動画配信状況

韓流映画『82年生まれ、キム・ジヨン』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2022年11月9日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2020年10月に日本で劇場公開。
  • 監督
    キム・ドヨン
  • 出演・キャスト
    チョン・ユミ、コン・ユ
    キム・ミギョン、コン・ミンジョン
  • 原作は韓国で130万部以上の大ヒットを記録したチョ・ナムジュによる小説『82年生まれ、キム・ジヨン』

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

作品名 配信状況
82年生まれ、キム・ジヨン

dTVなら初回初月無料で見れる!
月額550円(税込)で映画、ドラマ、音楽ライブにフィットネス動画まで大充実で楽しめるのがdTV!
※AppStore、GooglePlayで課金すると650円高くなってしまうのでこちらのWEB上からの登録がオススメ!
※dポイントを月額の支払い、レンタル作品の購入に使用できます。
携帯電話会社がドコモ以外の方でも利用できます。

dTVの初回無料おためしはここから

本作品の配信情報は2022年11月9日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

作品名 配信状況
82年生まれ、キム・ジヨン

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに150誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
※ポイントはレンタル作品や電子書籍などに使えます。
ダブルスコアをつけて2018年2月の調査開始時よりずっと「見放題作品数No.1」!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2022年11月9日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

作品名 配信状況
82年生まれ、キム・ジヨン

日テレ系ドラマ、バラエティに強いのはHulu!
見逃し配信、Hulu独占ドラマ「Huluプレミア」も注目。
配信本数10万本を突破!
視聴機器も多彩に用意。パソコンにスマホ(iPhone, Android)にタブレット(iPad)。Fire TV、AppleTVなど他にも多数対応。ゲーム機ならPS4にPS5。そしてHuluはなんとニンテンドースイッチでも見れる!
支払い方法はクレカにPayPay、LINE Pay、キャリア決済など様々な手段が用意されています。
2週間無料で視聴できます!

Huluの無料体験はここから

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

作品名 配信状況
82年生まれ、キム・ジヨン

フジテレビ系ドラマ、映画に強いのはFODプレミアム!
Amazon Payかクレジットカードで登録すれば初回2週間無料で見れる!
アニメや海外ドラマも配信!さらに160誌以上の雑誌も読み放題!雑誌読み放題も月額基本料に含まれているので追加料金必要無し!もちろん無料体験中でも雑誌読み放題を利用できます。
FODの無料体験はここから

この記事は2022年11月9日時点の情報となります。配信が終了している可能性がございますので、FODオフィシャルサイトにて、必ず最新の情報をご確認ください。

Paraviで配信中の作品

作品名 配信状況
82年生まれ、キム・ジヨン

TBS、テレビ東京、WOWOWの番組に強いのはParavi(パラビ)!
独占番組や見逃し番組も多数配信!
映画、ドラマ、アニメだけじゃない!ガイアの夜明け、がっちりマンデー!!、日経プラス10などニュース、ドキュメンタリーも多数配信。

Paraviの公式サイトはこちら

本ページの情報は2022年11月9日時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

作品名 配信状況
82年生まれ、キム・ジヨン(字幕版)
82年生まれ、キム・ジヨン(吹替版)

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
82年生まれ、キム・ジヨン DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。新作・準新作は月8本、旧作は借り放題。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません

まとめ

主演のコン・ユのファンの方ならば2021年7月から劇場公開している映画『SEOBOK/ソボク』もお勧めです。

韓流映画『SEOBOK/ソボク』はどこで配信している?無料で見るには? 2021年7月16日に日本で劇場公開。 監督 イ・ヨンジュ 出演・キャスト コン・ユ、パク・ボゴム チョ・ウジン、チャ...

口コミ・感想

女性の生きづらさについては日本と共通している部分も多くて共感できる部分がたくさんありました。
女性ならば社会で一度は経験しているであろう理不尽な差別や不利な経験などには共感してばかりです。
一見したら恵まれているように見えても実は孤独で大変なことも多い現代特有の「孤独」や専業主婦になった途端社会から孤立してしまって社会復帰が難しくなってしまうという現実など、日本でも起きているはずなのに日本だとタブー視されている現実について深く掘り下げた貴重な映画です。
男性から受ける女性差別だけではなくて、専業主婦になった途端に働いている女性からも差別を受けてしまうような、女性同士の女性差別の描写もあるのがリアルで共感できました。
暗いだけの映画ではなくて光が見えるラストなのも見た後に暗い気持ちにならなくてよかったです。
女性が感じる不条理な性差別、生きづらさがとてもわかりやすく感情移入してしまいました。日本でも同じようなことがまだあるのではないか?と思いました。
結婚出産を機に仕事をやめ、家庭に入ることで、毎日が同じ繰り返しに、自分を見失ない自分は何なのか?と疑問に思う子育て中のママたちは多いようで、育児ノイローゼも社会問題になりつつあります。この経験をひと通り過ぎた女性目線と現在進行形の女性とでは解釈もかわってくる物語です。
私自身が83年生まれ。同世代の女性には考えさせられるヒントがたくさんあったような気がします。
チョン・ユミの感情を揺さぶられるような演技がとても良かったです。是非皆さんに見てもらいたいです。
勝手な憤りのはけ口にされることの多い若い女性たちの、普段からまとわりつくさまざまな問題が映画の要所要所に取り入れられていました。そういう部分を見ているのは若干辛かったです。多くの女性たちには共感できるところも多かったですよね。国籍関係なく起こっていることはほぼ同じなわけですから。しかもこれはその構図が対男性だけではなく、世代や価値観の違う女性同士での戦いになっている場合もあるのです。そういう意味での追いやられてしまいがちな若い女性の立ち位置を実に効果的にうまく映像化にして知らしめたことができた作品であるように思います。主人公の伴侶はどちらかというと理解ある側へ変化していく立場になるわけですが、もし奥さんが強くたくましく、気が強いようなタイプの違う性格であれば恐らく”女性が追いやられている状況を理解”することすらなかったかもしれませんし、旦那さんも自分本位で上から目線のタイプだったら病んでいる奥さんを責めるようにしか対処しなかったかもしれません。これからの夫婦像が新たに変わっていくヒントがたくさん詰まっているような作品だと思いました。
男尊女卑の考えが表面上は無いように見える世の中。でも心の中に無意識に刷り込まれている感覚のようにふとしたきっかけで表に出てくるのでしょう。それは日本でも同様にあるように思います。特に田舎になればその傾向は強まっているような気がします。そのことを象徴しているのが、ジヨンが公園で一休みしているときに、サラリーマンたちが、旦那の金でのんびりできていいよな、とか、女性社員が、私も結婚してのんしようかしら、と囁くシーンだと思いました。専業主婦を下にみていることが示されています。なんとか自分のアイデンティティを取り戻すように回復できたジヨン。問題はまだそこに残っているけど、ジヨンはなんとか大丈夫になってくれて良かったです。
原作に比べてかなりマイルドな空気感にストーリー全体が再構成されているので、原作小説を読むのがしんどすぎた人、韓国映画にありがちな後味の悪さが苦手な人でも観やすい映画だと思います。ジヨンの味方になってくれるはずのお医者さんまでが女性を低く見積もる価値観の中で生きているのが明らかになっていた原作と比べ、映画にはかなり救いの要素がプラスされているのが印象的でした。ジヨンの生きづらさが今後少しでも改善されればいいなと思わず真剣に考えてしまいました。世間やジヨンを知らない人達は冷たいとはいえ、自分が仕事を辞めるとまで言ってくれる真摯なパートナーに出会えていることはすごく大事だと思いますし、同時に一人で生きる女性にもちゃんと救いの手がある世の中になってほしいなと感じました。
最初はホラー映画かと思っていました。ずっと違和感のまま映画が続いていき誰が悪いのかわからなかったです。意外な展開が待っていてキャリアウーマンから主婦になった人がとても共感できる映画だと思いました。コンユの優しい人柄が出ていてとても良かったです。子育てをしていきながら大変でも仕事をしていきたいと言う女性の気持ちを映画にしていてとてもよかったです。姑の大変さをつづいていてもしあんな姑なら本当に大変なんだ思いました。それでもそれぞれ家族が支えあっているのがとても温かったです。それでもだんだん仕事としようと意欲でどんどん明るくなって働く女性の強い味方でとても共感できました。子持ちで仕事をしたいと思っている人にぜひ見てほしいです。
今おすすめのお得情報!