動画配信状況

細田守監督のアニメ映画『竜とそばかすの姫』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2021年8月25日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2021年7月16日に劇場公開。
  • 監督・原作・脚本
    細田守
  • 出演声優
    中村佳穂、成田凌
    染谷将太、玉城ティナ
    幾田りら、森川智之

『竜とそばかすの姫』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TELASAで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TSUTAYAの動画配信+DVD宅配レンタル

TSUTAYA TV(動画配信)

配信はしていませんでした。

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

取り扱いはしていませんでした。

まとめ

細田守監督作品は他にも下記の記事で配信状況をまとめています。

細田守監督のアニメ映画『時をかける少女』はどこで配信している?無料で見るには? 2006年7月に劇場公開されたアニメ映画 出演声優 仲里依紗、石田卓也 板倉光隆、原沙知絵 受賞 第3...
細田守監督のアニメ映画『サマーウォーズ』はどこで配信している?無料で見るには? 2009年8月に劇場公開されたアニメ映画 出演声優 神木隆之介、桜庭ななみ 谷村美月、斎藤歩 受賞 第...
細田守監督のアニメ映画『おおかみこどもの雨と雪』はどこで配信している?無料で見るには? 2012年に劇場公開されたアニメ映画 出演声優 宮﨑あおい、大沢たかお 菅原文太、黒木華 受賞 第36...
細田守監督のアニメ映画『バケモノの子』はどこで配信している?無料で見るには? 2015年に劇場公開されたアニメ映画 出演声優 役所広司、宮崎あおい 染谷将太、広瀬すず 山路和弘、宮野真守...
細田守監督のアニメ映画『未来のミライ』はどこで配信している?無料で見るには? 2018年に劇場公開 出演声優 上白石萌歌、黒木華 星野源、麻生久美子 吉原光夫、宮崎美子 受賞 第...

口コミ・感想

『竜とそばかすの姫』は細田守作品の中でもかなりの超大作だと思いました。まず映像がすごいです!キャラクターデザインやグラフィックがすごく手が込んでいて壮大でした。主人公すずの仮想世界のアバターであるベルを、ディズニーに関わる方がデザインしたそうですが、キャラクター以外にも所々でディズニー要素が散りばめられていて驚きました。ディズニー好きは絶対に見る価値ありです!笑 そして何といっても音楽がすごかったです。すずの歌声に何度も泣かされました。映画館の立体音響で聴くと、本当に迫力があって感動します。アニメーション映画というよりも、一つのミュージカルを見たような気分になりました。細田守作品は登場人物みんながキラキラしていて、私も頑張らなきゃという気持ちにさせられます。コロナ禍で息苦しい世の中ですが、この映画を見ることで元気がもらえるので、ぜひ沢山の人におすすめしたいです。歌も映像も、家で見るのと映画館で見るのとでは迫力が全く違うと思うので、ぜひ映画館に足を運んでみてほしいです!
さすが細田守作品。
今回の作品は過去作品や様々なオマージュが取り入れられており観ていてわくわくさせてくれる。
特に今回は歌で作品の展開がなされていくので、重要なポイントになるがその歌もいい歌に仕上がっていた。
今作は、現実世界とネットの中のもう一人の自分を投影したキャラクターが描かれているので、一度しか見れていないがもう一度各キャラクターと「U」の世界のキャラクターを重ねてみてみるとよりキャラクターの背景をみられて面白くなっていくのではないかと。。。
アニメーションも細部にまできれいに仕上げられており、デジタル世界のデザインはデジモンの「ぼくらのウォーゲーム」を彷彿とさせてくれるデザインを引き継いで描かれているので、私の世代的にそこだけでも興奮してしまうのではないかな。
細田守監督作品らしく、CG全開でグラフィックがすごく綺麗です。冒頭から引き込まれました。ストーリーとしては、ディズニー作品「美女と野獣」のオマージュが随所に感じられます。事前に情報を得ずに見に行きましたが、美女と野獣だとすぐにわかりました。後から公式サイトで確認して、納得しました。ベルと龍の間に恋愛要素があるのかな?と予想しながら見ていました。龍の正体の予想が外れ、主人公のその後を知りたくなりました。脇役には恋愛要素があり、ほっこりして応援したくなる感じです。主人公の抱える恐怖心や葛藤に共感できました。特に学生時代には似たような気持ちを抱えていたのを思い出しました。恐怖心を解放していいんだと、当時の自分に見せたい映画です。
山に囲まれた田舎の地味な女の子と、鮮やかでポップな観客に囲まれている現代的かつ近未来的原宿青文字系女の子が対比で出てきて、抑圧された感情や葛藤などをアプリの中で表現する部分に今の社会の課題となっていることをかんじたり共感が生まれたりして鳥肌が立ちました。特技などなにももっていなくても、たった1人でも自分にできることはなにか、誰かの役に立てることがあるんじゃないか、やってみなくちゃと思えるような勇気をもらいました。家族の愛とは何か、自分が守りたいものや本当に大切にしなくてはいけないことなど生きている中で、大切にしたい感情や客観的事実を映画の中で表現していたように思います。久しぶりに感情が揺さぶられ、こんな映画待ってましたと言うような気持ちになる映画でした。
高知の美しい風景に心が揺さぶられました。駅舎の作りは新潟の故郷とそっくりでしたので、涙が出そうになりました。とにかく静かに泣ける名作映画です。すずが母親の死を乗り越え、立派に成長していく姿がこの映画のテーマだと思いました。架空の世界ではなく、現実の世界ですずが人を守る人間へと大きく成長する姿に感涙です。美女と野獣のオマージュも見事でした。いずれにしても、ラストには、すずは一番身近な父親に対しての愛情が大切であることに気づきます。そして竜になった少年は、勇気を持って父に立ち向かうことをすずに伝えます。まさに、人間の自由のための精神の戦いこそ、偉大で尊いことを教えてくれた近年最高の傑作だと思いました。
劇中に出てくる音楽がとてもよくて、その都度シーンにあった雰囲気とテンポの曲が作品を作っていて感動しました。細田監督の作品はやはりメッセージ性が強くて、しかもそのメッセージが見ている側にとって理解しやすいように構成されているなと改めて感心させられました。現代における行きすぎているとも言えるこの情報社会についてまた考えるきっかけを与えてくれました。インターネット上で叩かれてる人にも現実世界では事情があって、さらに叩く原因も知らずに周りが叩いてるからとりあえず叩く行為はまったくもって肯定できるものではないのだと、今この世界に行きる人みんなに伝えたいです。現実問題を描いた作品が好きだという人や、これまでに細田監督作品を見たことがあるという人にはぜひ見てほしいです。
今おすすめのお得情報!

スポーツ見放題DAZN(ダゾーン)でお得なキャンペーン実施中!

10月17日23:59まで!携帯電話会社がドコモの方なら『DAZN for docomo おうちで観戦!全力応援キャンペーン』でポイント還元。
実質1,078円で6ヶ月間も大幅割引で見れる。


Amazonの音楽聴き放題サービス3ヶ月~4ヶ月無料キャンペーン実施中!
※対象者によって3ヶ月、または4ヶ月になるなど変わるようです。
※キャンペーン対象者でない場合もあります。
詳しくはリンク先で確認!

キャンペーン期限は9月23日まで

Amazon Music Unlimited(音楽聴き放題)はこちら


話題のドコモ格安プランahamo(アハモ)」!
申し込み受付はネットから。

月額2,970円(税込)でデータ容量はたっぷり20GB。
国内通話5分無料。
時間帯による速度制限なし。
4G/5Gどちらも使えます。

ahamoのネット申し込みはこちら

ahamoって何?という方はこちら

 

ahamo qr画像

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です