動画配信状況

映画『マイ・インターン』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2022年9月7日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2015年10月に日本で劇場公開。
  • 監督
    ナンシー・マイヤーズ
  • 出演・キャスト
    ロバート・デ・ニーロ、アン・ハサウェイ
    レネ・ルッソ、アンダーズ・ホーム
    ジョジョ・クシュナー、アンドリュー・ラネルズ

映画『マイ・インターン』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

作品名 配信状況
マイ・インターン レンタル

dTVなら初回初月無料で見れる!
月額550円(税込)で映画、ドラマ、音楽ライブにフィットネス動画まで大充実で楽しめるのがdTV!
※AppStore、GooglePlayで課金すると650円高くなってしまうのでこちらのWEB上からの登録がオススメ!
※dポイントを月額の支払い、レンタル作品の購入に使用できます。
携帯電話会社がドコモ以外の方でも利用できます。

dTVの初回無料おためしはここから

本作品の配信情報は2022年9月7日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

作品名 配信状況
マイ・インターン

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに150誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
※ポイントはレンタル作品や電子書籍などに使えます。
ダブルスコアをつけて2018年2月の調査開始時よりずっと「見放題作品数No.1」!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2022年9月7日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

作品名 配信状況
マイ・インターン

日テレ系ドラマ、バラエティに強いのはHulu!
見逃し配信、Hulu独占ドラマ「Huluプレミア」も注目。
配信本数10万本を突破!
2週間無料で視聴できます!

Huluの無料体験はここから

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

作品名 配信状況
マイ・インターン(字幕版) レンタル
マイ・インターン(吹替版) レンタル

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
マイ・インターン DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。新作・準新作は月8本、旧作は借り放題。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません

口コミ・感想

ロバート・デ・ニーロが演じるお爺ちゃんベンの素敵な人柄が際立つ映画ですが、同時に社会における老人に役割について考えさせられる映画でしたね。この作品内ではベンは最新のテクノロジー文化には疎いものの、優しい人柄や豊富な人生経験によって接する若い世代たちを魅了し、導いてゆきます。最初は邪険に扱い気味だった女社長のジュールズも彼を頼りにし、その支えで成功を勝ち取ってゆきます。この映画におけるベンは、社会における理想的な老人像そのものだと思えました。高齢化が進む世の中でシニア世代が積極的に社会のプレイヤーとなることが求められていますが、ベンというキャラクターは1つの目標ですね。現実は人の個性は様々で、周りの人間に馴染めない老人もたくさんいるのでしょうが、理想的な範を示すことは大切だなと思える映画でした。
ロバート・デ・ニーロのベン役がはまり役でした。リタイヤした男性が社会と積極的にかかわろうとするところが良かった。あわただしい現代社会を生きる私たちにとってベンのような存在は必要だと思いました。家にこもりがちになりそうなシニアの方が見ても元気をもらえる作品だと思います。アン・ハサウェイのジュールズはキュートでした。最初はいちいちベンにイライラしていたけれど、だんだんと心の交流がなされ、通じ合っていく姿が良かったし、その過程が丁寧に描かれていると思いました。いくつになっても挑戦を忘れないことの大切さ、そしてやはり人は他人との関わりのなかで成長していくものだなと思いました。見終わった後に心がホッコリと温かくなるストーリーです。
何度見ても元気をもらえる好きな映画の一つです。
主人公が65歳のおじいちゃんというのがとても魅力的でした。しかも、ただのおじいちゃんではなく、人としての器も広く人生経験豊富でみんなから愛されるタイプの職場に1人はいて欲しい様な人なので、1人の男として毎回勉強になるなと思って見ています。
アン・ハサウェイがあまり綺麗なキャラではなく、女性社長として服の通販会社をより良くしていこうと奮闘する姿を見ていてこちらまで笑顔になり、気持ちが暖かくなるのを感じました。
また、終盤にジュディの旦那さんの浮気現場を目撃した後のベンの反応が純粋で嘘がつかない性格なのだなと、そこでも好感度が上がりました。
旦那さんのストレスも考えると、浮気してしまったのは悪いことですが、あまり責められないのかなとも感じました。
年に何回かは見ている作品です。多くの人に見てほしいと思います。
アン・ハサウェイが好きなので視聴しましたが、蓋を開けてみるととても心温まるヒューマンドラマで、作品としても好きになりました。舞台がアパレル企業なので「海外のベンチャーってこんな感じなのか〜!」と観ているだけでワクワクしますし、効率主義の主人公がオフィスを自転車で移動しているのもクスッと笑えます。ベンはとても紳士的で若者に対しても敬意があり、余計な説教や文句を垂れずただ自分が出来ることを黙々とやる姿は、女性であってもお手本になります。映画なのでフィクションとして理想的に描いている知りつつも、このような素敵な老紳士が日本にも増えてほしいと心から思いました。主人公とベンの40歳差というギャップを、お互いの真心で越えていくところが心震えるポイントでした。
70歳になったベンが当時の最先端のファッションサイトのインターンになって働くというのが面白い設定だった。周りからは化石のように見られていたベンが、女性CEOのジュールズを含めちょっと人間的に未熟な若者の社員に対して、経験から来る問題解決能力で頼りにされるというという流れが面白い。ベンはそこを鼻にかけることなく常に謙虚なので観ていて好感が持てる。ジュールズがちょっとどうなの?と軽く思う事もあるのだが、そこが物語のフックとなっている。彼女に最後、大きな問題が出てくるが、その時もベンはアドバイスはするが適度な距離感で優しく彼女の決断を見守る。全体的には大作ではないがストレスなく観れて面白いなと思える作品。個人的に面白かったのはベンを演じるロバート・デニーロが作品中は本当に人の良さそうな好々爺みたいな顔だったのに、ブルーレイの特典にあるインタビューでは殺し屋みたいな顔で作品について語ってたのが面白かった。それがデニーロの普段の表情で、作品ではそれを見せずに、ずっといい人そうな顔で演じ通していた。それを見た後、一流の俳優ってすごいという感想しか出なかった。そういう視点で観るのもお勧めかもしれない。
何よりも配役がお見事!特に、まさかのロバート・デ・ニーロさんの好好爺役が本当に良かったです。彼のこれまでの演じてきた役のイメージからすると急にキレたりしない?そんな気持ちを抱かせるものの、周囲みんながおかしな状態ゆえ、異質であるはずの彼が一番まともに見えるところがとても面白かったです。また、顔芸というか表情豊かな演技も本当に見事でたくさん笑わかされました。
後、わかりやすいストーリーも個人的には好みでした。現実はそううまくいくことはないですが、フィクションの世界はこれくらいうまく行き過ぎなサクセスストーリーがやっぱり良いな、と。現実的ではありませんが、キャストの演技がみんな魅力的なこともあり、気持ちよく見れる作品だと思います。
今おすすめのお得情報!