※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
動画配信状況

映画『52ヘルツのクジラたち』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2024年7月9日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2024年3月1日に劇場公開。
  • 監督
    成島出
  • 出演・キャスト
    杉咲花、志尊淳
    宮沢氷魚、小野花梨、桑名桃李
    金子大地、西野七瀬、真飛聖
    池谷のぶえ、余貴美子、倍賞美津子
  • 原作は町田そのこによる小説『52ヘルツのクジラたち』
    2021年 本屋大賞 第1位
    52ヘルツのクジラたち【特典付き】 (中公文庫)

映画『52ヘルツのクジラたち』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

作品名 配信状況
52ヘルツのクジラたち ポイント/レンタル

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに180誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
ポイントレンタル作品や電子書籍などに使えます。
1,500ポイントで映画館チケットへ交換可能※対象映画館一覧はこちら
不足分をチャージ(1pt=1円)すれば現在上映中の作品もお得に見れる!初回特典の600ポイント+不足分900ポイントチャージ。実質900円で映画館で見れる
そしてU-NEXTはダブルスコアをつけて2018年2月の調査開始時よりずっと「見放題作品数No.1」!
さらに2023年7月にParavi(パラビ)と統合TBSテレビ東京の番組に強くなってますますパワーアップ!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2024年7月9日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Leminoで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

Paraviは2023年7月にU-NEXTと統合しました。
作品の配信状況はU-NEXTを御覧ください

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

取り扱いはしていませんでした。

口コミ・感想

タイトルにある「52ヘルツ」とはクジラの鳴き声で、その52ヘルツの声を聞ける同じ種類のクジラが居なければ誰も聞く事ができない・・
その意味の通り同じ「何か」を持った者同士にしか通じ合えない部分がある。
これは人間でも同じであるし、それが例え暗い過去であったり傷であったとしても通じ合える事があるのだというポジティブなメッセージを感じました。
昨今問題になりがちな「親権」についての手続きの複雑さ、難しさについての描写もあり考えさせられる。
同時にこの映画で描かれるのは型にはまったような「弱者」の姿ではなく、一人一人異なる一人の人間としての姿である。
果たしてわれわれはこうした人々の「声」に耳を傾けることが出来るだろうか。
それはあたかもクジラの52ヘルツの鳴き声のようなものだ。
「本当の弱者」の声なき声を聞くことが出来るかと社会に問いかける非常に挑戦的な作品。
この作品は、児童虐待やヤングケアラー、トランスジェンダーなどの現代において若者が抱える様々な問題をテーマにしているところが、とても興味深く心に染み渡る作品でした。特に印象的だったシーンが、母親からの虐待で人生を終わりにしようと車の前に立ちはだかった貴瑚に対して、貴瑚を助け出した安吾が「新しい人生を生きてみようよ」と優しく諭すシーンです。貴瑚の繊細な表情の変化がとても美しく、見ていて心が震えました。また、この作品を見て52ヘルツで鳴く鯨がいることを初めて知ったのですが、最後まで見終えて改めてタイトルの意味を深く考えさせられました。私も一人で悩みを抱えこんでいる人がいたら、きちんとその人の声に耳を傾けてあげようと強く思える作品でした。
仲間たちには聞こえない52ヘルツのクジラの鳴き声と、障がいや、環境に問題があって周りに馴染めない人たちを照らし合わせているところが文学的で良いと思いました。社会問題をこれでもかというほど詰め込んだ物語でありながら、それぞれの問題を深く掘り下げているところも素晴らしいと思います。シリアスな内容であり、自分が彼らの立場だったらどうやってこの問題を乗り越えるだろうか、と考えさせられました。自分は今のところ不自由なく生きているからこそ、この映画に出てくるような弱者に目を向けてこなかった事実に少し罪悪感を感じたりもしました。生きることへの絶望、その中にあるちょっとした救いなど、見ている間は感情を動かされまくるような作品です。
一見するとタイトルがよくわからないので、なんでこんな風な名前を付けたのかという事前情報を見てから映画を見ると、より面白みを感じられる作品です。
ヤングケアラーや虐待などといった現在の若年者が抱えている家庭内での社会問題をかなり色濃く描いている作品であり、当事者となっている子供たちの苦しみと、社会にいて周囲に人がいるにもかかわらず、その苦しみはまるで伝わらないというまさに「声を出しても他人には伝わらない孤独感」を表している作品です。
52ヘルツのクジラというタイトルが持つ意味がここで分かると同時に、物語に引き込まれるような演技と作品性がすごく良く、色々と考えさせられることが多いええ画だったと言えます。
52ヘルツのクジラって、高い周波数で鳴くから、その声が聞き取れず孤独なクジラっていう意味だと知れば、だいぶ悲しい物語に思えてしまいます。
この社会でも少なからず声なき声を発する人がいて、でもやっぱりその声はまわりに聞こえなくて、きっと安吾のようなラストを迎えてしまう人もいるのだと思う。
でも、この映画は聞こえる人が奇跡的にいて、突発的に出会って孤独ではなくなる…そんな映画でした。もちろん、単なるハッピーエンドでは終わらないけど、今の時代を映し出してる映画…。
トランスジェンダーについても深く知れました。
特に、アンさんの不思議な雰囲気には魅せられるなぁ…。存在価値は圧倒的にキナコのほうが大きくて強いけど、私はアンさんの雰囲気に引き込まれてしまいました。
本屋大賞作品だったこともあって、原作小説を読んだことがあったけれど、こうやって映像として現実から目を背けられてしまっているいろんな物事を見させられると、心が苦しくなりますね。助けてって叫びたいけれど、届かないSOSっていうのが、本当にタイトルと重なって表現が素晴しい。それにしても杉咲花ちゃんは、本当に難しい役ばっかりやっているイメージだけれど、素朴な雰囲気と彼女の抜群の演技力のせいもあって、今回のも凄くリアルに感じて素晴らしいの一言でした。ストーリーでは結構細かい部分の違和感というか、ちょっと無理な展開に引っかかったりするので、彼女がいるいないでは、この作品の評価は大きく変わっていたかも知れないですね。
今おすすめのお得情報!