動画配信状況

中国ドラマ『宮廷の諍い女』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2021年4月5日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 原作は中国の作家・流瀲紫によるネット小説
  • 2011年に中国でテレビドラマ化
  • 日本でも2013年にBSで放送
  • 出演
    スン・リー、チェン・ジェンビン
    エイダ・チョイ、ジャン・シン

『宮廷の諍い女』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

作品名 配信状況
宮廷の諍い女
配信期限:2021年9月30日

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに114誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
※ポイントはレンタル作品や電子書籍などに使えます。
ダブルスコアをつけて25ヶ月連続「見放題作品数No.1」!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2021年4月5日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

作品名 配信状況
宮廷の諍い女
配信期限:2022年1月14日

フジテレビ系ドラマ、映画に強いのはFODプレミアム!
Amazon Payかクレジットカードで登録すれば初回2週間無料で見れる!
アニメや海外ドラマも配信!さらに100誌以上の雑誌も読み放題!雑誌読み放題も月額基本料に含まれているので追加料金必要無し!もちろん無料体験中でも雑誌読み放題を利用できます。
FODの無料体験はここから

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TELASAで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

作品名 配信状況
宮廷の諍い女 (字幕版)

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

口コミ・感想

このドラマはCSで放送していた時2回見ました。
そして中国ドラマにハマった最初の作品です。
中国の清王朝の時代にはあまり興味がなかったのですが、たまたま見た時に衣装や装飾品の美しさに見惚れました。
皇帝の目にとまるために美しく盛っている女性たちの髪飾りや長い爪飾り、衣装の刺繍、それに部屋の調度品など、それらを見ているだけでもうっとりします。
ドラマ内容は後宮(日本なら大奥)のドロドロの女の戦いですが、登場してくる女性たちが当たり前ですが本当に美人ばかりです。

主人公の甄嬛(シンケイ)の美しさは最初の頃の少し幼さを残して入宮したときよりも、困難を乗り越えて自分の生き残る道を覚悟したあたりから凄みを増していきますし、敵対する華妃は綺麗な顔でわがままや残酷なことを平然とやってのけるところなどに加え、後宮の中での勢力図が変化したりして「わあ、この人もしかして裏切っちゃうの?」とか「そこは温情とかなくて自分や国の利益優先なのね」とドキドキ毎回見ていました。

なんと言っても、スン・リーの演技、そして、存在感がすごいです!宮廷入りする頃のかわいらしさからどのように変化していくのかがとても見ものです。演技力のなせる技だと思います。そして、他のドラマに負けず、後宮の中でうごめく嫉妬や陰謀の激しさはかなりものなのですが、争いごとばかりのドラマではなく、そのような中で、本当に賢く生きるというのはこういうことかなと思わせるようなドラマになっているところが面白いと思いました。自分が納得する生き方を求め、そして、それを貫く姿勢にとても強さを感じました。側室それぞれの女性の生き方も表現されていて、皇帝の側室になれた幸せとともにやってくる不幸、その中で生きていかなければならないという悲しい現実も映し出されていて、とても興味深かったです。衣装やセットもあでやかで見る目も楽しませてくれます。
全76話と長いので途中で飽きるかなと思っていたのですが、見始めてみると「飽きてきたな」「長いなまだ終わらないの」とか思ったことは一度もないくらい
最後まで飽きることなく楽しめました。寧ろ、後半になるほどはまっていきました。
情に苦しむ人たちのもの悲しさが、残酷に美しくきめ細やかに描かれていて、史実とフィクションが上手く融合している質が高いドラマです。
登場人物の設定が考えられていて、それぞれの登場人物の言葉に説得力があり、丁寧に感情が描かれているため、残忍なことをしている登場人物でさえ
心の底から憎むことができませんでした。
残忍だけども最低限の上品さは失われていないところや嫉妬と陰謀が渦巻くストーリーが魅力的だなと思いました。
中国の宮廷での女同士の争いが実にリアルに描かれている作品だと思いました。主人公は周りの美女たちに劣る部分の方が多くて、なかなか目立てずにいるのですが、そんなところが応援したくなって、同情するような感じで見させてもらいました。己の権力のために美女たちがさまざま手法で争う姿は見応えがありましたが、ドロドロしたような展開も多く見られました。時代的には今から300年ぐらい昔の物語なのですが、そんな時代にも醜いようで美しい争いが起こっていたのかと感動しました。出てくる女性たちは特に美しい人たちばかりで、衣装ひとつに注目してみても、細かい部分までとても繊細で綺麗なものでした。当時の中国を学ぶ機会にもなるのではないかと思います。
長編ドラマですけど見れば見るほどハマります、素晴らしいドラマです、主人公女優さんの演技も素晴らしいです、昔の中国の時代は、皇帝は女性にとって天です、天がないと生きては行けない、宮廷にいる妃達は、やはり頭を使わないと利用するあるいは利用されるだけ、昔の女性にとって残酷です、長いけど、主人公の成長から一歩一歩失ったものを全部取り戻すところが見所です、このドラマを見て美人達はみんな揃いましたなあ、このドラマの全体的(服装、仕草、音楽、背景)見れば完璧と言うしかないだろう、中国の宮廷ドラマの中に一番の傑作だと思います、最後のエンディングは副皇后は長年の恨みを晴らした部屋から出てきた“陛下”って改めて心に響きました、女性の能力はあなたの想像力を越えます、
中国の歴史長編ドラマをいっぱい見て来たけど、この長編ドラマが素晴らしい傑作だと言うしかない、あの時代の後宮に生き残していくことが女性にとって残酷です、生き残すために争い、現在の社会と変わらない、頭を使わないとアウトされるだけ、しかし、女性は、母親になったら男性より恐ろしいわぁ、主人公のシンケイが失ったものを少しずつ手に入れます、報復のために華妃と皇后に倍返したところがスッキリしました、友達に裏切られた友情や夫婦の感情や家族の絆や真愛などこのドラマの魅力です、撮影の背景から、服装、頭飾り、音楽、古典的なダンスまでこの主人公スンリの演技は、全て融合しました、最後のシーンで主人公が大門を開けて皇上驾崩って涙がボロボロ流れたシーンが感激しました、改めて、この女優さんの演技が素晴らしいと思いました

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です