動画配信状況

ドラマ『やめるときも、すこやかなるときも』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2022年9月10日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2020年1月から日本テレビ系列でテレビドラマ放送開始。
  • 出演・キャスト
    藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)、奈緒
    五関晃一(A.B.C-Z)、金澤美穂
    浅見姫香、中井友望
  • 原作は窪美澄による小説『やめるときも、すこやかなるときも』

ドラマ『やめるときも、すこやかなるときも』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

取り扱いはしていませんでした。

口コミ・感想

知らない女優さんだったのですが、想像以上にヒロインが良かったです。今どきの若い女性なのですが、どこか素朴な感じもあって。このストーリーのヒロインには、まさにうってつけだったと思います。男性から求められないとか、すごく気になる世代ですよね。ちょっと全体的に話は暗めで重い内容なのですが、明るい雰囲気のキャストさんでうまく中和されていたように感じました。
二人とも、辛い過去があります。中には、乗り越えて進んでいる人もたくさんいるけど、中には乗り越えられない人もいると思います。そういうところが変に綺麗に描かれすぎておらず、リアルな感じ。
藤ヶ谷太輔さんは長身で華もあるのですが、こういったどこか陰のある役柄もお上手ですね。
この作品は、心の傷からの立ち直りがテーマとして描かれています。そして、この作品を一言で表すならば、「癒し」という言葉がピッタリです。主人公の2人が互いに傷を持ち、その傷の痛みを知るからこそ距離を縮めるにも慎重になる。そのため、恋人としての2人の距離は、そのまま治りきらない傷の深さをも表わしています。そして、この2人が必要不可欠な存在へと変わるために必要だった時間とその間に一進一退を繰り返す様子が、傷を一度で治す「治療」ではなくゆっくりと治っていく「癒し」そのものに感じらたのです。
また、この「癒し」の雰囲気を生み出したもう一つの要因としては、奈緒さんの存在があります。彼女の屈託のないやわらかな笑顔は、その裏にある辛さや悲しみを包み込み目に入らなくなる程に魅力的でした。
あの笑顔があったからこそ、辛く悲しいテーマのこの作品を最後まで温かな気持ちのまま見続けることができたのだと思います。
藤ヶ谷太輔くんが久しぶりにドラマに出演されるということで、見ていました。とにかく毎回毎回いちいち描写が本当に綺麗な作品でした。内容も本当に涙なしには見れずに、こんなに泣くとは思わなかったけらい毎回毎回涙が止まりませんでした。過去にお互い辛い思いを乗り越えてきたからこそお互いが出会って、その葛藤や過去に翻弄されていく描写が本当に綺麗に切なく描かれていて、かなり好きな部類のドラマでした。最愛の人が目の前でなくなってしまったら、自分だったらどうかと何回も考えさせられました。終始暗い内容ではありましたが、藤ヶ谷太輔さんの少し影がある感じと物悲しげな視線の表情に、役どころとしても一役者さんとしてもとても魅力を感じることができました。
なかなか大人っぽいどらまでした。桜子さん役の奈緒さんが、よくいる普通の人のように見えるのが自然な感じが出て良かったです。悲しげに見える桜子と空虚で儚げに見える壱晴が印象的なドラマです。こんな感じのドラマはあまりない、少し重い恋愛ものです。桜子と壱晴がお互いに助け合いたい、助け合えるそんな素敵な関係になれそうで、ゆっくり見ていけるドラマだったと思います。見どころは、歩道橋下でのプロポーズのところです。雪が降ってコートを肩に掛けて、付き合い始めのセリフをもう一度言うのは、久々に良い演出だったと思います。そのコートを肩に掛けるのが桜子の父親とのシーンに上手く回収できています。それが嬉しいと感じる良いドラマでした。
タイトルがとても優しくて文学的で、そのイメージに惹かれて見ました。藤ヶ谷の初恋の人が目の前で事故に遭うなんて、こんな不幸ってありますかぐらいの感じでした。そんな過去のショッキングな出来事のおかげで、毎年彼女の命日になると喋れなくなるなんて重すぎでしょう。それでも奈緒に恋をして前を向いて歩き始めます。この心に傷を抱えた藤ヶ谷と、DVの父親と一緒に暮らす奈緒という設定の面白さは、原作者の深い人間への洞察力が、大いに反映しているような気がします。藤ヶ谷の演技がまずまずの及第点で、以前にもまして上手くなったなという感想を持ちました。奈緒は小柄だけれど体いっぱいに魅力を詰め込んでいるような雰囲気があり、魅せられました。いずれにしても、暗い過去や周りの環境を乗り越えて、前に進もうとしている二人のカップルにエールを送りたくなりました。
主人公もヒロインも心に傷を抱えているという設定があるので、このドラマのストーリーもなかなか重い部分がありました。しかしそんな二人が出会うことによって、自分も一人じゃないんだと自覚して、少しずつ人生の軌道修正をしていくところに希望をもらえました。さらにこのドラマの良いところは、二人が出会ってからも一筋縄では心が回復していかないところです。かなり時間をかけて相手を信用したかと思ったら、また過去を思い出して病んだりするなど感情の描写がとてもリアルだと感じました。それくらいトラウマを抱えているという設定に説得力もでるので良かったと思います。もしかしたらこの二人だと上手くいかないんじゃないかとドキドキさせてくるシーンもあったりして、最後まで夢中になりながら見ていました。
今おすすめのお得情報!