ東京オンデマンド】 レンタル

dTVがパワーアップしてLemino(レミノ)リニューアル
国内、海外の映画、ドラマ、アニメに加えて音楽ライブやLeminoオリジナル作品、人気の韓流ドラマなど豊富な作品がラインナップ。
初めてLeminoに登録する方は初月無料!
既にdアカウントをお持ちの方なら登録も楽ちんです。
※携帯電話会社がドコモ以外の方でも利用できます。

Leminoプレミアムの初回初月無料登録はここから

本作品の配信情報は2024年6月16日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはLeminoのホームページもしくはアプリをご確認ください。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

Paraviは2023年7月にU-NEXTと統合しました。
作品の配信状況はU-NEXTを御覧ください

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

取り扱いはしていませんでした。

口コミ・感想

懐かしい地名が聞こえてくると思ったら、福島県の浜の方が舞台のドラマで本気度を感じて嬉しかった。
あの辺りに触れるのは相当の勇気。
メイちゃんとオズのリアルな関係性も良かった。
自分も子どもの頃叔父と叔母に育てられたので、メイちゃんほどしっかりしていないが親近感が沸く。
ドラマだと親戚の家で虐待されたりするけど、そんなんばっかじゃないって伝わると良いな。
子ども達は人類みんなの宝だもの。
よくある日常を描くようなストーリーも地域の背負うもの、メイちゃんの背負うものを包み込むようで良かった。
もしかしたらあの辺の出身の方が作ったのかな?というくらい想いが詰まった作品なのが最終回でもよく分かり、感動しました。
あの地域に縁の無い方にこそ見ていただきたい!
そして縁のある者としてお礼を言いたい。
このドラマで楽しかったのは「都会暮らしをしていた叔父と姪が、突然の田舎暮らしに戸惑いながらも力強く前進していくところ」です。
主人公の小津高一郎(本郷奏多)は兄夫婦の不慮の事故から姪の春日部メイ(大沢一菜)と同居することになります。小津とメイが暮らすのは、福島県の太平洋側にある古い日本家屋です。初めての土地での暮らしに慣れない状態の2人が、ご近所さんの助けを借りながら生活を共にする姿が、とても良かったです。
特に小津とメイを気にかけてくれていた平田夫妻の畑で、お手伝いをする場面が印象的でした。青々とした緑いっぱいの畑で会話しながら働く小津とメイを見ていると、自分も澄んだ空気の中で働いてみたいという気分になりました。
やむを得ない事情から同居することになった小津とメイのちぐはぐな会話や行動も面白かったです。たまに会う程度だった叔父と姪という関係だった2人が、同居することでより相手を知ったり話し合ったりするという流れが印象的でした。演じる本郷奏多さんのきっちりしていて生真面目な感じと、大沢一菜さんのおおらかで堂々としている感じが、画面の中でぶつかり合うようすが見ていて面白かったです。
小津とメイは立場や年齢差からずっと一緒にいられるとは限らない関係ですが、この2人は同居を解消しても気持ちは離れない関係だろうと思わせてくれるところが良かったです。福島県の里山と海岸の美しさをしっかり堪能しながら、でこぼこコンビの関係を楽しめる名作です。
幼くして両親を失った少女が主人公で、東日本大震災からの復興が描かれるというストーリー設定から、序盤はヘビーな展開が続くのかもしれないと覚悟をしていました。でもその気負いは早々に吹き飛んで、緑に囲まれた家の雰囲気を見ていたらメイちゃんからトトロが連想されて一気に和みムードへ。向かい合ってご飯を食べている2人が、ポツリポツリと探り合うように会話をするシーンにくすりとしつつ、こういう何気ない日常を過ごせることが幸せなんだよなぁとしみじみ。本郷奏多さんの私生活のこだわりぶりが、ちょっと小津にも憑依してるんじゃ?と別人を演じているようには見えなくて個人的にツボり、町民たちとの交流もほっこり気分で見守ることができたストレスフリーな作品でした。
おじさんと姪っ子のひと夏の共同生活を通じて、誰かと一緒に楽しく過ごすことの大切さを改めて教えてくれるようなドラマでした。世代も育った環境が違うので最初は噛み合わない二人でしたが、一緒に生活していくうちに、徐々に打ち解けていくところがよくありがちな話といえばよくありがちですがほのぼのさせられます。舞台は福島で田舎なので、都会と違ってのびのびとできるようなところが非常によくて、このドラマを実際に見ると都会暮らしの人は田舎暮らしをしてみたいと憧れた人も多いのではないかと思います。都会の喧騒の多い生活に疲れてしまった人や、田舎に行って自分らしく暮らしてみたいという人に是非おすすめなドラマだと思います。
叔父の小津と姪のメイっていう、聞いている方は「なんだって!?」って思わず聞き返したくなる自己紹介が本当に面白い。もっと良い自己紹介は絶対にあるけれど、あえて本人たちも紛らわしい言い方を楽しんでいるのが良かったです。画面もあえて映画風にしていたし、何気ない田舎での一時っていう日常感も良かったけれど、一番は本郷奏多さんと大沢一菜ちゃんの自然な演技が素晴らしくて、本当の叔父と姪のやり取りを見ている感じがして面白かったです。街の人たちも個性が強くて楽しいし、メイのお父さんが関さんだから、メイの夢に出てくるキャラのアフレコが何気にガチの声優で贅沢っていう嬉しさもあったし、ゆるいけれどそれがいいドラマでした。
主演が本郷奏多と大沢一菜のヒューマンコメディ・ヒューマンドラマでとても見ごたえがありました。東日本大震災からの復興という大きなテーマと本郷奏多演じる小津の心情変化が微妙に掛け合わされているようでいいドラマの作りだなという感じもあります。30分のショートドラマで毎週、楽しみにしていました。今度また、3時間ぶっ通しで見返したいと思います。都会的な合理主義の小津と芸術家肌で癖のあるメイの対比が面白く、コメディとしての評価も高いです。脇を固める役者(竹原ピストル、須藤理紗、真飛聖など)も個性的でドラマに花とアクセントを添えてくれます。小津とメイの今後にどのような人生が展開されるのか、続編への興味も高まっています。
今おすすめのお得情報!