動画配信状況

ドラマ『差出人は、誰ですか?』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2023年1月18日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2022年10月からTBS系列でテレビドラマ放送開始。
  • 出演・キャスト
    幸澤沙良、櫻井海音
    藤原大祐、駒木根葵汰
    窪塚愛流、大嵩愛花

ドラマ『差出人は、誰ですか?』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

作品名 配信状況
差出人は、誰ですか?

TBS、テレビ東京、WOWOWの番組に強いのはParavi(パラビ)!
独占番組や見逃し番組も多数配信!
映画、ドラマ、アニメだけじゃない!ガイアの夜明け、がっちりマンデー!!、日経プラス10などニュース、ドキュメンタリーも多数配信。

Paraviの公式サイトはこちら

本ページの情報は2023年1月18日時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

取り扱いはしていませんでした。

口コミ・感想

多感な年頃である高校生たちの日常や、日頃悩んでいること、考えていることなどの描写がとてもリアルに感じました。登場するキャラクターが多様でありながら、現実に存在しそうであったことと、きちんと個々の心情が理解できるような流れになっているので、ついついそれぞれの立場に感情移入してしまいます。1話1話が短い為、もどかしく感じることも多かったです。また、主人公である美月の悩んでいるシーンが多かったにもかかわらず、美月の両親が底抜けに明るいキャラクターだったので、物語全体が暗くなり過ぎていないところも良かったです。教師である立花が提案した、生徒たちにとっては嫌がらせのような手紙ゲームの意味が明らかになった時には、感動しました。
全く知らない女優さんが主演だったので、え、誰なの?と興味本位で見始めました。幸澤沙良さんは女優系のオーディション番組出身の方なんですね。アイドルのオーディションは見る機会が増えましたが、女優さんの番組ってなかなか無いので、ちょっと興味があります。
正直演技に関してはう~んと言うところが多かったのですが、彼女は今回が女優デビュー。女優デビューにして主演。もうそれだけで、映画やドラマ好きは見る価値があると思います。荒削りながらも光るところもあり、とても魅力的。他のキャストも若手俳優さんたちが揃っていて、将来を期待させてくれました。
後は、やはりすでに経歴のある他キャストたちが強いかなと思います。特に藤原大祐さん演じる一ノ瀬が、キャラも立っていて良かったかな。
高校生たちのみずみずしい感性が描かれていて生徒それぞれが悩んだり問題にぶち当たってそれらを一生懸命考えて解決していく姿はとても眩しかったです。
触れてはいけないと思いがちな聖域に敢えて扉をこじ開けてさらけ出して行くところは個人情報保護の観点から完全にコンプライアンスを逸脱してしまっているかもしれません。しかしそれが全て良い方向に向かって行くのは生徒達ひとりひとりがピュアでひたむきである事を見抜いている教師は見事だと思いました。
荒んでしまいがちな生徒達もこの教師との出会いと教師の提案で始まった手紙ゲームの経験はこれからもぶち当たるだろう大きな壁も乗り越えるための力となると思います。
学校は学問を学ぶと同時に人間力を育てる所であってこその学校だと改めて思いました。
このドラマは、学生ならではの人間関係が色濃く出ていたのが面白かったです。特に差出人の手紙から、心の感情が赴くままに出ると言う手法は、学生ならではの問題点をあぶり出すのが上手い描き方だなと思いました。そして主人公の美月は、自分宛の手紙を受け取ってしまった事から、犯人探しをしていく展開も周囲の人物達の様々な人間関係が見れて面白いです。そして第10話辺りから恋愛絡みの話も交えて話が進展していくのが、一つのジャンルに拘るのでは無くて、幅広い視点から描いていて飽きさせない話になっているのが良かったです。このドラマは、ミステリアスと恋愛と人生を上手く絡めているのが、このドラマの見どころだと思っています。そして主演の美月役を演じている幸澤沙良さんの演技も必見です。そして全体的にこのドラマを見ていると、短時間だからこそテンポのが良さが出ていたのが面白かったです。
この作品に出てくる登場人物は見んな真っ直ぐな思いを持っている若者ばかりなので、そのフレッシュな雰囲気をたくさん味わえるところが良かったです。自分は何でもできるし、自分を中心に世界が回っているんだと言う若者特有の万能感も上手く表現できていたと思います。尺が短いのですが、その中でも起承転結がしっかりしているし、伏線も張られているので全く物足りなく感じることはありませんでした。むしろ尺が短いことによってテンポの良さが強調されて、普通のドラマよりも見やすかったような気がします。出演している俳優たちも有名どころはあまり使わず、新人の俳優をたくさん使っている辺りがさらにこのドラマのフレッシュな雰囲気を増していて良かったです。
他の作品のドラマを見ていたときも思ったけれども、本当に櫻井海音くんの演技が凄すぎる。同い年の子達と一緒に演技していると如実にその凄さが分かるので、もっともっといろんなドラマで見たい俳優さんだなってこの作品を見て改めて感じました。そして差出人を隠した上で行われる手紙ゲームは、ドラマとしてはミステリーとして見ていて面白かったけれども、これが現実で行われたら絶対に人間不信にみんななって、人間関係が破綻していくだろうなって、ちょっと怖くなってしまいました。けれども昨今で話題になっている問題や昔からあるような悩みなど上手く取り入れているのは、本当に秋元康さんはさすがだなって思います。きっとこの子達は素敵な大人になるんだろうな。
今おすすめのお得情報!