※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
動画配信状況

韓国映画『デシベル』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2024年7月5日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2023年11月10日に日本で劇場公開。
    デシベル 通常版 [Blu-ray]
  • 監督
    ファン・イノ
  • 出演・キャスト
    キム・レウォン、イ・ジョンソク
    チャウヌ、チョン・サンフン
    パク・ビョンウン

韓流映画『デシベル』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

作品名 配信状況
デシベル ポイント/レンタル

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに180誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
ポイントレンタル作品や電子書籍などに使えます。
1,500ポイントで映画館チケットへ交換可能※対象映画館一覧はこちら
不足分をチャージ(1pt=1円)すれば現在上映中の作品もお得に見れる!初回特典の600ポイント+不足分900ポイントチャージ。実質900円で映画館で見れる
そしてU-NEXTはダブルスコアをつけて2018年2月の調査開始時よりずっと「見放題作品数No.1」!
さらに2023年7月にParavi(パラビ)と統合TBSテレビ東京の番組に強くなってますますパワーアップ!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2024年7月5日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

作品名 配信状況
デシベル レンタル

日テレ系ドラマ、バラエティに強いのはHulu!
見逃し配信、Hulu独占ドラマ「Huluオリジナル」も注目。
配信本数14万本を突破!
視聴機器も多彩に用意。パソコンにスマホ(iPhone, Android)にタブレット(iPad)。Fire TV、AppleTVなど他にも多数対応。ゲーム機ならPS4にPS5。そしてHuluはなんとニンテンドースイッチでも見れる!
支払い方法はクレカにPayPay、LINE Pay、キャリア決済など様々な手段が用意されています。

Hulu公式ページはここから
※Huluに無料体験期間はありません。

Huluを始めるならディズニープラスとのセットプランもお勧め!
ディズニープラスはディズニー作品だけじゃない!ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナルジオグラフィック、スターなど多数の作品をラインナップ。Huluと相互に作品を補完しあって充実の動画生活を楽しめます。
ディズニープラスとHuluのセットプランは、スタンダードセットプランプレミアムセットプランの2つからチョイス可能!
スタンダードセットプランは月額1490円でFullHD画質&2台同時視聴、プレミアムセットプランは月額1740円で4K動画&4台同時視聴を楽しめちゃう!
単体プランだとHulu月額1026円、ディズニープラス スタンダード月額990円、プレミアム月額1320円。これらを単純に足し算すると、スタンダードセットなら2016円、プレミアムセットなら2346円かかっちゃう計算に。でもセットプランならその差額がそれぞれ526円と606円もお得になるんです!
2つのサービスを一緒に契約して、お得に動画ライフを満喫しちゃいましょう!

Hulu Disney+ セットプラン
※Huluとディズニープラスのセットプランに無料期間はありません。
※また、ディズニープラス単体のサービスにも無料期間はありません。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

作品名 配信状況
デシベル レンタル

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

Leminoで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

Paraviは2023年7月にU-NEXTと統合しました。
作品の配信状況はU-NEXTを御覧ください

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
デシベル DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。「定額レンタル8ダブル」プランなら新作含む全ての作品を月8枚レンタルできる。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません
※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。

実際にTSUTAYA DISCASを使ってレビュー!宅配DVDのメリットや評判を紹介動画配信サービスの全盛とも言える今だからこそDVD/Blu-rayのレンタルサービスTSUTAYA DISCASを特集! 実は映画...

口コミ・感想

100デジベルを過ぎると爆発する爆弾をめぐり、主人公の元海軍副長とテロリストの激闘が描かれる韓国制作のアクション・クライム映画です。映画は爆弾と潜水艦の繋がりを軸に常に手に汗握る展開が続き、つい画面に集中してしまうつくりになっていて緊張感あるアクション映画好きな方は確実に入り込める作風になっていました。また、ストーリー面においても敵のテロリストの悲しいや残酷な真実も描かれ、ドラマ面でも非常に見ごたえを感じる作品といえました。一方で潜水艦映画と爆弾テロ映画、2つの要素があり、よく言えば一粒で二度おいしいのですが、悪く言えば少しどっちつかずになっていた感があったかも?とはいえ、ドラマ面の充実や映画「スピード」(キアヌ・リーブス主演)を彷彿とさせる手に汗握る爆弾テロの下りなど全編に渡って見応えを感じられる映画になっていましたね。
迫力のあるストーリー展開で、設定の騒音で爆破する爆弾が緊迫感があって楽しめる作品です。元海軍副長とIQが高いテロリストとの攻防が緊迫感があって、最後までこのスピード感に引き込まれました。実際にこんなのに遭遇したらと思わすパニックアクションが素晴らしかった。かなりドキドキするのに、何度も何度も連続するから面白い。そして、実は爆弾テロをする理由があって、過去を知っていくと切なくなりました。キム・レウォンさんとイ・ジョンソクの演技も引き込まれるほどの迫力があったのも良かった。犯人には驚きがあって良かったです。ラストのあんな極限状況での判断だと思うと、涙がでました。テロの手法としては残酷ですが、見応えのある作品です。
ASTROのチャウヌさんが出てるということで鑑賞しました笑、でもちょい役です。「デシベル」という映画のタイトルの通り、騒音に対して反応する爆弾テロを中心に話が進んでいきます。最初の爆発のニュースを見ていた元海軍副長であるカン・ドヨン、そこに犯人からの1本の電話。次の爆弾を仕掛けた場所を告げられるけど、そこはサッカーの競技場。見てる方は、そんなん絶対爆発するやんとハラハラしながら見ます。そもそもなんでドヨンがターゲットになるのか?ここでオープニングの潜水艦の事故の話とつながります。爆弾テロの犯人の弟はドヨンと同じ潜水艦に乗って事故に遭っていたのです。ドヨンは生き残って昇進、自分の弟は事故に遭って亡くなったのに事故自体が隠蔽され怒りを覚えてテロに走ったという、ストーリー自体は韓国のアクション映画(テロ系)でよくあるものではあるものの、騒音によって爆弾の爆発までの時間が減っていくというのは目新しく見てる方もドキドキして楽しむことができました。
ちなみに爆発シーンはほとんどがCGではなく本物を爆発させたそうなので、緊迫感がリアルです。アクション映画好きの方も楽しめると思います。
100デシベル以上の音が鳴ると爆弾が起動するという、非常にわかりやすく、なおかつ緊張感の高まる設定がこの映画の肝になっています。主人公は何とか爆弾を起動させないために頑張るのですが、全ての音をコントロールできるわけがないからこそ、どうやって対策を練っていくのかという部分に集中して見ることができました。ただ、この映画の面白いところはそのスリルだけではありません。後半からは驚くほどに切ない展開が待ち構えていて、復讐心の裏にあるもどかしさというのが伝わってきます。最初は悪者でしかなかったテロリストの背景がどんどん明かされることで、見ている側も感情移入できるようになるのです。しかしやってしまったことは犯罪なので、そこでどんな決着をつけるのかという辺りにも注目してみてください。
テロリストからの脅迫、仕掛けられた爆弾がこれまでの映画とは一味違いましたね。
騒音が一定のデシベルを超えると制限時間がアウトになり爆発する特殊なものでした。
それも仕掛けられた場所がサッカースタジアムだったり、プール施設だったり、騒音をコントロールできない焦りは、見ているこっちにまで伝わりました。しかも、爆弾を発見して制限時間に余裕があっても、周りが騒ぎ始めた途端、制限時間が短くなる、あのスリリングさは恐怖だとおもいました。
ただ、犯人についてはちょっと捻じ曲げたなぁっと感じました。動機はわからないことはないけど、ドヨンが乗っていた潜水艦での話が、行き過ぎてる感じが否めなかったです。魚雷だとか、仲間を減らすとか、もう少しストレートに動機づけして良かったのでは?と感じてしまいました。
前半は緊迫感とドキドキの映画ですが、後半は重い人間ドラマ。釜山を舞台に、騒音で反応する爆弾でテロを起こす天才爆弾魔と元海軍副長との攻防劇。ハラハラし息苦しくなり最後の悲しい選択に胸が詰まり泣けました。100dB超えたら制限時間が半分になる爆弾新鮮で、大きい音が出た時思わず叫んでしまいそうで楽しめました。盛大な爆破シーンは圧巻! 元海軍副長VS爆弾テロリストの対立構造が見えないのがもどかしくもありましたが、潜水艦シーンがかなり良いです。忘れず前向きに強く生きようとし、納得出来ない怒りや罪悪感に爆弾テロの背景にある二者択一の決断。残酷な物語の中でイジョンソクさんの演技にゾクッとし、兄弟同士の心情が伝わってきて泣けた。
今おすすめのお得情報!