※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
動画配信状況

大河ドラマ『麒麟がくる』はどこで配信している?

※本ページの情報は2024年7月10日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2020年1月からNHKでテレビドラマ放送開始。
    大河ドラマ 麒麟がくる 完全版 第壱集 ブルーレイ BOX [Blu-ray]
  • 出演・キャスト
    長谷川博己、門脇麦
    木村文乃、川口春奈、石川さゆり
    染谷将太、高橋克典、吉田鋼太郎
    堺正章、本木雅弘、南果歩
  • 脚本
    池端俊策

ドラマ『麒麟(きりん)がくる』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

作品名 配信状況
麒麟がくる ポイント/レンタル

NHKを見るならU-NEXTの「NHKまるごと見放題パック」がオススメ!
NHK作品は単話レンタルでも楽しめますが、見放題パックなら月額990円(※オプション料金。別途U-NEXT月額料金も必要です)で本数制限なく見放題
話数が多い大河ドラマや朝ドラも一定料金で楽しめる。U-NEXTの初回加入特典でもらえるポイントを使ってお得に「NHKまるごと見放題パック」に加入できます!
まずはU-NEXTに無料登録。次に見たいNHKドラマを選ぶと単話レンタルか「NHKまるごと見放題パック」への加入を選べます。
U-NEXTは映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに180誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
ポイントレンタル作品や電子書籍などに使えます。
1,500ポイントで映画館チケットへ交換可能※対象映画館一覧はこちら 不足分は1pt=1円でチャージできます。
そしてU-NEXTはダブルスコアをつけて2018年2月の調査開始時よりずっと「見放題作品数No.1」!
さらに2023年7月にParavi(パラビ)と統合TBSテレビ東京の番組に強くなってますますパワーアップ!
U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!
それが下のボタンからU-NEXTに登録すれば通常600ポイントのところ1,000ポイントもらえるのでそのポイントで「NHKまるごと見放題パック」に加入できます!

U-NEXTの無料体験はここから(特別1,000pt!)

本ページの情報は2024年7月10日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

作品名 配信状況
麒麟がくる(NHKオンデマンド) オプションチャンネル

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

Leminoで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

Paraviは2023年7月にU-NEXTと統合しました。
作品の配信状況はU-NEXTを御覧ください

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
大河ドラマ 麒麟がくる 完全版 DVD
大河ドラマ 麒麟がくる 総集編 DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。「定額レンタル8ダブル」プランなら新作含む全ての作品を月8枚レンタルできる。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません
※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。

実際にTSUTAYA DISCASを使ってレビュー!宅配DVDのメリットや評判を紹介動画配信サービスの全盛とも言える今だからこそDVD/Blu-rayのレンタルサービスTSUTAYA DISCASを特集! 実は映画...

口コミ・感想

長谷川博己さんのファンなので、楽しみに視聴。期待した以上に面白く、すごく見応えがありました。特に、長谷川博己さんの所作が本当に美しく、ますますファンになりました。
また、歴史に詳しい方ではありませんが、創作と史実のバランスがとても良い印象を受けました。それぞれがその道を選んだ、というより選ばざるを得なかった流れが、ものすごい説得力を持って描かれているところも素晴らしかったです。終盤の誰もが知る信長誅殺という悲劇に向かう展開。信長本人や周囲の人によって、十兵衛が追い込まれていくさまは、創作とは思えないほど鬼気迫るものがありました。後、放送開始後を中心に賛否両論だった衣装の華やかさや渋さも個人的にはすごく好みでした。
主役は本能寺の変で有名な明智光秀なんですけど、このドラマで明智光秀ってこういう人物なんだ、こういう経歴の持ち主なんだとわかって参考になりました。
ぶっちゃけ私の知っていたことって、足利家からの使いで信長と会い、そこから仕えて有能振りを発揮した程度のことでしたから。
斉藤道三が討ち死にした時に一族が光秀を逃がそうとしてくれたり、朝倉家に仕えたら仕えたで粗略に扱われたりしていとか知らなったので驚きました。
あと朝倉領で生活していた時は相当貧しく、奥さんが家計をやりくりする為に自分の所持品を質へ入れに行ったシーンは泣けました。
そこまでしても夫である光秀を責めるなんてことをしませんし、その夫婦仲の良さにも驚きました。
最後は謀反人として悪名を残したものの、明智光秀の人物像を知れれましたし楽しく観れました。
明智光秀の三日天下は、よく知ってたけど、嫌味な人なのかと思っていたのが、このドラマで印象が変わりました。ドラマは、光秀、帰蝶と信長の話にまとめられていて、見応えありました。光秀がなぜ裏切る事になったか説得力あったと思います。とくに後半の光秀は、すごくカッコよくて素敵でした。他のキャストもとてもカッコよかったです。戦国時代は、国取合戦として楽しめますが、さらに、命懸けなのが感動しました。今回の信長は、よくある雰囲気とは違ってますが、現代にあったリアルさがありました。強靭で堂々としている、キレたナイフみたいな怖いイメージですが、本当はこんな感じだったのかもと思います。本能寺の変の真実はどうだったのか、すごく興味があります。
現在放送中の「どうした家康」を観ている時にも思っていたけれど、最新の大河ドラマを視聴中に過去の作品を見返すのは、偉人たちの描かれ方も全然違っているし、演者さんが変わることで自分の視点もガラリと一新できて、さらにその人物への興味が湧き出てくるんだなと強く実感。同じ織田信長が描かれていても、本作では比叡山にいた僧侶の首を並べて喜ぶ姿だったり、二条城建築では足りないなら仏像を砕いて使えと当然のように命じていたり、冷酷無慈悲さがより激しく表現されているので、どの作品が本来の彼らなのか?どの作品も本来の彼らなのか?と想像するのもまた面白かったです。そして何より目の保養になったのは向井理さんの武家姿で、将軍家として凛とした姿を見せつつ、何処か心の奥底には悲しみを抱えている眼差しと、ふと見せるせつなげな表情に幾度となく目も心も奪われました。
最初は長谷川博己さんどうかな、ちょっと微妙かも?と思っていました。でも見続けていたら、後半に向けてどんどんノッてくる感じ。大河ドラマってお話的に重かったり複雑な部分もあるので、後半になると疲れてしまうことがあるんですよね。しかし、こちらは後半に向けてどんどん面白くなっていったように感じます。
お話としては、もちろん史実もありますが創作部分も多いです。この創作部分が、人を選ぶかなと想いました。もう少し史実に沿ったお話でも良かったのではという印象です。後は流行り病で大変な時期だったので、撮影なども大変なところが多かったのではないでしょうか。制限がある中クオリティの高いドラマを作ってくださったことに対して、深い感謝を感じた作品でした。
長谷川博己さんは線が細いし、戦国ものはどうかなーと思って見たのですが、特に違和感なく、寧ろとてもカッコよかったです!織田信長目線のストーリーは良くあるので、今回明智光秀目線でのストーリーを見ることが出来て、明智光秀のイメージがガラリと変わりました。主人公が誰になるかで、その人の置かれている状況や立場などを踏まえて見ることが出来るので、色々と違った視点で見ることが出来るなーと純粋に面白かったです。有名な本能寺の変も、今まで私が知っていた歴史とは少し違った観点から見ることが出来たのも凄く新鮮でした。明智光秀ってこんなに慕われてる人だったんだなと意外でした。後半のスピードが少し早かったので、もう少し後半もゆっくり見たかったです。
今おすすめのお得情報!