※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
動画配信状況

映画『騙し絵の牙』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2024年3月18日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2021年3月に劇場公開。
    騙し絵の牙
  • 監督
    吉田大八
  • 出演・キャスト
    大泉洋、松岡茉優
    佐藤浩市、池田エライザ
    斎藤工、中村倫也
  • 原作は塩田武士による小説『騙し絵の牙』

映画『騙し絵の牙』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

作品名 配信状況
騙し絵の牙

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに180誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
ポイントレンタル作品や電子書籍などに使えます。
1,500ポイントで映画館チケットへ交換可能※対象映画館一覧はこちら
不足分をチャージ(1pt=1円)すれば現在上映中の作品もお得に見れる!初回特典の600ポイント+不足分900ポイントチャージ。実質900円で映画館で見れる
そしてU-NEXTはダブルスコアをつけて2018年2月の調査開始時よりずっと「見放題作品数No.1」!
さらに2023年7月にParavi(パラビ)と統合TBSテレビ東京の番組に強くなってますますパワーアップ!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2024年3月18日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

作品名 配信状況
騙し絵の牙

日テレ系ドラマ、バラエティに強いのはHulu!
見逃し配信、Hulu独占ドラマ「Huluオリジナル」も注目。
配信本数14万本を突破!
視聴機器も多彩に用意。パソコンにスマホ(iPhone, Android)にタブレット(iPad)。Fire TV、AppleTVなど他にも多数対応。ゲーム機ならPS4にPS5。そしてHuluはなんとニンテンドースイッチでも見れる!
支払い方法はクレカにPayPay、LINE Pay、キャリア決済など様々な手段が用意されています。

Hulu公式ページはここから
※Huluに無料体験期間はありません。

Huluを始めるならディズニープラスとのセットプランもお勧め!
ディズニープラスはディズニー作品だけじゃない!ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナルジオグラフィック、スターなど多数の作品をラインナップ。Huluと相互に作品を補完しあって充実の動画生活を楽しめます。
ディズニープラスはスタンダード(月額990円)、プレミアム(月額1320円)の2プランがありますが、Huluとのセットプランは上位のプレミアムプラン(4K動画&4台同時視聴)になっています。
Hulu月額1026円、ディズニープラス1320円。これらがセット価格1490円でとってもお得!

Hulu Disney+ セットプラン
※Huluとディズニープラスのセットプランに無料期間はありません。
※また、ディズニープラス単体のサービスにも無料期間はありません。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

作品名 配信状況
騙し絵の牙

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

Leminoで配信中の作品

作品名 配信状況
騙し絵の牙

dTVがパワーアップしてLemino(レミノ)リニューアル
国内、海外の映画、ドラマ、アニメに加えて音楽ライブやLeminoオリジナル作品、人気の韓流ドラマなど豊富な作品がラインナップ。
初めてLeminoに登録する方は初月無料!
既にdアカウントをお持ちの方なら登録も楽ちんです。
※携帯電話会社がドコモ以外の方でも利用できます。

Leminoプレミアムの初回初月無料登録はここから

本作品の配信情報は2024年3月18日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはLeminoのホームページもしくはアプリをご確認ください。

FODプレミアムで配信中の作品

作品名 配信状況
騙し絵の牙

フジテレビ系ドラマ、映画に強いのはFODプレミアム!8万本以上の動画を配信!フジテレビの人気ドラマやアニメ、映画、バラエティ。さらに人気の韓流ドラマや海外ドラマ。そしてここでしか見られないFODオリジナルドラマなど、多彩なコンテンツが楽しめます。
さらに200誌以上の雑誌も追加料金なしで読み放題。様々なジャンルの雑誌があるので、通勤中や休憩時間にも楽しめる!
視聴端末は、スマホ(iPhone、Android)、タブレット、パソコン(Windows、mac)、そしてFire TVやChromecastを使えば、大画面のテレビでも楽しめます!
FODプレミアム公式はここから
※FODプレミアムに無料期間はありません。

この記事は2024年3月18日時点の情報となります。配信が終了している可能性がございますので、FODオフィシャルサイトにて、必ず最新の情報をご確認ください。

Paraviで配信中の作品

Paraviは2023年7月にU-NEXTと統合しました。
作品の配信状況はU-NEXTを御覧ください

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
騙し絵の牙 DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。新作・準新作は月8枚、旧作なら8枚制限なし。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません
※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。

実際にTSUTAYA DISCASを使ってレビュー!宅配DVDのメリットや評判を紹介動画配信サービスの全盛とも言える今だからこそDVD/Blu-rayのレンタルサービスTSUTAYA DISCASを特集! 実は映画...

口コミ・感想

この映画は、次から次へと現れる個性的なキャラクターたちと、彼らと騙し合いで渡り合う主人公速水輝を、主演の大泉洋さんが一流の飄々とした雰囲気で演じるところが見どころの映画です。元々原作小説からして大泉洋さんをイメージしながら描かれたそうで、まさに彼の役者としての魅力を最大限に引き出す舞台として制作されたような作品ですね。しかも衰退しつつある出版業界の経営的に厳しい内情がかなり生々しく描かれています。私たちが日常生活で何気なく接している雑誌ですが、編集部を中心に様々な人々が関わり合って発行されていることがよく分かりますし、その雑誌の廃刊はそれだけ多くの人々に影響を与える出来事なのだと思い知らされる映画でした。
この映画の良かったところは、大泉洋さんが演じる人物が変人っぽさもあるけれどカリスマっぽさもある絶妙な人物を演じられていたところです。大泉洋さん自体がまさに変人とカリスマの二面性を持っている人だと思うので、すごく自然な感じがしました。あとは出版業界のいざこざや本を売り出すときの流れなど、普段は知ることができないような裏事情を知れたのもこの映画の良かったところです。もちろん映画的に誇張している部分もあるかと思いますが、業界の中でのプレッシャー、仲間からの裏切り、上司からの理不尽な叱責など、社会人として共感できるところもたくさんありました。エンターテイメントとして楽しませつつ、現実的なところもあるというかなりバランスのとれた作品だと思っています。
とにかく大泉洋さんの大ファンなので、すべての出演作を見ています。今回の洋ちゃんも良かった。年をとればとるほどもっともっと深みが出てきて演技お化けになっているように感じます。映画自体もとても良かったです。原作とはかなりかけ離れた作品なので、完全にオリジナルだと割り切ってみた方がいいです。映画のタイトルにある通り、騙し騙されの展開で複数の伏線があり、それを見事に回収していく展開で飽きることなく没入できました。ドキドキするどんでん返しの繰り返しで娯楽性刺激性が高く楽しめました。大泉洋さんに惹かれてみた作品ですが、他の出演陣もとても豪華で、表現力がすさまじいです。個人的には松岡茉優さんがとてもいいなと思いました。これからもっと注目してみようと思いました。
塩田武士さんの小説を原作とした映画ですが、作者の塩田さんが公言しているように、主演の大泉洋さんを主人公の速水にアテ書きした、ということで、最初から映像化を考えられていたのでしょうね。アテ書きということで、主人公の速水は大泉洋さんがバッチリはまってます。といっても表現されているのは大泉さんの魅力の一部だとは思いますが。出版業界と大手の老舗出版社が登場してくるのですが、ここはちょっぴり大時代的ですね。一昔前の出版業界という感じもします。これだけ本が読まれない中で、幻の作家という設定には現実感はありません。それでも、大泉さん演じる速水の口車は非常に魅力的です。洗練されたうさん臭さとでも言うのでしょうか。ヒロイン的な立ち位置の松岡茉優さんがいいですね。酔わされてしまうところなど非常にコケティッシュでかわいらしかったです。
キャストがとにかく豪華なのが魅力でした。主演の大泉洋をはじめ、松岡茉優や池田エライザ、木村佳乃など若手注目俳優から名優まで出演し、特に池田エライザが可愛くてよかったです。また、ストーリーも原作がミステリー小説ということもあって非常にストーリーが作り込まれており、何度も二転三転しながらも最後は大どんでん返しが描かれているので、思わず手に汗を握るシーンも多く、中でも大泉洋演じる速水のラストの表情が非常に印象的で最後まで面白かったです。さらにミステリー要素だけでなく、コメディな要素も非常に多く盛り込まれているので、長澤まさみ主演で話題となったドラマ、コンフィデンスJPにハマった人は楽しめる作品だと思います。
この映画では、大泉洋さん演じる速水の活躍に期待して観ることができました。全員クセモノであり、裏切りや陰謀が渦巻く中で速水がどのように対処していくのか見どころであると思いました。無理難題を押し付けられてピンチを迎えてしまっている時に、どう頑張れるかが重要であると感じました。騙し合いバトルをしているシーンが見どころであると思いました。出版業界の厳しい状況について、考えながら映画を観ることができました。出版社で生き残りをかけて頑張っていくシーンに、感動を得ることができました。エンターテインメント映画になっていますので、飽きずに観ることができる点でおすすめできます。家族で観ることで、盛り上がるのではないかと思いました。
今おすすめのお得情報!