動画配信状況

映画『そして、バトンは渡された』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2021年11月25日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2021年10月に劇場公開。
  • 出演・キャスト
    永野芽郁、田中圭
    石原さとみ、市村正親
    大森南朋、岡田健史
  • 原作は瀬尾まいこによる小説『そして、バトンは渡された』
    2019年 本屋大賞 受賞作。

映画『そして、バトンは渡された』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

取り扱いはしていませんでした。

口コミ・感想

今までに2回観ました。
感動して泣けると聞いていたのでハンカチは大きめのハンドタオルを用意して鑑賞。
1回目・・・号泣
2回目・・・さらに号泣
2回目の号泣はそれぞれの登場人物の気持ちが理解できて感情移入してしまったためです。
とにかく永野芽郁さん演じる森宮優子が素直で可愛い。
そして田中圭さん演じる優子の父、森宮さんもちょっと気が弱そうなところに親しみがもてました。
二人の親子の会話がなんといっても微笑ましいです。
その他、優子ちゃんに関わる登場人物がみんないい人ばかりなのも観ていて優しい気持ちになれました。
「4回も名字が変わる状況って、いったいどういうことなんだろう?」「命を懸けたうそってなに?」という疑問を持ちながら観ましたが、見終わった後に「ああ、そういうことだったのか!」と疑問が解けるすっきり感も味わえました。
中学1年生の息子と観ましたが「いい映画だったね」と感想を言っていました。そして今、原作本も買って読んでいます。
親子で観るものおすすめします。
こんなに泣いたのは、久しぶりでした。しゃくりあげるように声まで出て、替えのマスクを持って行って正解でした。あまり前情報は入れずに、初日に観に行きました。現在は、公式サイトなどで、優子とみいたんが同一自分だということを明かしていますが、知らずに観たので驚きでした。だから、もう一度いろいろ確認しながら観たいと思ってしまいます。きっとそういう人が多いのでしょうね。だから、今も観る人がたくさんいるのでしょう。なんといっても、森宮さんと優子がいいです。血はつながっていないし、お父さんと呼ぶこともなく、森宮さんと呼ぶ優子ですが、心の通じ合った立派な親子です。何度も苗字が変わっていても、辛いことはなくて、のんびりした明るい女の子なのは、森宮さんのおかげです。最後に全部の話がつながった時、感動が襲ってきます。しあわせな涙を流して、心が潤います。
原作は本屋大賞を受賞した人気小説だとのことでしたが、私は原作を知らず試写会にてこの映画を鑑賞しました。物語は、いくつかのストーリーが独立して進みながらも途中で交錯し進んでいきます。そして最後に全てが繋がります。最後は感動で涙が止まらず、しばらく席を立つことが出来ませんでした。愛情、献身、やさしさが詰まった映画です。全ての登場人物に愛を感じました。見終わって私自身、誰かを幸せにするためにどれだけ献身的な行動ができるだろうかと考えさせられました。出演者の演技も素晴らしかったです。特に田中圭氏のやさしさ溢れるお父さん役が素晴らしかったです。見終わった後、優しい気持ちになれる映画です。個人的には今年の邦画NO1です。
二人の母親に三人の父親という設定にびっくりしました。ただ、昔見たマンマミーアでは誰が父親かわからないで、三人が父親という設定がありましたが、それを思い出してしまいました。この作品では、最初、謎的なことばかりで石原がなぜあんなに悪女っぽいのかわかりませんでしたが、後になったら天使になるのですからものすごいドンデン返しです。そのほかの謎も明かされるたびに感動の嵐がやってきます。それから最初二つの家族の話が同時進行していると思い込んでいましたが、途中から永野一人のことだということがわかり、この作り方もまさに秀逸でした。全編を通して苦悩やいろんなことが起きますが、それらは全て人生に必然のことであり、不幸も幸福も全て受け入れるのが人生だということを教えてくれたとても素敵な作品だと納得しました。
複雑な家庭関係のなかで振り回されてしまう主人公の優子が可哀想で、しかもそんな状況でも常に笑顔を忘れない彼女の健気さにさらに胸を締め付けられました。この作品の面白いところは、登場人物の印象が物語の進行と一緒にどんどん変化していくところです。特に石原さとみ演じる梨花は、最初は嫌な母親にしか思えなかったのにだんだんとその裏事情がわかるにつれて同情の念を抱くようになりました。優子が複雑な家庭環境に置かれているように、この映画を見ている人も複雑なストーリーに振り回されている構造が面白かったです。そして真実がどんどん明らかになると、それに比例して感動できるシーンも増えていくところもこの作品の良いところです。特に終盤の辺りは涙が止まらなくなってしまいました。
この映画では、永野芽郁、田中圭さんの活躍があり、演技力がとても素晴らしく感じられ一緒に泣くことができました。2つの家族について考えながら観ることができました。親が子供たちの為に、愛情を込めて接しているシーンが印象に残りました。血の繋がらない親子である森宮さんと優子を観て、「家族」とは何かについて考えることができ、家族と一緒に過ごす時間の大切さが伝わってきました。親たちがついていた命をかけた嘘について考えて観ると、映画が面白くなってくるのではないかと思いました。また、映画のタイトルについて考えていくと、映画が終わった後にスッキリするのではないかと考えられました。今年、一番泣ける映画だと考えられ、多くの方におすすめすることができる内容になっていました。
今おすすめのお得情報!

Amazonで年に1度の大型セール「ブラックフライデー」が開催中!

動画視聴に便利なFire TV Stick半額

さらに4K映像にも対応した最新型のFire TV Stick 4K Max3,000円オフ

ブラックフライデー12月2日(木)23:59まで


Amazonの音楽聴き放題サービス「amazon music unlimited」が3ヶ月無料!
通常1ヶ月無料のところを今なら3ヶ月も無料で使えます。
対象者の場合はリンク先で3ヶ月無料が表示されます。
キャンペーン期限 2022年1月10日まで。

Amazonの音楽聴き放題はこちら


話題のドコモ格安プランahamo(アハモ)」!
申し込み受付はネットから。

月額2,970円(税込)でデータ容量はたっぷり20GB。
国内通話5分無料。
時間帯による速度制限なし。
4G/5Gどちらも使えます。

ahamoのネット申し込みはこちら

ahamoって何?という方はこちら

 

ahamo qr画像