動画配信状況

スターオリジナルドラマ『DOPESICK アメリカを蝕むオピオイド危機』はどこで配信している?

※本ページの情報は2022年4月24日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 日本では2021年からDisney+ (ディズニープラス)で独占配信が開始。
  • 大手製薬会社が行ったオピオイド系鎮痛剤の誤ったマーケティング・キャンペーンにより依存症患者が激増。
    実際にアメリカで起こった「オピオイド危機」事件を元にした社会派ドラマとなっています。
  • 出演・キャスト
    マイケル・キートン、ピーター・サースガード
    マイケル・スタールバーグ、ウィル・ポールター
    ジョン・フーゲナッカー、ケイトリン・デヴァー
  • 原作はベス・メイシー著作の『DOPESICK~アメリカを蝕むオピオイド危機~』
    ベス・メイシーによる5年間の取材記録になっています。
    「ロサンゼルス・タイムズ書籍賞」を受賞。

ドラマ『DOPESICK アメリカを蝕むオピオイド危機』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

Disney+ (ディズニープラス)で配信中の作品

作品名 配信状況
DOPESICK アメリカを蝕むオピオイド危機

ディズニー作品ならDisney+ (ディズニープラス)にお任せ!
ここでしか見れないスピンオフ作品、オリジナル作品も盛りだくさん。
ディズニーが抱えている映画レーベル「マーベル」「ピクサー」「スターウォーズ」「NATIONAL GEOGRAPHIC」「スター」も配信!
「ミッキー作品」や「トイ・ストーリー」、「アイアンマン」に「アベンジャーズ」、「スター・ウォーズ」の本編から外伝まで全てを見るならDisney+ (ディズニープラス)!
さらに「glee/グリー」、「24 -TWENTY FOUR-」、「ウォーキング・デッド」など海外の人気ドラマも配信!
7つのプロフィールを作れて同時視聴は4台まで可能なので家族みんなで楽しめる。

ディズニープラスの登録はこちら
※Disney+ (ディズニープラス)に無料期間はありません。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

取り扱いはしていませんでした。

口コミ・感想

実話に基づいたストーリーだからこそ、とっても怖くて面白かったです。まさに今、新型コロナウイルスの薬がいろんな製薬会社でスピーディーに開発されていたりするので、この映画をみると安易に薬を服用してしまう怖さも感じてしまいます。今、全世界が見るべきドラマなんじゃないかというくらい、大切なドラマです。また、薬の服用で依存症に陥ってしまう人たちの様子にも、胸が痛みました。依存症になることが分かっていながらも、それを提供し続けた製薬会社にも怒りを感じます。国民を騙し続けていた裏側も明らかになってくるので、その辺は目が離せませんでした。主演のマイケル・キートンも、めっちゃ渋くてカッコイイのでおすすです。彼の演技力が本当に圧巻なので、毎回、魅了されてしまいました。
アメリカにおいて薬物中毒がいかに国全体を蝕んでいるかを私が思い知ったのは、2017年にアメリカ政府が鎮痛剤として用いられるオピオイドの乱用による薬物中毒に対して、公衆衛生上の非常事態を宣言した時のことです。この非常事態宣言、それ以前は2009年の新型インフルエンザ出現の時に耳にしていたので、薬物汚染がそれほどの危機的状況なのかとびっくりしましたね。そんなアメリカが抱える現実の社会の病理を描いたこのドラマ。ちょっとドキュメンタリーの色彩が濃い作品となっていて、薬物中毒者の発生を顧みずにひたすら利益を追求する製薬会社や、貧困がもたらす薬物依存症など、とにかくアメリカの暗黒面が生々しく紹介されています。見ていて楽しいドラマでは決してありませんが、世の中を現実を知ることができる作品ですね。
実際にアメリカ国内で起きた薬品をめぐる事件を描いたこの作品ですが、フィクションかと思いたいくらい衝撃的な事実を突きつけられて唖然としました。例えば薬が持つ中毒性にやられてしまう人たち、お金のために見て見ぬふりをする資産家、医療システムの腐敗など、裕福なものは得をして貧困層はどんどん搾り取られていく過程が見てて苦しかったです。それでもこのドラマをおすすめする理由は、実際にこういう事件が起きたということを学べるのと、ドラマとして盛り上がりどころもあってかなりスリリングだからです。やはり起きている事実が衝撃的すぎるので、それを再現するだけでもちゃんとしたドラマになるんだなと思いました。そしてこのドラマを見ると、日本の医療体制って結構しっかりしてるんだなと思えました。
2021年よりディズニープラスで配信されている本作は、オピオイド系鎮痛剤をめぐる事件を描いた本格的な社会派ドラマとなっています。人々を救うはずだった新薬が、逆に依存症の問題で中毒患者を増やしてしまうとんでもない毒に変わっていく姿は日本に置き換えても、古くは公害問題であったり、考えさせられるものがあります。そして、本作が実話をベースにしている点も驚きと怖さがあり、薬というものの恐ろしさを感じます。実話をベースにしているからこそ、ドキュメンタリータッチの演出もあったり、リアルな表現がより、観る人の恐怖心を煽ります。主人公の医者であるサミュエル・フィニックスを演じるマイケル・キートンは昨今では「バードマン」など高い演技力が評価されており、本作でもその重厚な演技でドラマを盛り上げておりハマり役です。
簡単に説明するとある製薬会社が鎮痛剤を開発して、それを売り捌いた結果、使用者たちがどんどん死亡してしまうという事件が起こりその製薬会社が糾弾されていくという展開です。このドラマを見ていると現実世界でも起こり得そうで、とてもリアリティを感じます。色々な人間たちがこの製薬会社に関わっていたことが話が進むにつれて段々と明かされていくのですごく興味深い展開の数々に目が離せませんでした。このドラマに出ている俳優さんたちのシリアスな演技にまず心奪われてしまいましたね。不正が明かされるたびに黒幕へと近づいていくので、その段階を踏んで前に進んでいる感じがとても見応えがあります。ミステリーが好きな人はすごくハマる作品だと思います。
1990年代から2000年代にかけて、実際におこった実話を元に描かれていて、ドラッグの怖さを改めて実感させられるドラマです。なんかドラッグで人々が依存していって、次々とドラッグで堕ちていく瞬間がうつしだされてて、恐いんですけど、でもこの後どうなるんだろうってそれはそれで気になって見てしまうみたいな。中毒性のあるドラマだと思います。見ていて非常におもしろい。また、薬物依存の怖さを見事に表現しているし、痛々しい社会の闇と危機的状況をこの後どうやって解決していくのか。そして、依存を招いた混乱の裏に大手製薬会社の陰謀とは何なのか。ドラッグにはまって堕ちていく人々はすくわれるのか。今後の続きが気になって目が離せません。
今おすすめのお得情報!

話題のドコモ格安プランahamo(アハモ)」!
申し込み受付はネットから。

月額2,970円(税込)でデータ容量はたっぷり20GB。
国内通話5分無料。
時間帯による速度制限なし。
4G/5Gどちらも使えます。

ahamoのネット申し込みはこちら

ahamoって何?という方はこちら

ahamo qr画像