動画配信状況

Marvelドラマ『ワンダヴィジョン』はどこで配信している?

※本ページの情報は2021年12月21日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2021年から動画配信サイトDisney+ (ディズニープラス)で始まったマーベル・スタジオ制作のドラマ。
  • マーベル・シネマティック・ユニバース シリーズの1つ。
  • 出演・キャスト
    エリザベス・オルセン、ポール・ベタニー
    テヨナ・パリス、カット・デニングス
    ランドール・パーク、キャスリン・ハーン

ドラマ『ワンダヴィジョン』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

Disney+ (ディズニープラス)で配信中の作品

作品名 配信状況
ワンダヴィジョン

ディズニー作品ならDisney+ (ディズニープラス)にお任せ!
ここでしか見れないスピンオフ作品、オリジナル作品も盛りだくさん。
ディズニーが抱えている映画レーベル「マーベル」「ピクサー」「スターウォーズ」「NATIONAL GEOGRAPHIC」「スター」も配信!
「ミッキー作品」や「トイ・ストーリー」、「アイアンマン」に「アベンジャーズ」、「スター・ウォーズ」の本編から外伝まで全てを見るならDisney+ (ディズニープラス)!
さらに「glee/グリー」、「24 -TWENTY FOUR-」、「ウォーキング・デッド」など海外の人気ドラマも配信!
7つのプロフィールを作れて同時視聴は4台まで可能なので家族みんなで楽しめる。
既にdアカウントをお持ちの方なら登録も楽ちんです。

ディズニープラスはこちら
(dアカウントで登録)

ディズニープラスはこちら
(dアカウント以外で登録)

※Disney+ (ディズニープラス)に無料期間はありません。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

取り扱いはしていませんでした。

口コミ・感想

このドラマは映画のアベンジャーズと関わりが深い内容になっていますので、事前にアベンジャーズシリーズを予習しておくとより深く楽しむことができます。面白かったポイントとしては、最初は普通のホームコメディのような雰囲気からスタートしてからだんだん不穏な空気が立ち込めていくところです。途中で場面が切り替わったり、登場キャラクターが不自然なセリフを言ったりするのですがこれも全部伏線になっているのがこのドラマのスゴいところです。そして途中からはソーに出てきたキャラやアントマンに出てきたキャラなどが登場し、MARVELファンにとってはたまらないサプライズ演出が続くのも嬉しかったです。終わり方も続きがありそうな感じだったので、早く次のシーズンがみたいです。
このドラマは2周目から本当の良さがわかります。最初は、マーベル作品なのにシットコムの雰囲気で話が進んでいくので違和感を感じますが、それでもコメディのような感じで観れてしまうので笑いながら見てしまいます。でも、やっぱり違和感がずっと残ったり、この話は本当の話なのかな?と感じるシーンがでてきたりと、その違和感の正体がだんだんとわかってきます。1周目は物語の真実がわかってくるところに面白さがあります。じゃあ、2周目はすべてわかってしまったら面白くないのでは?と思うかもしれません。とんでもない!2周目はすべてがわかった上で見ると笑ってみていたシーンほど涙がとめどなくあふれて止まらなくてドラマが見えなくなるぐらいです。とても、話が練られている上に、マーベルの作品が全く詳しくない人でもおすすめできる作品です。でも、マーベルファンの人に向けて作りこんでいる部分があります!CMとして使われているシーンがありますが、これが過去作の主人公の心の声だったりと意味が分かると更に泣けること間違いなしです。
シットコムの世界にワンダとビジョンが入り込んでしまう話ですが、もともとアメリカのシットコムが好きな私にとっては、元ネタのオマージュの完成度の高さがとても興味をそそられました。シットコムだけでも十分ストーリーとして楽しめるのに、加えて段々とストーリーに怪しい点が浮かび上がってくる要素がとても見ていてワクワクしてきます。アベンジャーズエンドゲームの世界から繋がった今回のドラマですが、次回の映画につながるキャラクターも登場するため、キャラクターの、クロスオーバーを楽しみたい人にも向いている作品です。ワンダの最大の敵は思いもよらないところに存在し、クライマックスのアクションシーンはとても迫力がありました。
マーベル制作のドラマ「ワンダヴィジョン」は、今まで数多くのド迫力の映像やアクションシーンで名作を作り出してきたマーベル作品とは思えないシチュエーションコメディで幕を開け、ワンダとヴィジョンは映画「アベンジャーズ」では決して見せる事の無かったコミカルな魅力やより深い部分の感情表現が描かれており、驚かされる。そして、従来のファンが嬉しいのは第4話以降で「アベンジャーズ/エンドゲーム」の世界とリンクしている点で第5話では、X-MENシリーズのクイックシルバーが登場するファンにはたまらない展開となっていく。しかし、アベンジャーズのファンだけしか楽しめない敷居の高い作品になっているわけではなく、普遍的なテーマである“家族愛”を描いた上質なファミリードラマとなっている。双子を授かった二人が家族四人の絆で知覚兵器観察対応局と戦う場面は思わず涙が出てしまう。従来のファンはもちろんのこと、この作品で「アベンジャーズ」シリーズに興味を持った新しいファンも楽しめるマーベルの可能性を広げた意欲作である。
もしも、自分の大切な人が永遠に失われて会えなくなってしまったら、自分だったらと考えさせられる映画でした。きっと殻にこもってしまうだろうし、もしも彼が生きていたらと空想すると思います。そして、もし、自分が世界最強の魔法使いだったら、こんな風になったかもしれないと思いました。
エイジ・オブ・ウルトロンでクイックシルバー役を演じたアーロン・テイラー・ジョンソンさんでなく、X-MENのエヴァン・ピーターズさんが演じています。違和感が初めありましたが、二つの世界が一つにつながったようで嬉しくなりました。
また、ザ・マーベルの子供が大人になって登場していたり、ソーシリーズのダーシーが出演していたり、少しずつ他の作品の要素が含まれているのがとても見応えがありました。
エンドゲームの続きがあったことにともかく感動しました。
いわずと知れたマーブル実写映画のスピンオフドラマシリーズ。フェーズ3の完結編・エンドゲーム後のスカーレット・ウィッチに焦点を充てたこのシリーズは、他作品からのサプライズキャラの登場、そして歴史的合併となったディズニーと20世紀FOXが与えるフェーズ4への期待をビシビシと感じさせてくれる作品です。また、大人世代にとっての懐かしいシット・コム風な演出は、ノスタルジックながらも最新?と、第1話から視聴者を混乱の渦へと巻き込んでいきます。徐々に明らかになるスカーレット・ウィッチの秘密。そして死んだはずのヴィジョン。一体何が起こっているのか?視聴者、そしてスカーレット・ウィッチ自身がその真実に気づいた時、あなたは涙を抑えることができるだろうか?今後のマーブルフェーズ4に大きな影響を与える事となるこのドラマシリーズ、マーブルファン必見の作品です。
今おすすめのお得情報!

話題のドコモ格安プランahamo(アハモ)」!
申し込み受付はネットから。

月額2,970円(税込)でデータ容量はたっぷり20GB。
国内通話5分無料。
時間帯による速度制限なし。
4G/5Gどちらも使えます。

ahamoのネット申し込みはこちら

ahamoって何?という方はこちら

 

ahamo qr画像