※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
動画配信状況

ドラマ『たそがれ優作』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2024年5月16日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2023年10月7日からテレビ東京系列でドラマ放送開始。
    たそがれ優作 [Blu-ray]
  • 出演・キャスト
    北村有起哉、瀬戸さおり
    駒木根葵汰、浅田芭路
    坂井真紀
  • 原作は安倍夜郎による漫画『たそがれ優作』
    たそがれ優作 (1) 【電子限定カラー収録】 (バーズコミックス デラックス)

ドラマ『たそがれ優作』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Leminoで配信中の作品

作品名 配信状況
たそがれ優作

dTVがパワーアップしてLemino(レミノ)リニューアル
国内、海外の映画、ドラマ、アニメに加えて音楽ライブやLeminoオリジナル作品、人気の韓流ドラマなど豊富な作品がラインナップ。
初めてLeminoに登録する方は初月無料!
既にdアカウントをお持ちの方なら登録も楽ちんです。
※携帯電話会社がドコモ以外の方でも利用できます。

Leminoプレミアムの初回初月無料登録はここから

本作品の配信情報は2024年5月16日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはLeminoのホームページもしくはアプリをご確認ください。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

Paraviは2023年7月にU-NEXTと統合しました。
作品の配信状況はU-NEXTを御覧ください

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

取り扱いはしていませんでした。

口コミ・感想

『この人生男ならあこがれる』と男性の皆さんは思う作品でした。男50代、昼は俳優業をこなし・夜は毎晩酒場にいき酒を飲みそこにいる魅力あふれる様々な女性に毎度毎度心を惑わされながら過ごす日々。普通はだらしなくて女の人は嫌うと思いますし、家庭を持っている男性にはまねできないけど少しあこがれる世界を視聴し疑似体験ができる作品です。その主人公は毎回違う居酒屋に行っては女に翻弄される。出会う女性はみな毎回何かを抱えている女性ばかりそういう人に関われば面倒なことがわかっているのだが何故か関わってしまうそれほどに抱えている女性は魅力的に見えてしまう。主人個は中年オヤジで不器用でうまく立ち回れない姿も見いいてしまう要素の一つだ。まだ私は若いが少し共感できるところもあり年齢が近ければ近いほど共感できるドラマなのではないかと思う作品です。
なんだろう50代ってこんな感じかなと思えて、主役の北村有起哉の素ぽさが良かったです。毎話ごとにロマンスがあり、飯テロがあるから楽しめます。50代の悲哀がや成功するために孤独になるとか、共感できるところもあります。優作が毎話女性に翻弄されるのを見るのが、面白かったです。北村有起哉と各それぞれの女優の演技が素晴らしい。こんな自然な50代男性を北村さんうますぎです。ロマンスになると不器用で上手く対応してなくて、こんな人いるいる。お店紹介も興味があるところばかりで、好感持ちました。客の気持ち察してくれる店なんか最高でした。そんなホッとできるドラマなので、寝る前に見るのがオススメです。癒されて良かったです。
こうしたレトロな昭和っぽさ、好きですね。中高年の方にはグッとくる感じがします。
昼は俳優、夜は酒場に繰り出す主人公の北見優の1日のダイジェストは、毎回、残念さで終わるんだけど、それも役に役立つよ!って肩を叩いてあげたくなります。
後ろ姿は侘しさあるけど、やってる役者のクオリティは三枚目にするにはもったいない。
訪れる店でお酒を酌み交わすマドンナ達、しかもそれっぽい雰囲気で惑わされるとこ、あざといよね。
脇役が主役だから空振りの連続でも成り立つドラマだと思います。優作が口にかきこむご飯の音もそそられるし、「やるじゃん」って小学生から突っ込まれたり、クスッとする場面がちょいちょいあって、やるじゃんってホントに思った。優作、次も期待したい!
グルメ系ドラマの要素にロマンスを足し、大人の落ち着いた雰囲気を感じられるのがこの作品の特徴だと思います。優作が毎回女性たちに翻弄されるお決まりの流れを見ると、不思議と安心できます。年齢を重ね、それでも上手く恋愛ができない男の哀愁というのが伝わってきました。この不憫で不器用なところが、優作の一番の魅力だと思っています。マドンナ的な存在に翻弄されてしまう展開は、昭和のドラマっぽさもあり、それが懐かしさを感じさせてくれます。ママと優作のやりとりは人情味があり、人と人との繋がりのあたたかさを実感できます。大きな事件や転換がないからこそ、全てのエピソードをまったり鑑賞できるのがこのドラマの好きなポイントです。
ちょっと今までにはあまり見たことがないタイプのドラマで、北村有起哉さんが、ほぼご本人という形で出演されているのが斬新で面白かったです。なにか具体的な目的や大きな出来事があるわけではないですが、毎回ちょっとしたロマンスと美味しそうなご飯っていうのが、哀愁漂うオジサマって感じで良かったですね。こういう名バイプレーヤーの人が主人公となった日常ものって、本当にその人の世界の延長上っていう感じがしてほのぼのしてしまうし、バイプレーヤーとしての良さも引き立つから楽しい。毎回色んな女優さんと絡んでいる会話劇も良いし、ちょっとした心遣いにも感動しちゃう土古里がありました。さすがはテレ東っていう雰囲気で、ぜひともシーズン2制作してほしい。
名脇役たちが勢揃いしているドラマになっていて、すごく面白かったです。役者の日常を切り取っているかのようにも見えました。そして、毎回登場する食事がどれも美味しそうで、そこがやっぱり見どころでもありました。うな重とか厚焼き玉子とか、どれも馴染みのある食事が多いんですが、それがまた美味しそうなんです。グルメドラマはよく見る方なんですが、その中でも特にハマったドラマでした。特に、主演の北村有起哉さんが良かったです。優作役がめっちゃハマっていました。北村さん自身も名脇役だからこそ、見ていて重なってしまう部分も多かったように思います。どのエピソードも好きでしたが、個人的には親友とのエピソードが良かったです。ホーム・チームの与座さんがいい味を出していてオススメの回でした。
今おすすめのお得情報!