動画配信状況

映画『バッドガイズ』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2022年11月4日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2022年10月7日に日本で劇場公開。
  • ドリームワークス制作(「シュレック」「ボス・ベイビー」)のCGアニメーション映画。
  • 監督
    ピエール・ペリフェル
  • 吹替版声優・キャスト
    尾上松也、安田顕
    河合郁人(A.B.C-Z)、長田庄平(チョコレートプラネット)
    ファーストサマーウイカ

映画『バッドガイズ』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Disney+ (ディズニープラス)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

取り扱いはしていませんでした。

口コミ・感想

小学一年生の子供と一緒にバッドガイズを見ました。本当はいい人になりたい気持ちを持ちつつ、素直になれずにバッドガイでいようとする葛藤がなんとももどかしく、かげながら応援したくなるような映画でした。小学生の子供はもちろん、大人も笑って一緒に楽しめる映画になっていて、最後までどんな展開になるのか目が話せませんでした。本当のバッドガイは誰なのか?最後までソワソワしながら楽しむことができました。普段はプリンセス系が好きな娘もそれぞれのキャラクターがおもしろくて、最後まで飽きずに見続けることができました。話の内容から子供と一緒に学ぶことも多い内容になっていて、見終わった後にあの場面ではどうしたらよかったと思う?など子供に道徳の確認もできました。
もうテンポがよくて、凄く爽快で面白かったです。演出がいかにもな映画らしいから楽しかったです。キャラのウルフがハリウッド映画でよく見る俳優的なのも面白くて笑いました。内容はシンプルに悪党軍団バッドガイズが、お婆ちゃんを助けてグッドガイズになろうとする話です。楽しみに映画館に行ったから、期待通りだったから満足しました。音楽も良いし、見どころは、カーチェイスです。カーチェイスのシーンが多いから、それぞれに疾走感があります。エンディングでは、思わず体がリズムを取るほどでした。最初から最後まで、アニメーションがとてもダイナミックなので見応えがあります。ハッピーエンドだから、子供と一緒に見るのもオススメな映画です。
予告編の謳い文句が魅力的、かつ内容も面白そうだったので公開後すぐに映画館へ行きました。
見ることを決めてから数ヶ月経っていたので本編がスタートするとスピーディーかつ、「俺たちすごい悪だぜ!」とわかりやすい展開ではじまります。
しかし、悪者家業がいつまでも続く訳ではなく良心に目覚めたことと時の運でバッドガイズは逮捕。罪から逃れるために更生への道を歩むと見せかけて、次の獲物を狙う展開に。しかしこの更生プロジェクトで良心に目覚めたキャラクターとそうではないキャラクターに溝が生まれてしまいます。唯一無二のチームだったバッドガイズは消滅してしまうのか?
そして、まさかのあの人がバッドガイズの味方になったり、正体がとんでもなかったり、後半は目を離すことができません!
終始展開がスピーディーで、笑ってしまうようなシーンも有り、音楽もとても良かったです。親子やカップルご夫婦など幅広い方におすすめです!
私は吹き替え版で観ましたが、声優さんたちが優れているのか全く違和感がなかったです。予告だけを見るとあまり期待していなかったのですが、予想を遥かに超える面白さ、ストーリー展開の秀逸さに脱帽しました。映画館で子供連れが多かったのですが、意外なことに静かでした。まさに息もつかせぬほど勢いがあって、楽しいからこそ子供たちもぐいぐい引き込まれたのでしょう。それに街の描写がふんだんに出てきますが、リアルで綺麗に描かれていますので、目の保養になりました。あと部分的な感想ですが、ピラニアの歌がものすごくうまいなと感じましたが、後でわかりましたが河合だったので納得。また、ウルフが褒められて大人しくなり、尻尾を振ったりするところがめちゃくちゃ可愛いです。いずれにしても、最高にファンキーなイメージで、素敵な怪盗集団でした。
すごく明るい怪盗団って感じで面白かったです。怪盗ルパンとかも、オシャレでありながら、ユーモアに溢れたイメージですが、バッドガイズのみんなもチームだからか、ワイワイしていて面白かったです。カーチェイスのシーンは本当に迫力があって、音楽も相まって爽快感がすごかったし、何よりも一番衝撃を受けたのが、エンドロールを見るまで気が付かなかった声優陣。見ているときはなんの違和感もなかったので、特に声優さんに関して気にしていなかったのですが、てっきりプロの声優さんが演じていると思ったら、みなさん俳優とかタレントさんだったので、本当にビックリでした。特に尾上松也さんのウルフが最高で、終わった頃にはウルフ大好きになってました。
バッドガイズというタイトルの通り動物の姿をした悪党たちがメインキャラクターとなっていて、ハッキングだったりスリだったり様々な悪事をスムーズに行っていく様子が何ともカッコよかったです。しかも誰かを直接傷つけるようなこともしないですし、根は優しいことが伝わってくるので、悪党だけどみんな愛されるキャラクターだと思いました。特に一番好きなキャラクターがウルフで、見た目からしてカッコいいうえに性格もワイルドで、まさに頼れるリーダーといった感じです。他のメンバーにもそれぞれ特技があり、ここぞという場面で活かされるのが最高でした。アニメーションの動きも素晴らしいですし、久しぶりにワクワクする作品に出会えたという感じです。
今おすすめのお得情報!