※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
動画配信状況

映画『おくりびと』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2024年3月29日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2008年に劇場公開。
    映画「おくりびと」【TBSオンデマンド】
  • 監督
    滝田洋二郎
  • 音楽
    久石譲
  • 出演・キャスト
    本木雅弘、広末涼子
    山﨑努、峰岸徹
    余貴美子、吉行和子
  • 受賞
    第32回 日本アカデミー賞 最優秀作品賞
    第32回 モントリオール世界映画祭 グランプリ
    他、多数の賞を受賞。

映画『おくりびと』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

作品名 配信状況
おくりびと

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに180誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
ポイントレンタル作品や電子書籍などに使えます。
1,500ポイントで映画館チケットへ交換可能※対象映画館一覧はこちら
不足分をチャージ(1pt=1円)すれば現在上映中の作品もお得に見れる!初回特典の600ポイント+不足分900ポイントチャージ。実質900円で映画館で見れる
そしてU-NEXTはダブルスコアをつけて2018年2月の調査開始時よりずっと「見放題作品数No.1」!
さらに2023年7月にParavi(パラビ)と統合TBSテレビ東京の番組に強くなってますますパワーアップ!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2024年3月29日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

作品名 配信状況
おくりびと

日テレ系ドラマ、バラエティに強いのはHulu!
見逃し配信、Hulu独占ドラマ「Huluオリジナル」も注目。
配信本数14万本を突破!
視聴機器も多彩に用意。パソコンにスマホ(iPhone, Android)にタブレット(iPad)。Fire TV、AppleTVなど他にも多数対応。ゲーム機ならPS4にPS5。そしてHuluはなんとニンテンドースイッチでも見れる!
支払い方法はクレカにPayPay、LINE Pay、キャリア決済など様々な手段が用意されています。

Hulu公式ページはここから
※Huluに無料体験期間はありません。

Huluを始めるならディズニープラスとのセットプランもお勧め!
ディズニープラスはディズニー作品だけじゃない!ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナルジオグラフィック、スターなど多数の作品をラインナップ。Huluと相互に作品を補完しあって充実の動画生活を楽しめます。
ディズニープラスはスタンダード(月額990円)、プレミアム(月額1320円)の2プランがありますが、Huluとのセットプランは上位のプレミアムプラン(4K動画&4台同時視聴)になっています。
Hulu月額1026円、ディズニープラス1320円。これらがセット価格1490円でとってもお得!

Hulu Disney+ セットプラン
※Huluとディズニープラスのセットプランに無料期間はありません。
※また、ディズニープラス単体のサービスにも無料期間はありません。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

作品名 配信状況
映画「おくりびと」【TBSオンデマンド】 レンタル

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

Leminoで配信中の作品

作品名 配信状況
映画「おくりびと」 レンタル

dTVがパワーアップしてLemino(レミノ)リニューアル
国内、海外の映画、ドラマ、アニメに加えて音楽ライブやLeminoオリジナル作品、人気の韓流ドラマなど豊富な作品がラインナップ。
初めてLeminoに登録する方は初月無料!
既にdアカウントをお持ちの方なら登録も楽ちんです。
※携帯電話会社がドコモ以外の方でも利用できます。

Leminoプレミアムの初回初月無料登録はここから

本作品の配信情報は2024年3月29日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはLeminoのホームページもしくはアプリをご確認ください。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

Paraviは2023年7月にU-NEXTと統合しました。
作品の配信状況はU-NEXTを御覧ください

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
おくりびと DVD
舞台版
作品名 配信状況
舞台 おくりびと DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。新作・準新作は月8枚、旧作なら8枚制限なし。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません
※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。

実際にTSUTAYA DISCASを使ってレビュー!宅配DVDのメリットや評判を紹介動画配信サービスの全盛とも言える今だからこそDVD/Blu-rayのレンタルサービスTSUTAYA DISCASを特集! 実は映画...

口コミ・感想

「納棺師」という仕事を一気にポピュラーなものにした一作です。山形県庄内地方の美しい風景が映画を彩っています。この自然の豊かさに視る人は圧倒されるはずです。納棺師として働き始めた主人公は妻にそれを隠しており、ばれたら彼女に納棺師であることに反発されます。私は祖父が無くなったときの納棺師の丁寧な仕事ぶりに感動した過去があるので、なぜ「納棺師であることがはずかしい」のかが理解できませんでした。映画の中で、納棺師への差別は「納棺師の仕事を見たことがないから」で「見れば必ず納棺師に感動する」ことを丁寧に描いていて、なるほどなと納得できました。主人公の父親が亡くなったときに「すべての葬儀屋が遺体を丁寧に扱うわけではない」ことも描写しており、勉強になる映画でした。いつかは来ることを避けられない身近人との死別について考える機会になる映画でもあります。
私がこの作品に出会ったのは、学生時代の頃でした。
葬儀というものに参列したのは数回。人の死というものが今よりも確実に身近ではなかったのですが、おくりびとをみて、人の死、そしてそれに携わるかたに対してのみかたが、明らかにポジティブなものに変わりました。
死というのは怖いだけではなく、誰にでも等しく訪れる当たり前のことなのだと、とらえることができるようになりました。
そして、人の死に関わる仕事をしているかたは、本当にすごいと思います。
おくりびとの仕事は一見怖いもの、忌み嫌うものという考えが少なからずあり、劇中で広末さんが本木さんに『さわらないで』言っていることでもわかるように、なかなかおくりびとという仕事は、理解してもらうのも大変です。
しかし、人一人の人生を受け止め、そのかたの最後を最高の形で送ってくださるおくりびとの方々。本当にすごいです。
泣けます。お涙頂戴映画にあるみたいな「泣かせようとしてるなあ」という感じが少なく、切々と進んでいくのでよけいに泣けます。死を題材にしている映画は多いですが、こんなにもたくさんの死を大事に扱っている映画は他にないんじゃないでしょうか。うわあ、とヘイトを感じるシーンもあるんですが、結局は故人を見送る気持ちが、見ているこちらの心も浄化していくかのようです。
ご遺体をきれいな姿で旅立たせる、とても素晴らしい仕事だと思うのに、人からの理解を得られないというのは悲しいものです。でも、この映画のヒットのおかげでみんなの理解が進んだんだと思うと、それもまた泣けてきます。日常にある死と向き合う気持ちを、悲しみの中にも前向きにさせてくれる映画です。
この映画を見るまで、何度か葬儀の経験はありましたが、納棺師という仕事があることを知りませんでした。
作中では序盤において、葬儀に関わる仕事について周囲の人々が忌み嫌う場面が多く見られますが、自分ではあまりそういった感覚を持ったことがなかったので少し意外でした。
ただそれは大人として葬送ということに対する考えが自分には特になかったためとも思われ、ある程度歳を取ってからは、何となく理解できるようにもなってきています。
そんな雰囲気を背景としながら主人公はなし崩し的に納棺師の見習いとして働いていくことになりますが、この描写が興味深く、いわゆる職業モノの映画として引き込まれていきます。
そしてなにより納棺師の仕事が美しい。恐らく相当修業したのだと思われる主役を演じる本木雅弘さんの動きには日本の伝統芸能にも重なる美しさを感じました。
死者を見送るとはどういうことなのか、葬儀に関わる仕事を忌み嫌うか否かということも含め、温かい気持ちと共に考えさせられる映画でした。
本木雅弘のビジュアル的な美しさが、最大限に活かされている映画です。
アカデミー外国映画賞の受賞は、日本のローカルな民俗学的な葬祭および納棺師という特殊な職業というテーマが珍しく、関心を引いたという批評もありました。
日本人として見ても、葬祭業という特殊な職業にスポットを当てた珍しい作品です。

主人公の本来の職業は、都心のチェロ奏者。
それがリストラ的な失業と共に帰郷し、まったく転職先がない土地で想像もつかない仕事に就くことになるという状況は、昔ならばそういうこともあるかもぐらいでしたが、現在の危機的な不況下では、もっとありえる出来事に感じられるかもしれません。

なかなか本人の葛藤や背景描写など深い描きがあり、時を経て見直してみたくなる名画です。

納棺師という職業がクローズアップされるようになった、日本映画史上に残る名作のひとつ。所属していたオーケストラの解散によって、転職を余儀なくされたチェロ奏者が帰郷し、たまたま見つけて採用された仕事が納棺師という特殊な職業。日本では遺体を扱う職業は、どちらかというと蔑まれる傾向にあり、作中でもそのような描写が時折でてきます。偏見や、さまざまなお葬式を通じて繰り広げられる、悲しみや、時には笑いをさそうようなエピソードの数々はどれも印象的。物語の最後に主役の父親の死亡が伝えられておこなう葬儀の場面は感動的。主役である本木雅弘の演技が素晴らしいのはもちろん、わきを固める俳優陣の渋い演技も見どころがたくさんです。
今おすすめのお得情報!