※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
動画配信状況

映画『アンダーカレント』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2024年5月10日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2023年10月6日に劇場公開。
  • 監督
    今泉力哉
  • 出演・キャスト
    真木よう子、井浦新
    リリー・フランキー、永山瑛太
    江口のりこ、中村久美
    康すおん、内田理央
  • 原作は豊田徹也による漫画『アンダーカレント』
    アンダーカレント (アフタヌーンコミックス)

映画『アンダーカレント』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

作品名 配信状況
アンダーカレント ポイント/レンタル

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに180誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
ポイントレンタル作品や電子書籍などに使えます。
1,500ポイントで映画館チケットへ交換可能※対象映画館一覧はこちら
不足分をチャージ(1pt=1円)すれば現在上映中の作品もお得に見れる!初回特典の600ポイント+不足分900ポイントチャージ。実質900円で映画館で見れる
そしてU-NEXTはダブルスコアをつけて2018年2月の調査開始時よりずっと「見放題作品数No.1」!
さらに2023年7月にParavi(パラビ)と統合TBSテレビ東京の番組に強くなってますますパワーアップ!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2024年5月10日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Leminoで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

Paraviは2023年7月にU-NEXTと統合しました。
作品の配信状況はU-NEXTを御覧ください

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
アンダーカレント DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。定額4プランなら新作・準新作を月4枚レンタルできる。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは14日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません
※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。

実際にTSUTAYA DISCASを使ってレビュー!宅配DVDのメリットや評判を紹介動画配信サービスの全盛とも言える今だからこそDVD/Blu-rayのレンタルサービスTSUTAYA DISCASを特集! 実は映画...

口コミ・感想

この映画を見終わっての感想としては、誰の気持ちにも寄り添えないし、その行動が正しいのか間違っているのかも分からないけれど、それでも生きて行くしかないんだというメッセージ性を感じました。
常連客のサブじいのやさしさが、唯一の救いのようにも感じます。悟さんのやってしまった過去、それを聞いていたらかなえさんはどうしていたのだろうとも考えてしまいました。
かなえさんの生い立ちが中盤から徐々に分かるようになり、それと同時に堀くんのことが浮き彫りになる展開に、胸が締め付けられました。
ラストのかなえさんが「何も言わずにいなくならないでね」って言葉や、堀くんが口にした真実、そのあとの結末、すごく心に残りました。過去に何かしらある方も、きっとこの映画を見たら前を向かなきゃならないって思えますよ。
心の中にしまっている思いは、表面上の会話や振る舞いとは異なっていて、それを本性や本心と言ったりします。
かなえ、悟、堀の3人が各々の本心を表に出せないで苦しんでいたことがわかったとき、かなえが服を着たまま湯船に仰向けに倒れこんで浸かっているシーンは、時がたつのも忘れて苦しんでいることを表現していたのだと思いました。
悟と堀が異常で、それをまともな人間であるかなえの目を通して描き出すのかと思っていました。ところが、かなえにも人に言えない過去の苦しみがあったことを告白されて、人の判断は相対的なものでしかないのだと思いました。
悟の本心を聞けて、堀と本心を伝えあえたことは、かなえにとってハッピーエンドだったと思います。
原作を以前読んだことがあり、どんな雰囲気に映像化されるのかが気になり、見に行きました。この作品に関しては静かで心地よいというのが、一番胸に残った感想です。とても難しいのが、誰かに勧められるかと聞かれると首を振るかもしれません。なんというか、誰もいない湖で一人静かに相対する映画で、そっと心にしまっておきたいような、そんな作品だと思います。タイトルの意味に相応しい人の深層心理が描かれており、人によっては苦しい作品にもなる気もします。ただ、映画が終わりに向かうにつれ、徐々に零れ落ちる光のような希望にそっと温められる感覚があります。ここ最近の邦画の中では一番よく考えられ、原作を読んだ方にも見て頂けるようなとても丁寧な造りになっていました。
出演していた俳優陣の纏っている空気感が、本当になんとも言い表しにくいけれど良かったし、そこにちょっと軽い感じのリリー・フランキーさんが加わっていることで、その纏っている重たい空気がふわっと軽くなる感じもして、見ていて息苦しくなるってこともなかったのは凄いなって思いました。世の中みんな上手く生きられる人間ばかりじゃないわけで、そんな人たちの視点から描かれているので共感できる部分もいっぱいあったし、心に響くセリフや目に留まる仕草とかが多くて、素敵な映画だったなって感じました。嘘はいけないけれど、全部が本当である必要がないのは確か。ただ心地良い嘘ならばいいんじゃなくて、嘘だと気がついていないときが幸せなんだと思う。
この作品の特徴として、あえてセリフを入れない間や余韻を長めに残すことによって、登場人物の心情を観客に想像させるというのがあります。何となく見てるだけでは退屈に感じてしまうかもしれませんが、その余韻で何かを感じ取ろうとすることでこの作品の面白さが一気にか割ってくるのではないかと思います。主人公が抱えている罪悪感は常に心の底に残っていて、ちょっとしたきっかけでその罪悪感が浮上してくる様子がリアルに感じられました。そのきっかけは周りの人には全くわからないため、うまく助けてあげられないのがもどかしかったです。それでも対話をすることが大切だというメッセージがこの作品には込められているような気がします。真木よう子さんの落ち着いた演技が主人公の雰囲気によく合っていました。
本作の主人公達にとても共感できました。こんなことは誰にでもあるし、いつ同じ状況になるかわからないから、身近に思えます。この誰にでもある繊細だからこそ、人と人が関わるというのが難しい展開が良かったです。男性と女性の関係性が上手く表現されてます。見終わったら、人を理解してる気で、その人の本質を見逃さないようにしようと思いました。静かなシーンでも色んな感情が感じ取れます。映像の角度や音楽が、まるで日常を一緒に過ごしてる感じが、心地良い。セリフは表面だけで、実は演技に嘘と本当や生と死、思い込みと誤解という全く違っていてもすごく近いというのが、分かりました。人間と向かいあってる作品が好きなら、オススメです。
今おすすめのお得情報!