動画配信状況

ドラマ『それでも、生きてゆく』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2022年5月6日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2011年7月~ フジテレビ系列で放送。
  • 出演・キャスト
    瑛太、満島ひかり
    風間俊介、田中圭
    倉科カナ、大竹しのぶ
  • 受賞
    第70回 ザテレビジョンドラマアカデミー賞で「最優秀作品賞」など6冠。
    他、多数の賞を受賞

ドラマ『それでも、生きてゆく』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

作品名 配信状況
それでも、生きてゆく

フジテレビ系ドラマ、映画に強いのはFODプレミアム!
Amazon Payかクレジットカードで登録すれば初回2週間無料で見れる!
アニメや海外ドラマも配信!さらに160誌以上の雑誌も読み放題!雑誌読み放題も月額基本料に含まれているので追加料金必要無し!もちろん無料体験中でも雑誌読み放題を利用できます。
FODプレミアムに登録すると、毎月8の付く日に400ポイント、月に1回100ポイント、月間で1,300ポイント取得可能です。※ポイントはレンタル作品や漫画など電子書籍の購入に使えます。
FODの無料体験はここから

この記事は2022年5月6日時点の情報となります。配信が終了している可能性がございますので、FODオフィシャルサイトにて、必ず最新の情報をご確認ください。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
「それでも、生きてゆく」 DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。新作・準新作は月8本、旧作は借り放題。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません

口コミ・感想

殺人事件の被害者家族と加害者家族というとても重いテーマを扱いながらも、登場人物たちの会話ややりとりにほっこりしてしまう場面もあり、見ていてとても不思議な感情になる作品でした。特に主演の二人の演技が素晴らしく、何気ない会話シーンも、激しく言い争うようなシリアスなシーンも、非常に引き込まれるものがあります。被害者家族が背負っているもの、加害者家族が背負っているもの、それぞれ反するような感情にも思えますが、苦しんできた想いは一緒で、だからこそ分かり合えるようで分かり合ってはいけないような、不思議な感情があるのだと思えました。主演の二人の演技が、それをリアルに表現していて、最後のシーンはとても切なく美しいシーンになっており、そのシーンは今でも忘れられません。人間の複雑な感情描写や、人間関係の奥深さを感じさせる会話やストーリーは、「さすが坂本裕二さんの脚本」という作品になっていると思います。
生半可な気持ちでは見続けられないドラマでした。事件の内容は、幼い少女が身近な青年に命を奪われてしまうというショッキングなものでした。それだけでも痛ましい事ですが、残された被害者と加害者の家族には生きつづける中、重たい葛藤と世間の目などがいつまでも離れない事の悲痛さを感じ胸が締め付けられました。一般的には被害者と加害者のどちらかに焦点を当て描いていくものも多かったと思いますが、この作品はどちらの家族の心情も、更には同じ一家でもその中に暮らす一人一人の考え方の違いにもスポットを当て、丁寧に描かれていたのが印象的でした。この広い世の中で、沢山の被害者や加害者とその家族がいる事に思いを馳せながら、単純な言葉では表せられない気持ちと経験を重ねているのだと、強く考えさせられました。一度は観ていて方が良い作品だと思いました。
妹を殺害された被害者遺族の男性と、幼い少女を殺害した兄を持つ加害者家族の女性が出会って恋をする話。
テーマとしては重ためですが、ユーモアがたっぷり盛り込まれているので見やすかったです。
何といっても、主人公の瑛太さん、満島さんお二人の演技が素晴らしくて、前のめりになるくらい夢中で見てしまいました。
被害者遺族の家人生、加害者家族の人生。どちらの家族もリアルな生活模様が描かれていて、一つの事件がきっかけで苦しみ、葛藤し、ぶつかる姿に心が動かされます。
そして、交わってはいけない主人公の二人が出会い、惹かれ合いながらも、自分達の被害者遺族、加害者家族としての立場に苦しむ姿にとても切ない気持ちになり、涙してしまいます。
殺人事件の被害者家族、加害者家族の苦しみや、それでも生きていくという決意が伝わってくるような作品でした。もしも自分がこの状況にたたされたときに、本当に正常な判断ができるのかなと思わされるシーンがたくさんありました。そして加害者側の家族も一方的に責められるのではなく、中立的な目線で見ることが大切なんだなと思いました。亡くなってしまった人はもう戻ってこないから、あとはもう自分達で心の傷を癒していくしかないというやるせなさも伝わってきました。このドラマに出ている役者達の演技が上手いので、重苦しい雰囲気や緊張感がよりリアルに感じられます。特に大竹しのぶさんは流石ベテランといった感じで、冷静を装っているけれど内側に悲しみを抱えている演技がとても上手かったです。
瑛太さんと満島ひかりさんメインのヒューマンドラマなのですが、本当に考えさせられる物語です。瑛太さんの友人が自分の妹を殺したことで自責の念に囚われていくのですが、加害者家族と被害者家族の心の葛藤がメインで描かれていくので本当に物語に没頭できて面白い作品です。加害者の妹として満島さんがいるのですが、彼女の不幸な運命が本当に切なく映ります。家族に犯罪者がいることで、その家族までもが同じような視線に晒されてしまうので悲しいですね。この作品の一番の注目点は、出ている俳優さんが全て演技派だということです。瑛太さんは、もちろんのこと、自分は満島ひかりさんの目の演技に吸い込まれてしまいました。感情がダイレクトに伝わってくる雰囲気は流石ですね。
「それでも生きてゆく」は犯罪によって家族を失った被害者家族、そして、殺人犯を生み出した加害者家族の姿の交流を非常にリアルに描いたヒューマンドラマになっています。脚本を務めた坂元裕二のオリジナル脚本となっており、「最高の離婚」や「カルテット」でも評価の高いまるで本当に実在するかのような人物描写で事件で何もかもが変わってしまった登場人物たちの感情が非常に切実に伝わってきて、観る人の心を揺さぶります。加害者である健二の妹である双葉を演じた満島ひかりの演技は非常に素晴らしく、その表情の一つ一つに様々な思いを巡らすことができます。また、被害者の兄である洋貴を演じた瑛太も犯人を心の底から恨みつつも双葉を憎むことが出来ないという複雑な心境を見事に演じ切っています。
今おすすめのお得情報!

話題のドコモ格安プランahamo(アハモ)」!
申し込み受付はネットから。

月額2,970円(税込)でデータ容量はたっぷり20GB。
国内通話5分無料。
時間帯による速度制限なし。
4G/5Gどちらも使えます。

ahamoのネット申し込みはこちら

ahamoって何?という方はこちら

ahamo qr画像