動画配信状況

アニメと実写映画『鋼の錬金術師』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2022年11月9日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 原作は荒川弘による漫画『鋼の錬金術師』
  • 2003年にアニメ『鋼の錬金術師』がテレビ放送。
    漫画の連載との都合上、中盤以降はアニメのオリジナルストーリーとなっています。
    鋼の錬金術師
  • 2005年にアニメ映画『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』が劇場公開。
    アニメ版の最終話から続くストーリーで、アニメ版の完結編となっています。
    劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者
  • 2009年にアニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』がテレビ放送。
    2003年版とは違い、原作準拠のストーリーとなっています。
    鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
  • 2011年にアニメ映画『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』が劇場公開。
    原作にはない、オリジナルストーリーとなっています。
    鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星
  • 2017年12月に実写映画『鋼の錬金術師』が劇場公開。
    鋼の錬金術師
  • 監督(2017年版)
    曽利文彦
  • 出演・キャスト(2017年版)
    山田涼介、水石亜飛夢
    本田翼、ディーン・フジオカ
    蓮佛美沙子、本郷奏多
  • 2022年に実写映画『鋼の錬金術師 完結編』が2部作連続公開。
    2022年5月20日に『鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー』
    2022年6月24日に『鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成』
    原作の最終話までが描かれる実写映画完結編となっています。
  • 監督(2022年版)
    曽利文彦
  • 出演・キャスト(2022年版)
    山田涼介、本田翼
    ディーン・フジオカ、蓮佛美沙子
    本郷奏多、舘ひろし

アニメと実写映画、『鋼の錬金術師』シリーズはどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

実写映画
作品名 配信状況
鋼の錬金術師 レンタル

dTVなら初回初月無料で見れる!
月額550円(税込)で映画、ドラマ、音楽ライブにフィットネス動画まで大充実で楽しめるのがdTV!
※AppStore、GooglePlayで課金すると650円高くなってしまうのでこちらのWEB上からの登録がオススメ!
※dポイントを月額の支払い、レンタル作品の購入に使用できます。
携帯電話会社がドコモ以外の方でも利用できます。

dTVの初回無料おためしはここから

本作品の配信情報は2022年11月9日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

アニメ(2009年版)
作品名 配信状況
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
配信期限:2022年12月19日
OVA 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
配信期限:2022年12月29日
鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星
配信期限:2023年1月6日

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに150誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
※ポイントはレンタル作品や電子書籍などに使えます。
ダブルスコアをつけて2018年2月の調査開始時よりずっと「見放題作品数No.1」!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2022年11月9日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

アニメ(2003年版)
作品名 配信状況
鋼の錬金術師
劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者
アニメ(2009年版)
作品名 配信状況
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
OVA 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
鋼の錬金術師 嘆きの丘 (ミロス) の聖なる星

日テレ系ドラマ、バラエティに強いのはHulu!
見逃し配信、Hulu独占ドラマ「Huluプレミア」も注目。
配信本数10万本を突破!
視聴機器も多彩に用意。パソコンにスマホ(iPhone, Android)にタブレット(iPad)。Fire TV、AppleTVなど他にも多数対応。ゲーム機ならPS4にPS5。そしてHuluはなんとニンテンドースイッチでも見れる!
支払い方法はクレカにPayPay、LINE Pay、キャリア決済など様々な手段が用意されています。
2週間無料で視聴できます!

Huluの無料体験はここから

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

アニメ(2003年版)
作品名 配信状況
鋼の錬金術師(2003年TVシリーズ) レンタル
劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 レンタル
アニメ(2009年版)
作品名 配信状況
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST レンタル
OVA 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST

フジテレビ系ドラマ、映画に強いのはFODプレミアム!
Amazon Payかクレジットカードで登録すれば初回2週間無料で見れる!
アニメや海外ドラマも配信!さらに160誌以上の雑誌も読み放題!雑誌読み放題も月額基本料に含まれているので追加料金必要無し!もちろん無料体験中でも雑誌読み放題を利用できます。
FODの無料体験はここから

この記事は2022年11月9日時点の情報となります。配信が終了している可能性がございますので、FODオフィシャルサイトにて、必ず最新の情報をご確認ください。

dアニメストアで配信中の作品

アニメ(2003年版)
作品名 配信状況
鋼の錬金術師
劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者
アニメ(2009年版)
作品名 配信状況
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
OVA 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星

アニメを見るならdアニメストア!
専門サービスだからこその圧倒的ラインナップで初回31日間無料で見れる!
ど定番のアニメ見放題サービスでありながらわずか月額440円(税込)!
お客様満足度 4年連続No.1(2020年 オリコン顧客満足度® 調査 定額制動画配信 アニメ部門 第1位)
ドコモユーザー以外の方でも利用できます。

dアニメストアの無料体験はここから

※ドコモの回線契約またはspモード契約がないお客さまが本サービスをご利⽤いただくためには「dアカウント」が必要です。spモード契約でのご利用とサービス内容やお支払い方法が異なる場合があります。
※初回31日間無料(31日経過後は自動継続となり、その月から月額料金全額がかかります。)
※契約日・解約日に関わらず、毎月1日〜末日までの1か月分の料金が発生します。別途通信料その他レンタル料金等サービスによっては別料金が発生します。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

アニメ(2003年版)
作品名 配信状況
鋼の錬金術師 レンタル
劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 レンタル
劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者(dアニメストア) オプションチャンネル
アニメ(2009年版)
作品名 配信状況
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST レンタル
OVA 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST レンタル
鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星 レンタル
鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星(dアニメストア) オプションチャンネル
実写映画
作品名 配信状況
鋼の錬金術師 レンタル

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

アニメ(2003年版)
作品名 配信状況
鋼の錬金術師 DVD
鋼の錬金術師 劇場版 シャンバラを征く者 DVD
アニメ(2009年版)
作品名 配信状況
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST DVD
鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星 DVD
実写映画
作品名 配信状況
鋼の錬金術師 DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。新作・準新作は月8本、旧作は借り放題。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません

口コミ・感想

アニメ『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
一言で言うと最高です!!!
胸が熱くなるシーンあり、涙が止まらないシーンもあり、自分ってアニメにこんな感情移入できるんだなって思うくらい、のめり込みました。
エルリック兄弟のことを全力で応援して、一緒に泣いて、詳しく話すとネタバレになってしまうので言えませんが、見ればきっとわかります。そして気持ちを誰かと共有したくなります。
つまらなかった、と言っている人をわたしは見たことがありません。
ルールを犯した兄弟の物語なので、少し胸が痛い場面もありありますが、そこもこのアニメの良いところです。
中には、作者がどんな生活をしてたらこんな物語が浮かぶんだ?と思うような悲しい真実もありました。
勘のいいエドはそれに気付きますが、私は気付きたくなかったですね。
生きていくなかで、良いことばかりではなく辛いこともたくさんあります。
そこがうまく表現されていますし、なによりも旅の中で出会う人たちが本当に魅力的です。
わたしがアニメにハマるきっかけになった作品です。
ぜひ、見たことのない人や気になっている人は見て欲しいです。
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
この作品は私の人生の中でも1、2を争うくらいすきなダークファンタジー作品です。映画みたいにしっかり作画もされていて、こうゆう作品見ていて心地いいです。
少年がその悲願を叶えるために物語の最後までその信念、心情を丁寧に描かれています。長いのにも関わらず最後まで信念を貫き通す。登場人物一人一人に信念があって、その気持ちが交差していくのがそれがまた心地よくて名シーンがたくさんあります。また、行ったり来たりせずその気持ちが途切れずに伝わってくる最後まで駆け抜けた作品です。何回見ても最後まで一気に見たくなってしまいます。
最後の最後までエルリック兄弟の生き様に心揺さぶられました。
またなんと言っても曲が名曲ばかりなんですよね。作品の疾走感そのままにエンディングまで見れちゃいます。
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMISTの感想ですがこのアニメの良いところはなんといってもダークファンタジー作品としてかなり優秀だと思えるところです。
内容としてはかなり暗いテーマの作品ですがただ暗いだけでなく時折あるギャグのおかげで作品全体が暗くなってしまわないようになっているのが良いです。

重たいテーマを扱っているからこそ見ていて辛くなって嫌にならないように工夫されていると思いました。
また、命に対する向き合い方について考えさせられる内容となっていて大人も子どもも見ていて面白いと思える内容になっているのも良かったです。

アニメのクオリティも高く10年以上前のアニメですが今でも十分綺麗な作画で見応えがあります。

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
2003年に放送されていた鋼の錬金術師が、2009年に新しくフルメタルアルケミストとして放送された鋼錬。2003年に放送されたアニメは、途中からアニオリとして放送されており、フルメタルアルケミストの方は一から原作通りに放送されると言うことで、放送当時楽しみにしていました。声優さん達も2003年版のキャストのままと言うことで、また皆の活躍が見られるんだと嬉しさでいっぱいでした。主人公のアルフォンスとエドワードの兄弟は、幼い頃に亡くなった母を生き返らせるために、錬金術で禁忌である人体錬成をして失敗をしてしまいます。錬金術には代償を伴い、兄のエドは右腕と左足を弟のアルは、身体を失ってしまい身体を元に戻すために賢者の石を探す旅に出る。という、衝撃的な始まりに見始めた当初は衝撃を受けました。物語が進んでいくにつれ幾度となく決断せざるを得ない状況に追い込まれる兄弟と仲間たち。私なら心が折れて諦めてしまいそうになるような状況でも、絶対に諦めてやるもんか!という強い意志に、境地に立たされても諦めないで前に進んで行くことの大切さや、支えてくれる仲間たちと出会うことの大切さ、そして2人の兄弟の決断する勇気に心が打たれます。
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
このアニメの面白いところは、主人公のアルとエドが様々な困難を乗り越えながら成長し、兄弟の絆を深めていくところです。主人公だからといって完璧ではなく、未熟さもあり臆病なところもある人間らしさが魅力的でした。さらに原作が少年漫画だとは思えないほどダークな展開が多く、命について考えさせられる場面も多かったです。そのため、物語により深みを感じることができました。サブキャラクターで魅力を感じたのは、ロイマスタング大佐です。ロイマスタング大佐は特殊な手袋をはめた状態で指パッチンをして火を操るのですが、その能力を発動するときのビジュアルがとにかくカッコいいです。冷たい性格をしているようで、実はエドとアルのことを優しく見守っているところも好きです。
鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
主人公のエルリック兄弟が、一度錬金術に失敗したことから、何とか錬金術によって元の姿を取り戻そうとする姿が良かったです。見ていて好感が持て、頑張る2人を応援したくなりました。そこからあえて、国家錬金術師になる道を選び、錬金術の秘密を求めて旅をするストーリー展開がとても面白かったです。彼らの行く旅先には同じ錬金術を扱う人物がいましたが、その使い方がそれぞれ異なるので気になりました。以前にアニメ化された作品よりも、それぞれのキャラクターの動きや錬金術を扱うシーンにも迫力があり、見ていてハラハラしました。また、それなりに原作に沿ったストーリー展開だったので、内容も分かりやすくて鋼の錬金術師特有の世界観にもついていきやすかったです。

実写映画『鋼の錬金術師』

実写映画『鋼の錬金術師』
私は鋼の錬金術師が大好きで実写映画化された作品も劇場に観にいきました。
大人気のマンガが原作の作品で、錬金術を使うファンタジー色の強い物語なので、実写でどこまで再現できるのか、映画が公開する前から原作ファンの間では話題になっておりました。
この映画を観て、私が最初に感じた事は制作スタッフの技術力が凄いなと正直に感じました。主人公のエドワードが錬成するシーンが度々ありますが、錬成のCGに違和感がありません。弟のアルフォンスの鎧の体も忠実に再現されていて感動しました。
物語の中盤戦闘シーンの中で、マスタング大佐が手から炎を出すシーンでは、本当に火を使っているようなリアルさで、映像に見応えがあります。
演じているキャストも豪華で、山田涼介さん、ディーン藤岡さん、本田翼さんと大人気の役者さんばかり出演しているので、鋼の錬金術師の原作を知らない人でも十分楽しめると思います。
私はこの映画は実写化されて、成功した作品のひとつだと思います。
実写映画『鋼の錬金術師』
原作ファンのもので、実写化に不安を覚えたもののやはり気になってしまって視聴しました。ストーリーは上映時間内に収めるための映画あるあるぐらいのハイペースで概ね原作に忠実です。かつ、終盤のオリジナル展開も意表を付いていて私は思わず「おぉ」と声に出して、普通に黒幕にビックリしてしまいました。原作ファン故に意外性でした。しかし、この映画でもっとも評価すべきはやはりキャスティングです。山田涼介くんがエドにしては格好良すぎないかと思ってしまうぐらいですが、敵側の俳優達がハマり過ぎて最高です。特に松雪靖子さん、本郷奏多さんはビジュアル、演技が満点すぎてこれだけでも見れて良かったーと思えます。個人的には大泉洋さんの演技も最後まで注目です。
実写映画『鋼の錬金術師』
ハガレンの原作の魅力である、それぞれのキャラクターが能力をぶつけ合って戦うシーンが、クオリティの高いCGで再現されているところが良かったです。キャラクターの見た目も結構再現度が高くて、特に内山信二が演じているグラトニーがこの作品の中で一番原作に近かったと思います。そしてこの作品のもうひとつの良かったところは、原作の面白かった部分を抜き出してそれを上手くつなげて一つの物語にしているところです。なので退屈なシーンがなく、定期的にちゃんと盛り上がりどころがやってくるので楽しめました。アクションだけではなく、エドとアルの兄弟の固い絆を感じられるシーンなど感動的な場面もあり、笑える場面もあったりして良かったです。
実写映画『鋼の錬金術師』
荒川弘の同名人気漫画を実写映画化した本作ですが、なかなか映像化が難しそうな原作の雰囲気をうまく表現できていると思います。明らかに日本とは違った西洋っぽい世界が舞台なので、イタリアで撮影をしたというのは正解だったと思います。役者陣に関しても、海外の俳優を使った方が良いんじゃないかと思っていましたが主人公エドワードを演じた山田涼介やロイ・マスタングを演じたディーン・フジオカなど原作の雰囲気を壊さないキャストの起用で割と違和感なく観る事が出来ました。ストーリーに関しては、全27巻もある原作を1本の映画にまとめているので正直散らかっている部分もあるのですが、映像の迫力などでカバーできていると思います。
実写映画『鋼の錬金術師』
キャストの原作のキャラクターへの再現度が非常に高かったです。特に印象的だったのが松雪泰子で、演技力にも定評がある女優だから見事なラストになっており、しかも原作とはちょっと違うラストの表情も描かれているのでファンは必見だと思ました。また、映像や演出も非常に作りこまれていたから錬金術のシーンは圧巻で、アルの動きも滑らかだったので全く違和感なく見れました。そして、ストーリーに関しても原作を要約した感じだったから非常に見やすく、テンポもよかったから見やすかったです。さらに初めてこの作品を見る人も見やすいようになっており、ナレーションもエドの声優を務めた人がやっているのも感慨深いものがありました。
実写映画『鋼の錬金術師』
アニメ「鋼の錬金術師」を見て好きだったので、ちょっと怖いもの見たさで実写版を視聴。結論から言うと、個人的にはこれはこれでアリ!そう素直に思える作品でした。ただ、大人気作品ゆえに原作に並々ならぬ思い入れを持っている人は、どうしても違和感を覚えてしまうかも。でも、思った以上に主役である山田涼介くんはエドしてるし他の登場人物もしかり。かっこいいしキレイです。ヨーロッパの美しい風景も手伝い、画面全体に広がる壮大さだけでも十分に見る価値があるな、と。また、CGもすごくやっぱり実写ならではの迫力を楽しめたところも個人的には良かったです。最後は続編をにおわす形で終わっているので、ぜひまた続きを作ってもらいたいです。

鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー

鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー
原作も漫画もアニメも全部見てきた大好きな作品ゆえ、実写化の完結編もしっかり見に行ってきました。何よりも前作以上にしっかりと原作に寄り添っている印象を受けたところが良かったです。それでいて、三次元ならではの演出もしっかり。原作を一度全部分解してその中に含まれている要素を上手に再錬成した。そんな印象を受けました。特に、スカー側に視点が置かれている分だけ、良くも悪くも戦争の悲惨さが際立っていました。本当に意味のある戦争なんてこの世には存在しない。現実感のある映画ではないものの、しっかりとその思いは伝わってきました。また、見どころである列車の上や市街地で繰り広げるバトルアクションもすごい迫力でした。スピード感ばっちりでCGの出来も良く、すごく見応えがありました。
鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー
人気漫画、特にファンタジー系作品の実写化作品は批判を受けがちですし、実際鑑賞した感想としても、映像面でツッコミどころは多かったなという印象はあります。でも、あまり映像方面で重箱の隅をつつくような真似をしていても、生産的なことは何もないと思うのですよね。実際、出演した役者さんたちは、原作キャラクターを再現しようと奮闘してくれていたと思います。特に主演の山田涼介さんと、適役の新田真剣佑さんのアクションシーンはかなり素晴らしかったと思います。元々バトル色の強い漫画ですから、アクションはとても大事ですよね。気になったのは全体として雰囲気が暗めだったこと。シリアスな話で暗めになるのは仕方ないにしても、もうちょっと明るいシーンを増やしても良かったなと感じました。
鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー
山田くんのファンで観に行きました。コスプレ感というか、やっぱりアニメを実写化するときって違和感があるからそこが気になったけど、さすが、山田くんだからコスプレ感なかったです。ストーリー展開もうまくまとまっていたし、急ぎ足でエンドロールってなる心配もなく、原作を忠実に守った感があって観やすかったです。海外ものはCGが少し気になるけど、日本の技術は向上してるから気になりませんでした。ただ、ウィンリィの金髪ではない茶髪感が残念、せっかくなら統一してほしかったです。でも、舘ひろしさんとか、キャストも大御所がいて、キャラクターを知らない人にも見ごたえたっぷりだと思います。錬金術を使うあたりは、映画館で見てほしいです。
鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー
こんなに楽しい作品に出会えたのは久しぶりです。幸せ感満載です!原作は読んではいませんが、エンタメ作品としてこれほど見る人を楽しませる作品はあまりありません。作品の中では新田真剣佑のギラギラとした復讐心が根底にあり、四つのグループが不老不死に関係した戦いを展開しますが、そのストーリー展開のテンポは秀逸です。新田真剣佑の深刻さに対して、山田の繰り出すギャグのような口調や、本田翼の色気や、クールな美しさを誇る蓮佛を見ていると、まさに絶妙のバランスで作品が仕上がっていると言えます。そして、有名な俳優陣たちが無駄遣いのように出てきますから、空いた口が塞がりません。贅沢な料理を前にした気分でしたので、本当に感謝しかありません。
鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー
かなり知名度の高い漫画『鋼の錬金術師』を原作とした実写映画です。前作の評判はそれなりでしたが、今作は前作から一新されたかっこよさで、まったく次元が違います。今作では、主人公のエドとアルは国家錬金術師の査定のためにセントラルに向かうのですが、その中で色々な事件に巻き込まれます。なぜか国家錬金術師だけが狙われているそれらの事件には、ある容疑者がいました。その容疑者は、額に傷があることから、「スカー」と呼ばれていました。様々な人々と出会っていたエドですが、その中で、スカーと戦うことになります。あまりに強い彼から逃げたエドは、スカーを倒すことを決意するわけですが、その過程の映像美が素晴らしく、見ていて感嘆するほどでした。それだけでも見る価値があると思います。キャストのかっこよさも必見です。
鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー
漫画の実写化作品はストーリーが大切なのは当たり前ですが、キャラクターの再現度も大切です。そういう意味でも、この映画はかなり成功していると考えられます。しかも主役キャラクターだけではなくて、脇役も漫画とかなり似たビジュアルを再現できているところが素晴らしかったです。アクションシーンの迫力もかなり素晴らしくて、普通の格闘からCGを使った能力バトルなど、様々なバリエーションを見せてくれるので全く飽きませんでした。出てくるキャラクターの数は多いですが、誰が味方で誰が敵なのかという構造がハッキリしているので、混乱することもなく見やすいです。ストーリーはシンプルですがその中に深みもあって、良い感じに楽しめる作品でした。

鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成

鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成
鋼の錬金術師は、漫画は読んでおらず、映画はすべて見ています。一緒に観に行った相方が、前回の「鋼の錬金術師 完結編 復習者スカー」から後、話がまだまだあるから1本にまとめるのは大変じゃないかなあ…と言ってました。見た結果、相方はなんとか頑張ってまとめていたと高評価でした。私は話のスピードについていくのがやっとでした。アルの顔が今までなかなか出てこなかったのですが、今回やっと出てきて「きれいな顔の人だなあ」と見とれてしまいました。水石亜飛夢さんという俳優さんを後でネットで調べたほどです。強くて綺麗な栗山千秋もいい味を出していました。山本耕史と兄弟で戦うシーンは山本耕史が面白くて笑えました。個人的には面白かったですが、漫画を読んであると、より一層楽しめたかなと思いました。
鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成
この作品は原作の有名なシーンを詰め込みながら、劇場版オリジナルの要素も少しいれて、原作ファンを飽きさせないようにしているのが伝わってきました。話が進んでいくスピードが相当早いので、気を抜いているとあっという間についていけなくなると思います。ただこのテンポの良さがあることによって、退屈せずに最後まで楽しみながら鑑賞することができて良かったです。アニメや漫画の実写化はついついコスプレのような安っぽさに見えてしまいがちですが、この作品の場合はそんなことはなかったです。それぞれの俳優達が自分に一番マッチしたキャラクターを演じられているように感じました。主人公を演じた山田涼介さんも、前作より演技の幅が広がっているように見えて感動しました。
鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成
漫画もアニメも見てからの実写化を見ました。とにかく、漫画の絵がそのままに動くアニメ化と違って、実写化になるとその差だったり、ストーリーをまとめなくてはならないから、むずかしいところではあります。熱烈なファンではないので、個人的には違和感はなかったです。映画を見終わったあと、「よく再現してる」っていうキャラクターの話しになるくらい、役者がよかったです。特に、山本耕史さんのあの肉体美は、さすがに鍛えたんだろうって感動しました。見せびらかすに相応しい戦いっぷりです。栗山千明さんはそのまんま、クールな美女っていうのが合っていました。メイクも凝っているんだろうなぁっとか、喋りまでキャラクターに似せた役者さんがいたりして、展開的に魅了されました。
鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成
原作がある映画で最初だけで残りは未読なのですが、面白かったです。アクションが素晴らしかった。展開のテンポが良くて、あっという間の2時間ちょっとでした。1番の見どころはアクションがすごいところ。さらに、ストーリー展開は、先が読めないシーンが多くて、凄く興奮して観られました。この作品は、歴史と東西の融合している独特の世界観なのが、良いのだと思います。グロいシーンはないから安心して家族とも観れると思います。キャスティングは、原作に似せているからか、良かったです。主演の山田涼介さんが二役を、見事に演じてました。出演者も演技力があって、セリフもカッコ良いのが多かった。キャスティングから原作を最後まで読んでみようと思いました。
鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成
完結編らしい素晴らしい出来に感激しました。原作を読んでいませんでしたので、最初のうちは誰が敵で、誰が味方なのか判りませんでしたが、見ていくうちにどんどん内容が把握できてきて、最後にはスッキリ爽快な気分になりました。見終わったら、こんな楽しい作品に出会えて感謝しかないと思いました。それにしても最高の敵がフラスコの中の煙という設定が、ものすごく面白くて興味深かったです。この作品の中では戦う男に対して、必ず強い女性がサポートしています。そのカップルの絶妙のバランスに感嘆しました。山田には本田がつきます。ディーンにはクールな蓮佛が、渡邉には黒島というように、そのツインソウルに拍手を送りたくなりました。ラストの本田と山田の愛の告白にも涙が自然と流れました。
鋼の錬金術師 完結編 最後の錬成
荒川弘の大人気漫画を映画化、「そして完結へ!」という作品でした。
今回はシリーズ最終章集大成という言葉が相応しい作品に仕上がっていて、物語が終焉に向かっていく中での、厳かな雰囲気や緊張感が良く伝わってきます。
原作を忠実に再現しようとした、制作サイドの心意気も存分に感じられ、原作ファンも「これなら納得!」という作品へのリスペクトを受け取れます。
ラストシーンの壮大な世界観は、逆に映画化したことによる良さも見られ、CGを駆使して上手く表現できていたのがポイントでした。
前2作での反省もきちんと生かし、最後のバトルシーンには胸が熱くなるものがあります。
キャスト陣の豪華さも充分にありますし、主人公のエドワード・エルリックを演じられた山田涼介さんは、ピッタリでした。
今おすすめのお得情報!