動画配信状況

映画『マチネの終わりに』を配信しているのはどこ?無料で見れるのは?

※本ページの情報は2021年1月6日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

作品概要
  • 原作は芥川賞作家『平野啓一郎』の同名小説
  • 監督
    西谷弘
  • 出演
    福山雅治、石田ゆり子
    伊勢谷友介、桜井ユキ
    木南晴夏、風吹ジュン
    板谷由夏、古谷一行

どこの動画配信サービスならば見れるのか、主な配信状況をチェックしました。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

作品名 配信状況
マチネの終わりに
配信期限:2021年5月26日
レンタル

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに70誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
※ポイントはレンタル作品や電子書籍などに使えます。
ダブルスコアをつけて25ヶ月連続「見放題作品数No.1」!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2021年1月6日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

dTVで配信中の作品

作品名 配信状況
マチネの終わりに レンタル

dTVなら31日間無料で見れる!
月額500円で12万作品も楽しめるのはdTVだけ!
携帯電話会社がドコモ以外の方でも使用できます。

dTVの無料体験はここから

本作品の配信情報は2021年1月6日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

FODプレミアムで配信中の作品

作品名 配信状況
マチネの終わりに
配信期限:2021年5月31日
レンタル

フジテレビ系ドラマ、映画に強いのはFODプレミアム!
Amazon Payかクレジットカードで登録すれば初回2週間無料で見れる!
アニメや海外ドラマも配信!さらに100誌以上の雑誌も読み放題!雑誌読み放題も月額基本料に含まれているので追加料金必要無し!もちろん無料体験中でも雑誌読み放題を利用できます。
FODの無料体験はここから

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TELASAで配信中の作品

作品名 配信状況
マチネの終わりに レンタル

テレビ朝日の番組に強いのがTELASA(テラサ)!
人気のドラマ、映画、アニメ、音楽、韓流にバラエティの見逃し配信も。
さらにTELASAオリジナル作品も配信。
初回15日間無料で見れる!
見放題会員は月額562円。
それでいて毎月550円分のビデオコインも付与されるので実質価格はとってもお得。※コインはレンタル作品に使えます。
レンタルはPontaポイントも使えます。

TELASAの無料体験はここから

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

作品名 配信状況
マチネの終わりに

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

口コミ・感想

原作が平野啓一郎の小説ということで少し硬い雰囲気の映画なのではと思っていましたが、とても素敵な大人のラブストーリーでした。
クラッシックギターの良さに気付かされた映画でもあります。
クラッシックギターの名手である蒔野聡史はミュージシャンでもある福山雅治が正に適役だと感じました。
クラッシックギターの哀愁漂うメロディと、パリやニューヨークなど海外の素敵な風景もあり映画全体が洋画のような雰囲気もしました。
石田ゆり子演じる小峰洋子の存在も素敵でした。
自立した大人の女性でどんな状況でも冷静に物事を受け止めようとする姿勢が胸を打ちます。
蒔野と洋子がパリのアパートで過ごす一夜のシーンは限られた時間だからこそのかけがえのなさが伝わり切ない気持ちになりました。
あまり恋愛映画は積極的に観るタイプでは無いのですが、今回の作品は楽しむことができました。
キャストが凄い豪華で、その中でも女性ジャーナリスト小峰 洋子を演じる石田 ゆり子さんが容姿や演技力を含め好きな女優さんなのでその辺りの満足感もあったと思います。
未だに衰えない美貌と佇まいで大人のヒロインに相応しい姿を見せてくれました。観る前に口コミを拝見したのですが、結構賛否両論分かれていたので少し不安はありました。
ただ、福山 雅治さん演じる蒔野 聡史のストーカーじみた愛の深さ、悲しくもあり感動のストーリーなど普通の恋愛映画が好きではない人でも楽しめる作品だと思います。原作の実写化はかなりハズレが多いのも事実ですが、今回の作品は見事に再現されていると思います。
大人の恋愛を描いた美しい映画です。
主演のクラシックギタリスト・蒔野を演じる福山雅治が、原作のイメージにピッタリです。
相手役のジャーナリスト・洋子を演じる石田ゆり子は、原作で描かれていた強い女性イメージよりは可憐な雰囲気ですが、福山雅治と本当にお似合いで、この2人を鑑賞できるだけでも見てよかったと感じます。
「好きなのにすれ違ってしまう二人」が本当に切なくて、原因を作った早苗(桜井ユキ)を恨みたくなりました。
でも、桜井ユキはこの映画で一番心を揺さぶられる素晴らしい演技をしていたと思います。
物語は、蒔野と洋子の今後についてはっきりと提示しないまま終わります。
お互い別の人と結婚し(洋子はその後離婚)、子どももいる二人が結ばれることは難しいかもしれないですが、乗り越えて再び一緒にいられるようになることを祈りたくなりました。
ギターをテーマにした恋愛模様でギターの音色も最高でした。
ギターの音を聴くことと、映像で見える世界を感じられて感動してしまいました。
福山雅治さんが普段とは違ったクラッシックギターで演奏されていたシーンは、本当に素晴らしかったです。
やはりこの主人公は福山雅治さんにしか演じられないとつくづく思いました。
あと、石田ゆり子さんのやや影のある表情が切なかったし綺麗でした。
また、流れる曲の数々がどれも2人の切なくも儚い恋模様にハマっていました。
人は誰かを愛してしまったらそれが本物であればあるほど、こんな体験や想いを多かれ少なかれしているような気がします。
個人的に過去は未来によって変わる2人の合言葉が心に残りました。
切ない恋愛の物語だったのですが、現実の世界でもありえるような内容だったのでみていて感情移入がしやすかったです。
キャストが素晴らしく、福山さんはもちろん石田ゆり子さんがとても良かったです。
二人とも美しいです。
映画中のギターの音楽が大変心地よく癒されてしまいました。
だんだんと眠くなってしまうほど心地よいサウンドでした。
これをきっかけにクラシックギターを習おうかと思ってしまいました。
たった三回しかあっていないのに惹かれてしまうというのは設定としてなかなか素晴らしいと思いました。
大人の恋愛映画ですので、途中はやきもきしたりしましたが最終的にはうまく完結していてとても魅力的な良い映画だったなと感じました。
本を持っていたので映画化されると聞いた時から、とても楽しみでした。
本を読んだ時は久しぶりに大人の小説にはまったな、としばらくその世界から抜け出せませんでした。
本の思い出は、映画を見たことでより濃く美しく塗り替えられました。
まず出演者が美しい。切ない情景や心情をより美しく描いてくれたので、この出演者たちなしでは成り立たなかったと思います。
映画を見てする作中の音楽をダウンロードしました。映画に出てくる曲は、熱が冷めた頃聞かなくなるものですが、この作品の音楽だけは今でもずっと聞きます。
それほど様々なシーンの美しさ、恋愛の切なさ、大人の色気、ヨーロッパの情景が忘れられません。
忘れられない人がいる、タイミングで人生は変わると知っている、ゆっくりと大人な時間を楽しみたい、そんな人におすすめです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です