※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
動画配信状況

ドラマ『わたしの一番最悪なともだち』はどこで配信している?

※本ページの情報は2024年2月17日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2023年8月21日からNHK総合でテレビドラマ放送開始。
    わたしの一番最悪なともだち
  • 出演・キャスト
    蒔田彩珠、髙石あかり
    高杉真宙、倉悠貴
    サーヤ(ラランド)、久間田琳加
    井頭愛海、紺野まひる、マギー
    倉科カナ、原田泰造、市川実日子

ドラマ『わたしの一番最悪なともだち』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

作品名 配信状況
わたしの一番最悪なともだち ポイント/レンタル

NHKを見るならU-NEXTの「NHKまるごと見放題パック」がオススメ!
NHK作品は単話レンタルでも楽しめますが、見放題パックなら月額990円(※オプション料金。別途U-NEXT月額料金も必要です)で本数制限なく見放題
話数が多い大河ドラマや朝ドラも一定料金で楽しめる。U-NEXTの初回加入特典でもらえるポイントを使ってお得に「NHKまるごと見放題パック」に加入できます!
まずはU-NEXTに無料登録。次に見たいNHKドラマを選ぶと単話レンタルか「NHKまるごと見放題パック」への加入を選べます。
U-NEXTは映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに180誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
ポイントレンタル作品や電子書籍などに使えます。
1,500ポイントで映画館チケットへ交換可能※対象映画館一覧はこちら 不足分は1pt=1円でチャージできます。
そしてU-NEXTはダブルスコアをつけて2018年2月の調査開始時よりずっと「見放題作品数No.1」!
さらに2023年7月にParavi(パラビ)と統合TBSテレビ東京の番組に強くなってますますパワーアップ!
U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!
それが下のボタンからU-NEXTに登録すれば通常600ポイントのところ1,000ポイントもらえるのでそのポイントで「NHKまるごと見放題パック」に加入できます!

U-NEXTの無料体験はここから(特別1,000pt!)

本ページの情報は2024年2月17日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

作品名 配信状況
わたしの一番最悪なともだち オプションチャンネル

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

Paraviで配信中の作品

Paraviは2023年7月にU-NEXTと統合しました。
作品の配信状況はU-NEXTを御覧ください

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Leminoで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

取り扱いはしていませんでした。

口コミ・感想

人生において最初の大きな難関は、受験よりも就職でしょう。一番人生のありようが変り、自分の生き方が問われる瞬間でもあります。だからこそ就活に連戦連敗中なら面接の時はいろいろと自分を作ったり、誰かを真似たりしてしまう気持ちはわかります。そして真似たのが天敵でもあるけど、いつも輝いていた存在。このドラマではその存在とまた再会し、反発したり歩み寄ったり、互いにいろいろと成長していく姿が実に繊細に描かれています。幼なじみの女性ふたりが、べったり仲良しというよりも、袖触れ合うくらいの距離感なのに、なぜか影響し合う。それはきっとふたりには適度な距離と理解があって、性格も違っているからこそなのでしょう。「最悪のともだち」といってもいわゆる「悪友」というのではない、こんな友だちは素敵だなと思います。
ちょっとピリピリするのですが、なんだか温かいという人間臭いドラマでした。夜だったのと1話15分だから、少し刺さってじんわりする展開は良いです。出演している蒔田彩珠と髙石あかりは、ピッタリでした。自分にコンプレックスを持ち、同級生がキラキラして自信たっぷりさに憧れと嫉妬心を抱いてるのも、分かりやすい。関わらないようにしたい気持ちも分かります。でもなんだか縁があるからストーリーが進みます。若い時代は、こんな気持ちあったなぁと二人を応援してしまいました。こんな二人のように綺麗な部分だけを見せないで、誰かと競争するのではなく、同等に隣で歩ける関係性になれたら良いなと思います。人間関係をあらためて考えてみた作品です。
自分を偽り、幼なじみの仮面をかぶって過ごすってなかなか無い設定だと思いました。心持ちがラストは強くなるし、成長できた青春ドラマになったように感じます。
誰でもなりたい自分ってあるけど、そこを上手く表現してました。私はほたる派です。題名通り、一番最悪なともだちのほたると美晴の関係がラストで修復できるのか、めっちゃくちゃ見応えありました。嫉妬してしまう相手、だからなかなか肯定できない自分に苛立つ様、2人の心が寄り添えるように畳み掛けるようなシーンが続くところもぐっときました。よるドラだから、もっと単純に仲直りするのかと思っていたけど、そうじゃなかったですね。あと、誰かはちゃんと見てくれてるんだと、、一人ではないんだというメッセージ性がよかったです。
1話15分だから、知らない役者さんの主演作品だったけど、凄く見やすくて良いドラマでした。結局他人から見たら何でも持っているような完璧な人間に見えても、その人からしたら別の誰かが羨ましかったりするし、人間って無い物ねだりどころか、とことん欲張りな生き物なんだろうなって感じられる内容でしたね。どうしても自分のコンプレックスを増幅させてしまうような、相性が悪い相手って存在するものだけど、避けたいと思っていても、何かと縁があって、お互いに引き寄せられてしまうのは、ある意味では運命的でもあったし、だからこその二人の関係性が面白いなって感じました。主演のお二人の演技もいい感じだったし、セリフも印象的でした。
自分にないものを持っている人にばかり目が行き、どうしたらその人のようになれるのか常に考えている主人公の気持ちに共感できました。ありのままの自分を認めることは大切だと言われるけど、実際にそれを実行することは簡単ではないという現実的な部分がちゃんと描かれている作品です。就活という優れた自分をアピールしなければいけない状況に主人公がおかれているからこそ、余計にコンプレックスを刺激されるのもリアルだなと思いました。ただしこの作品では、憧れの的になっている完璧そうな人であっても、また主人公と同じようにコンプレックスを持っていることが描かれています。その人の気持ちや物足りなさというのは、本人にしかわからないんだなと改めて実感できる作品でした。
自分とは正反対な美晴が羨ましくてたまらないけれど、その事実を認めてしまうと自分を全否定することになると怖くなって、美晴とは極力関わりを持たないように、そして意識的にも1番遠い存在として位置づけした、主人公・ほたるの深層心理に共感しながら見進めていました。しかしそんな思いの一方で、美晴になりきった途端にスラスラとエントリーシートが書けたり、やっぱり完全に切り離すことができないほたるの葛藤もひしひしと痛感。連敗続きだった面接ダンジョンを無事に乗り越えたので、ほたるにとってポジティブな転換期になったんだと思っていたけれど、美晴を演じ続けるうちにどんどんほたるが消え始めている現実を目の当たりにして、簡単に自分を失くすことも変わることもできないのが人間だと改めて突きつけられた気がしました。
今おすすめのお得情報!