動画配信状況

ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2022年9月11日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2021年7月4日~ TBS系列でテレビドラマ放送。
  • 出演・キャスト
    鈴木亮平、賀来賢人
    中条あやみ、要潤
  • 2023年に映画『劇場版 TOKYO MER~走る緊急救命室~』が公開予定。
    詳しい公開時期は今後の続報待ちとなっています。

ドラマ『TOKYO MER』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

作品名 配信状況
TOKYO MER~走る緊急救命室~
TOKYO MER~走る緊急救命室~ ディレクターズカット版 (第1話、最終話)
スピンオフ
作品名 配信状況
TOKYO MER~走らない緊急救命室~

TBS、テレビ東京、WOWOWの番組に強いのはParavi(パラビ)!
独占番組や見逃し番組も多数配信!
映画、ドラマ、アニメだけじゃない!ガイアの夜明け、がっちりマンデー!!、日経プラス10などニュース、ドキュメンタリーも多数配信。

Paraviの公式サイトはこちら

本ページの情報は2022年9月11日時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
TOKYO MER~走る緊急救命室~ DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。新作・準新作は月8本、旧作は借り放題。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません

口コミ・感想

テレビドラマ版

テレビドラマ版
これまでも救急医療の現場を舞台にしたドラマは数多く描かれていますが、新たなヒーローの誕生といった感じです。鈴木亮平さん演じる主人公がとても魅力的でした。MER発足時に掲げた一人も死者を出さないという信念を、持ち前の諦めない精神で貫いていく主人公を違和感なく見事に演じられていました。表情や台詞回しなど、穏やかでありつつも熱い思いを感じさせ、主人公がこれまで歩んできた医師人生を視聴者にすんなりと受け入れさせる力がありました。的確でブレない状況判断、スピード感溢れる緊急処置、精神的にも患者や周りの人達を支える度量の大きさに痺れっぱなしでした。ストーリーも政治的な要素を絡めつつ困難や逆境に立ち向かうこととなる展開で、毎回ハラハラして手に汗握る想いでした。
テレビドラマ版
主人公を演じる鈴木亮平さんの説得力がとにかく尋常ではなくて、毎回絶望的なシチュエーションからストーリーが始まりはするものの、絶対に助けてくれるはずだ!という謎の信頼を持ってワクワクした気持ちで観られるところがとても個性的な医療ドラマだと思います。「そうはならんやろ」が1話につき10回は口から出るとは思いますが、ここまで力技のハッピーエンドを毎回見せてくれると逆にクセになるんだな…と中盤から自分でもちょっと面白くなりました。かと思いきや唐突にものすごい悲劇が襲ったり、主人公が倒れてしまったもうだめだ…!と思ったところからの仲間による激エモ大逆転シーンでストーリーが大きく動いたりと、びっくり箱のような展開で最後まで飽きずに楽しめました。
テレビドラマ版
とにかく、熱血、熱いストーリーです。ラストまで目が離せなくなります。主人公は何者なのか、それによって大切な人の命が危険になるし、悲しい出来事に繋がるっていう展開もあって、ハラハラドキドキしっぱなしでした。しかも、救うだけでなく、そこに恋愛もしっかり絡ませてくるので、男女問わず、世代問わずに見てほしいです。キュンとする恋愛、でも切なさがある恋愛、そんなストーリーを見逃せなかったです。命に重さはなく、みな平等なのに、この国にはルールがあって、助けられる命が助けられないこともあって、でも助かる命を見捨てられないのが人の情だと思います。これを見たら、人にやさしくなるし、人を愛おしく思えると思います。それくらい感動しました。
テレビドラマ版
救命を扱った作品はこれまでも多く存在していましたが、本作が特徴的なのは特命の救急チームという設定を背景にしている点でしょう。
それによって単なる医療現場というだけでなく、事故や災害といったロケーションにおいて活動するといったシチュエーションとなり、よりドラマとしての魅力が増しているように思います。
そして魅力と言えば多くの登場人物の中でも、主人公である喜多見の存在が特に異質で魅力的です。
救命救急医として高い能力を持っていることはもちろん、常に笑顔で無茶なことを平気でやるという独特のキャラクター性が、この人物の進む先を見てみたいと思わされました。
他にも官僚である音羽や、消防庁の隊長、都知事などそれぞれの立場で信念を持って働く者たちとの、時に対立し、時に協力し合う関係性が熱いドラマでした。
テレビドラマ版
このドラマはチームのみんなで協力し合っていくところが良かったです。なんとしても命を救おうと真剣な姿は、見ていてとてもかっこよかったです。
喜多見は過酷な状況だとしても、いつも冷静かつ迅速で優しさのあるところが印象的です。みんなが無理だと感じていても、喜多見は絶対助けようとするところはかなりパワフルです。
また音羽はどこかクールで強気なところがインパクトありました。喜多見の言動が理解できず、時にぶつかり合うところはハラハラしました。それでも音羽らしさを貫きながら、だんだんみんなと馴染んでいくところが素敵です。
喜多見がいればなんとかなるという感じで、すごく大きな存在です。頼もしさと男らしさが溢れていました。
テレビドラマ版
この車一台があれば、その場で手術も出来てしまうという救急車の進化版みたいな、MERカーの存在が本当に素晴らしく、どんな災害の現場でも病院に運ぶタイムロスがない分、多くの人間を毎回救っていたのが印象的で、最後の死亡者ゼロっていうアナウンスが毎回気持ちよかったです。残念ながら最初は、このチームの医療スタッフの腕が確かで、数多くの現場で功績を挙げても、政治の道具としか見られていなかったので、MERカーを廃止しようといらぬ画作が働いていたりと厄介だったのですが、最終的にはみんな人の命を守りた行っていう思いから反対していた議員さんも賛成してくれたのが良かったです。もちろん毎回完璧に救えるわけではなく、一度だけ死亡者を出してしまう悲しい事件もあったけど、それをチームで乗り越えていく絆は素敵でした。
今おすすめのお得情報!