動画配信状況

ディズニー映画『美女と野獣』はどこで配信している?

※本ページの情報は2021年9月22日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • アニメ『美女と野獣』1992年に日本で劇場公開。
  • 実写映画『美女と野獣』2017年4月に日本で劇場公開。
  • 出演・キャスト
    エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス
    ルーク・エヴァンス、ケヴィン・クライン
    ジョシュ・ギャッド、ユアン・マクレガー
  • 日本で興行収入124億円超えの大ヒットを記録。

ディズニー映画『美女と野獣』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

Disney+ (ディズニープラス)で配信中の作品

アニメ映画
作品名 配信状況
美女と野獣 (1991)
実写映画
作品名 配信状況
美女と野獣 (2017)
アニメスピンオフ
作品名 配信状況
美女と野獣/ベルの素敵なプレゼント
美女と野獣:ベルのファンタジーワールド
みんなで歌おう/「美女と野獣」

ディズニー作品ならDisney+ (ディズニープラス)にお任せ!
ここでしか見れないスピンオフ作品、オリジナル作品も盛りだくさん。
ディズニーが抱えている映画レーベル「マーベル」「ピクサー」「スターウォーズ」「NATIONAL GEOGRAPHIC」も配信!
「ミッキー作品」や「トイ・ストーリー」、「アイアンマン」に「アベンジャーズ」、「スター・ウォーズ」の本編から外伝まで全てを見るならDisney+ (ディズニープラス)!
同時ログイン5台、同時視聴は4台まで可能なので家族みんなで楽しめる。
はじめての方は初月無料で試せます。

Disney+ (ディズニープラス)の無料体験はここから

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

アニメ映画
作品名 配信状況
美女と野獣 ポイント/レンタル
実写映画
作品名 配信状況
美女と野獣 ポイント/レンタル
アニメスピンオフ
作品名 配信状況
美女と野獣/ベルの素敵なプレゼント ポイント/レンタル
美女と野獣/ベルのファンタジーワールド ポイント/レンタル

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに140誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
※ポイントはレンタル作品や電子書籍などに使えます。
ダブルスコアをつけて25ヶ月連続「見放題作品数No.1」!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2021年9月22日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

dTVで配信中の作品

アニメ映画
作品名 配信状況
美女と野獣 レンタル
実写映画
作品名 配信状況
美女と野獣 レンタル

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

アニメ映画
作品名 配信状況
美女と野獣 (字幕版) レンタル
美女と野獣 (吹替版) レンタル
実写映画
作品名 配信状況
美女と野獣 (字幕版) レンタル
美女と野獣 (吹替版) レンタル

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

アニメ映画
作品名 配信状況
美女と野獣 DVD
美女と野獣 DVD
実写映画
作品名 配信状況
美女と野獣 DVD
アニメスピンオフ
作品名 配信状況
美女と野獣 ベルの素敵なプレゼント DVD
美女と野獣 ベルのファンタジーワールド DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。新作・準新作は月8本、旧作は借り放題。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません

口コミ・感想

アニメ映画『美女と野獣』1991年

アニメ映画『美女と野獣』1991年
基本的に自分はミュージカル作品をアニメにしても実写映画にしても見ないのですが、この作品に関しては周りの人が絶対に見るべきだというので見てみることにしました。すると、思っていたよりも何倍も映像が美しくてキャラクターの表情が豊かで、またミュージカルなしでは作品にならないような脚本で仕上がっていたので驚きましたし、見始めるとすぐにストーリーに引き込まれていきました。美女と野獣の恋愛を、ここまで美しく繊細に描けたことがこれまでにあるのだろうかと思うほど、彼らの性格も絶妙なバランスで描かれていて素晴らしかったです。子どもの頃に見た時と、大人になってから見返した時では、また違った魅力に気がつくことができたりするので何回見ても楽しめる作品です。
アニメ映画『美女と野獣』1991年
私は「美女と野獣」の映画を観てディズニーにハマったと言っても過言ではありません。ディズニーの世界観を私に教えてくれた作品です。
この作品はミュージカルの映画になっています。物語に音楽がとてもマッチしており、映画の中に入ったような気分で鑑賞することができます。
ベルは強い女の子ですが、かわいいところがたくさん詰まっており、うっとりさせられます。野獣のなんとも言えないツンデレ感もとても良いです。ガストンやルミエールなど全てのキャラクターにも愛が詰まっており、素敵です。
この作品を観ると、必ずと言っていいほどディズニーランドに行きたくなります。是非観たことのない方は一度でもいいから見て頂きたい作品の一つです。
アニメ映画『美女と野獣』1991年
ディズニー映画の中でも、人間の心理がよく表されていて心が動かされる作品です。ベルのちょっとした女性らしい仕草や、野獣の感情が表れる目の様子などが観ていて世界観に引き込まれます。場面場面のテンポも良いし、途中ミュージカル調になるのでノリも良くなり子供も大人も一緒に飽きることなく最後まで楽しめる作品だと思います。出てくるキャラクターたちは全てが愛らしくディズニーらしさが出ていました。ベルがドレスを身にまとい、野獣との晩餐会のために出てくるシーンがとても好きです。2人のぎこちない姿が微笑ましく、気持ちが温かくなります。野獣が王子様に戻り、ベルとハッピーエンドになるので、わかりやすく素直に観ることができます。
アニメ映画『美女と野獣』1991年
題名通り、メインの登場人物は美女と野獣です。
この物語の良い部分は、野獣とベルの性格の違う二人が惹かれ合っていく流れです。
野獣は見た目通り野獣(本当は王子様)で傲慢であるが美女ベルと出会う事により段々と変っていく。
力的には圧倒的に優位な野獣ですが、ベルの優しさや芯の強さに惹かれ力ではなく心でアプローチをしようとする部分を見ていると、見た目ではなくどれだけ相手に寄り添えるか、相手の事を考えられるかが大事な事だと改めて思えます。
ディズニープリンセスは芯の強い女性が多いですが、その中でもベルは一番だと思います。
この映画を観て、身近な人を思い浮かべてみると良いと思います。
あまりにも当たり前な存在である人が実はとても大切であったり、ただ仲良しである人だけではなく自分を叱ってくれる人、そんな自分を心から気にかけてくれる人の事を大切にしようと感じられるはずです。
アニメ映画『美女と野獣』1991年
子供の頃は全く感じませんでしたが、最初のシーンでベルが村の人から浮いていることが伺えて、大人の立場から観ると少し可哀想に感じます。
そんな中で読書に夢中な美人のベルは人目を惹く存在でかっこいいです。
多分かなり若いだろうにしっかりした考えで行動ができて優しいベルに憧れを抱きます。
私が一番好きなシーンは、野獣がベルに城の図書館を披露するシーンです。
私も読書が好きなので、ベルの感動が自分ごとのように感じられて嬉しくて楽しい気持ちになれます。
後半の決闘のシーンは少し怖いですが、お笑い要素もあり最後はハッピーエンドで幸せに終わります。
最後の、昔のように綺麗なった城での舞踏会のシーンもみんなが幸せそうでとても好きです。
アニメ映画『美女と野獣』1991年
タイトルの通り村の美女と森の中の城で暮らす醜い姿をした野獣の物語です。醜い姿の野獣と言っても元の姿は性格の悪い王子といったとこでしょうか。美女のベルがしっかりと芯をもった女性で苦難のたびにいい女性だなと思わされました。野獣も最初は性格が悪かったのですがベルと出会い、共に過ごすにつれて優しい心を持っていくところも物語が進むにつれてよくわかります。ラブストーリーではありますが、人は見た目だけで判断してはいけないということをよく思い知らされるストーリーです。ベルのように美女で優しい心を持った女性を見ているととても優しい気持ちになれました。ベルに想いを寄せる悪役のガストンという男性も出てくるのですが、彼もいい感じに悪役でよかったです。ちょくちよく合間に歌が流れますが、歌もストーリーに沿った歌なので雰囲気も良いです。

実写映画『美女と野獣』2017年

実写映画『美女と野獣』2017年
何よりもエマ・ワトソンの美しさが際立ちすぎていて、同じ女性として強い憧れの気持ちと羨ましさでいっぱいになりました。アニメの実写版としてルックスも非常に合っていましたし、立ち振る舞いもしっかりとアニメの良さを残して演じ切られていたので、彼女の役者としての実力に感心する気持ちでいっぱいでした。ミュージカルについて述べるとすれば、役者の歌声が非常に綺麗でアニメよりも生々しい雰囲気があり、ここは実写版ならではの良さが最も表れている部分なのではないかなと思いました。舞台についてもアニメの雰囲気をしっかりと再現していて、文句なし、むしろ傑作と言えるほどの出来栄えで素晴らしいの一言に尽きます。アニメ作品と比較しながらまた見返したいです。
実写映画『美女と野獣』2017年
この映画は、音楽・映像・ストーリー全てにおいて完璧だと思います。まず、音楽ですがアニメ映画の『美女と野獣』で登場した曲は勿論、『時は永遠に』というオリジナル曲が加わりました。この曲は、劇中に何度も登場するためとても印象的で、感動的な曲だと思います。次に映像です。お城の中でのシーンでは、ベル(エマ・ワトソン)以外はほぼCGですが、本当に存在しているのではないかというほどどのキャラクターもとてもリアルです。劇中歌は、どの曲もとても力とお金のかかった演出がされていて、まさにミュージカル映画という感じで見応えがあります。ストーリーは、本筋はアニメ映画『美女と野獣』と変わりませんが、アニメでは描かれなかった部分も描かれています。ベルの母の話が描かれています。また、男尊女卑(女性は勉強する必要が無いというような差別)や、LGBTQ問題など、現代の問題にも通ずるような部分も描かれていて、とても考えさせられます。このように、この映画は様々な視点から楽しむことができます。おすすめです。
実写映画『美女と野獣』2017年
美女と野獣はとても好きなディズニー映画のひとつです。実写版では,エマワトソンがとても綺麗で,ベルの世界観を壊さず,とてもチャーミングです。映画の一番の見せ場のダンスシーンでは思わず見惚れてしまいます。
初めてベルがお城に来た時のお食事が振る舞われるお皿たちの歌・ダンスシーンなどもアニメ映画に忠実で実写版でもクオリティが落ちる事なく,大変驚きました。
ガストンがお城を襲い,皆で戦うシーンも好きなのですが,そこも忠実で,映画から飛び出してきたという表現がピッタリです。一度でも美女と野獣を見た事がある方は是非忠実に再現されたシーンを見ていただきたいです。初めてみるという方は,エマワトソンのベルが焼き付いてアニメ版では物足りなくなるかもしれません。
実写映画『美女と野獣』2017年
ディズニーアニメーションの「美女と野獣」が小さい頃から大好きで、ハリーポッターシリーズも夢中になっていた世代です。ディズニー作品の中でも最も芯の強い女性の一人であるベルを、実生活でもそのイメージ通りのエマ・ワトソンが演じるということで、公開前からとっても楽しみにしていました。作中のエマ・ワトソンの歌声は、アニメーションファンも裏切らないイメージ通りの素敵な歌声です。ガストン役の俳優さんもガストンそのもので、楽しめます。野獣も原作通り、段々と憎めなくて、格好良く見えてくるので不思議です。原作を大事にした演出がふんだんでありつつも、オリジナルのストーリーを組み込んでおり、実写ならではの作品に仕上がっていると思います。
実写映画『美女と野獣』2017年
最高の実写映画です。美女と野獣の世界観を損なうことなく、キャストも歌も衣装もセットもとにかく素晴らしいです。ベルと野獣が踊る有名なダンスシーンは本当にうっとりとしてしまうし、悪役のガストンも悪役なのにカッコ良く、ハマり役です。特に歌はどれも最高で、映画を観た後すぐにサントラを購入しました。有名曲の「朝の風景」「ひとりぼっちの晩餐会」「美女と野獣」など、実写キャストで聞ける歌声は本当に最高の一言。そして、新たに書き下ろした曲もあったりと楽しめます。特に野獣の歌う「ひそかな夢」は切なく見ていて涙が出ます。そして、エンディングでは実写キャストではなく、「美女と野獣」アリアナ・グランデとジョン・レジェンドが歌っているのですが、こちら凄く良くて感動します。また、ジョシュ・グローバン歌う「ひそかな夢」も素敵なので、是非エンディングまで見て聴き比べて欲しいです。
実写映画『美女と野獣』2017年
とにかく映像的にとても楽しませてくれますね。とても満足のいくファンタジー作品だったなと感じます。
アニメの美女と野獣の方は、正直あまり好きではなかったのですが(というかディズニーのアニメの絵がちょっと苦手だったので……)、物語自体は好きだったので見てみたのですが大正解でした!
ヒロインのベルを演じるエマが美しくて、健気で少し強気に立ち回る様子もすごくナチュラルに表現されていて、良い意味で実写版ディズニーヒロイン!という感じで楽しかったです。どうしてもエマはハリポタのイメージが強いのですが、大人の美しい女性という感じでとっても素敵でした。
お城の中のキャラクターのポットや時計なども、ディズニーっぽい滑らかな動きを見せるのですが、結構丁寧に作られてますね。さすが。
今おすすめのお得情報!

話題のドコモ格安プランahamo(アハモ)」!
申し込み受付はネットから。

月額2,970円(税込)でデータ容量はたっぷり20GB。
国内通話5分無料。
時間帯による速度制限なし。
4G/5Gどちらも使えます。

ahamoのネット申し込みはこちら

ahamoって何?という方はこちら

 

ahamo qr画像

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です