※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
動画配信状況

山下智久主演ドラマ『アルジャーノンに花束を』はどこで配信している?

※本ページの情報は2024年7月8日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2015年4月からTBS系列でテレビドラマ放送開始。
    アルジャーノンに花束を DVD-BOX
  • 脚本監修
    野島伸司
  • 出演・キャスト
    山下智久、栗山千明
    窪田正孝、工藤阿須加
    菊池風磨(Sexy Zone)、谷村美月
  • 原作はダニエル・キイスによる小説『アルジャーノンに花束を』
    アルジャーノンに花束を〔新版〕

ドラマ『アルジャーノンに花束を』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

作品名 配信状況
アルジャーノンに花束を

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに180誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
ポイントレンタル作品や電子書籍などに使えます。
1,500ポイントで映画館チケットへ交換可能※対象映画館一覧はこちら
不足分をチャージ(1pt=1円)すれば現在上映中の作品もお得に見れる!初回特典の600ポイント+不足分900ポイントチャージ。実質900円で映画館で見れる
そしてU-NEXTはダブルスコアをつけて2018年2月の調査開始時よりずっと「見放題作品数No.1」!
さらに2023年7月にParavi(パラビ)と統合TBSテレビ東京の番組に強くなってますますパワーアップ!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2024年7月8日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Leminoで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

Paraviは2023年7月にU-NEXTと統合しました。
作品の配信状況はU-NEXTを御覧ください

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
アルジャーノンに花束を (2015年版) DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。「定額レンタル8ダブル」プランなら新作含む全ての作品を月8枚レンタルできる。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません
※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。

実際にTSUTAYA DISCASを使ってレビュー!宅配DVDのメリットや評判を紹介動画配信サービスの全盛とも言える今だからこそDVD/Blu-rayのレンタルサービスTSUTAYA DISCASを特集! 実は映画...

口コミ・感想

人間の知性について教えてくれたような印象を感じました。中でも主人公の咲人がアルジャーノンを使った実験から天才的な能力を発揮していく一面と、だからこそ繊細な両方の一面が見られた事が考えさせられる所がありました。そして咲人が花の配送センターで働く、同僚の柳川と檜山との関係性も面白いなと思いました。そして脳生理科学研究センターの研究員の望月との出会いは、咲人の様々な心理状況が変化していく所が、このドラマの注目するべきポイントの一つだと思います。中でも花の配送センターで働く咲人の顔と、アルジャーノンとして実験をされながら生活している咲人の二つの視点から、同時進行で話が進展していくのが上手い描き方だなと感じました。そしてこの難しい主人公の咲人を演じた山下智久さんの演技は必見です。
原作が素敵な物語でとても注目して見ていました。とにかく山下智久の演技がすごいのです。障害者としての山下の演技もまさに神がかっているような気がしました。そして、天才へと変貌していくところも実に見事でした。その他の役者陣もすごい。窪田や工藤も実にハマっていて、脇役としても輝いていました。そして山下がまた障害者になっていく姿を見ているのは、とても辛かったですが、逆にいうとものすごく幸せな感じで、涙が溢れました。タイトルのアルジャーノンに花束を、という意味を理解するのは、それぞれの受け取り方で良いと私は思いますが、小動物と山下の生き方を上手にからめていると思いました。そして本当の幸福とはというテーマに、深く切り込んだ作品だと言えるでしょう。
原作も読んだし、ユースケ・サンタマリアさんのドラマも見たので、正直山下智久さんのイメージが想像出来なくて不安しかありませんでした。外見が整っている山下智久さんには合わないのでは?と思っていたのですが、実際にドラマを見たらそんな考えが吹き飛びました。難しい知的障碍者の役を違和感なく演じていました。きっとご自分で凄く勉強したり研究されたんだろうなと思いました。どんどん成長していく姿に目が離せません。山下智久さんってこんなに演技が上手かったっけ?と思いました。演技力ももちろんですが、やはりストーリーが素晴らしいです。このドラマを見ると心が洗われる感じがするし、感動するシーンが沢山あるし、色々考えさせられるドラマで、何度でも見たくなります。
知的障害である主人公が母親に喜んでもらいたい一心で知的能力向上の臨床試験として手術を行う決意をするという展開に胸が痛みました。6歳児並みの知能でありながら社会に出なければならない厳しさ、障害を持つために必死に同僚と行動を共に姿は悲しく、かといって手術を受けたことで自分の置かれていた状況を理解する悲しみをどう受け止めるのかと不安が募りました。手術後、天才的な知能を手に入れ、それによって気づかなくてもよい現実に気づかされて人間不信に陥る姿は悲しく、その思いを振り切るように研究を進め、それによって上昇した知能が再び退行していくことに気づき、止めることができないという現実に恐怖を感じながらも、知能を手に入れて気づかされた現実によって傷ついたこと一つ一つに向き合い、人の心を理解していく姿は心震えました。そして、自分のことを後回しにしても人助けに尽力する姿は涙が溢れました。最終的には手術前以上に知能が低下することはなく、再び元に戻った姿が見られましたが、真実に触れたことで手術前よりも温かみを増している姿に胸が熱くなりました。真実を知らない方が本人のためなのか、真実を知って受け止めることが本人のためなのか。悲しみを超えた幸せな結末に心震えた作品でした。
この作品は、切ないストーリーと視聴者の心に直接訴えかけてくるような役者たちの迫真の演技が見どころだと思います。山下智久さんが出ているドラマはいくつも見たことがありますが、この作品が一番役に入り込んでいるのではないかと思うほど、素晴らしい演技でした。ストーリーの内容はわりと重めで、他の人と違う能力を持つことによる苦しみというのがわかりやすく描かれていました。いくら同情しようとも、健常者にとってその苦しみは絶対にわからないというのも切なかったです。見ててハッピーになるようなドラマではないものの、多様性や新しい価値観について考えさせられるため、絶対に見る価値はあると思います。恋愛だけでなく、友情についても描かれているところも良かったです。
最初は山Pの演技になんだこれ!?って思ったけれど、そういう人間なんだって分かったら、凄く大変なんだろうなって理解できて凄いなって思いました。そしてやっぱり人間ってみんなよりも劣っていることが嫌だったり、みんなの横に一緒に並びたいって、人と関われば関わるほどに思ってしまうものですよね。だからこそさくがお利口になりたいって、お利口になるための手術を受けたいって思ったのも理解できるし、今までよりも知能が上がってからの行動とか、その経験があったからこその友達のために行動したこととか、さくを通して人間の幼い子供の成長を見たような感じがします。これは大人になってからの方が、色々と感情の理解の幅が広がって面白いかも。
今おすすめのお得情報!