※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
動画配信状況

スタジオジブリ『おもひでぽろぽろ』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2024年5月26日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 1991年7月に劇場公開。
    おもひでぽろぽろ [DVD]
  • 監督・脚本
    高畑勲
  • 音楽
    星勝
  • 出演声優・キャスト
    今井美樹、本名陽子
    山下容莉枝、三野輪有紀
    寺田路恵、伊藤正博

映画『おもひでぽろぽろ』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Leminoで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

Paraviは2023年7月にU-NEXTと統合しました。
作品の配信状況はU-NEXTを御覧ください

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
おもひでぽろぽろ DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。定額4プランなら新作・準新作を月4枚レンタルできる。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは14日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません
※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。

実際にTSUTAYA DISCASを使ってレビュー!宅配DVDのメリットや評判を紹介動画配信サービスの全盛とも言える今だからこそDVD/Blu-rayのレンタルサービスTSUTAYA DISCASを特集! 実は映画...

口コミ・感想

私の中では、ジブリ作品でベスト3に入る作品です。
声優を今井美樹さんと柳葉敏郎さんが努めていますが、お二人のやや淡々とした声の感じが、とてもリアルでよいのです。もう何度も観ているので、画面を見ないで声を聴いているだけでも満足できるくらいです。
ストーリーはそんなに大きな事件は起こりません。ただひたすら全編を通してノスタルジックな気持ちに浸れます。一度見てストーリーを忘れてしまった方も、あの強烈な懐かしい感覚だけは残るのではないでしょうか。
その郷愁は過去にとらわれるマイナスな気持ちではなく、過去を思うことで現在を進んでいける、明るい灯火です。
後半の紅花のシーンはとにかく圧巻ですので、未見の方にはぜひ味わっていただきたい!心に残ること間違いなしです。
この作品を初めて見たのは、私が小さい頃でした。
正直その頃は、主人公がどういった気持ちで行動しているのかまだわかりませんでした。
しかし、大人になって再度テレビで見て評価が一変しました。
なんとも言えないノスタルジーと故郷に帰っていくという気持ち、幼いころの思い出ぼんやり思い出して懐かしくなる気持ち。
映画を見終わったとき、思わず実家に帰りたくなったものです。
また主人公タエ子の回想シーンが、記憶の多少ある小学生時代だったのもよかったです。
私は男なので、多少共感が難しいシーンもありましたが。
仕事に疲れた時、なんだか感傷的になってしまった時、ドキドキワクワクする映画ではありませんが、
心が落ち着いて、感動でいっぱいになる映画です。
ご視聴をお勧めします。
1991年当時の私にはいまいちピンと来なかったけれど、紆余曲折な人生を歩んできた今だからこそ、大人になったタエ子とのシンクロ率が高くなって、ジワジワと心の奥深くに染み渡っていることを実感。もう2度と開けることはないと鍵をかけて押し込めていた、箱の中から飛び出して来たのは辛かった日々の思い出たち。子供の頃は何も選ばないくもりでもいいけれど、大人になったらもうくもりではいられなくなる。そんな天気に例えるところもお気に入りで、トシオの明るさはまさに晴れの日そのものだよと癒やしの存在でした。思い出の箱を整理して、タエ子も旅を終えて東京に帰るエンドかな?と思っていたら、トシオと人生の旅に出るとは、一歩どころじゃなくてジャンプで飛び越えたタエ子の精神的成長に感涙。タイトルの『おもひでぽろぽろ』な伏線が回収されました。
子どもの頃から大好きな作品ですが、大人になって見るとより味わい深く見られる作品だなと思いました。特に好きなのはタエ子が10歳の頃の回想シーンです。自分が1960年代を過ごしたわけではないですが、どこか懐かしい気持ちにさせてくれます。時代は違えど、多感な時期の子どもたちが感じることややることは同じなのだなと少し面白く感じました。とてもドキドキしたのが、違うクラスとのヒロくんとのやり取りです。子どもの頃は2人のやり取りをドキドキしながら見ていましたが、大人になってからは2人のあまりにも可愛らしいやり取りに心が洗われ、なんだか泣きそうになってしまいました。大人になったタエ子を演じる今井美樹さん、トシオを演じる柳葉敏郎さんの声も印象的で、この作品を更に魅力的なものにしてくれているように思います。
ジブリといえばファンタジーという印象を持っていたので、ただひたすら日常を写し出しているこの作品はちょっと特殊に感じました。でも、何気ない日常の中にある尊さみたいなものを感じられたので、見て良かったなと思える作品でした。タエ子は旅の中で過去の自分を思い出していくのですが、その回想シーンの中で彼女がどういう子だったのかがわかりやすく描写されています。それによって、視聴者としてはどんどんタエ子に感情移入できるようになるところがまた良かったです。ストーリーの本筋とは関係ありませんが、食べ物を食べるシーンが本当に美味しそうで、これもジブリ作品の特徴だと思いました。派手な盛り上がりどころはないけれど、まったりした気持ちで見られるのが好きでした。
物語は東京で暮らすOLのタエ子が、東京よりも田舎で暮らしたいと思い、娘と共に山形県に移住することになったとこから始まります。この作品は他のジブリ作品のようなワクワクさせるようなものではなく、かなり私たち現実の人間の世界に寄せて作られています。故に、面白いというよりも、妙に作品に現実感が溢れており、主人公たちの行動や考え、心模様などに共感したり、疑問に思ったり、かなり考えさせられます。それがこの作品の狙いであり、目的だと思います。なので、今ままで見てきたジブリ作品によっては拒否反応が出るかもしれませんが、他のジブリ作品とは一線を画す内容になっているので、こんなジブリ作品があるんだと衝撃を受けると思います。とても現実的な作品ですが、だからこそ子供でも大人でも楽しめる作品になっているので、一度見てみることをおすすめします。
今おすすめのお得情報!