※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
動画配信状況

ドラマ『日曜の夜ぐらいは…』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2024年2月12日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2023年4月30日からテレビドラマ放送開始。
  • 出演・キャスト
    清野菜名、岸井ゆきの
    生見愛瑠、岡山天音
    川村壱馬(THE RAMPAGE)
    和久井映見、宮本信子

ドラマ『日曜の夜ぐらいは…』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

作品名 配信状況
日曜の夜ぐらいは…

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに180誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
ポイントレンタル作品や電子書籍などに使えます。
1,500ポイントで映画館チケットへ交換可能※対象映画館一覧はこちら
不足分をチャージ(1pt=1円)すれば現在上映中の作品もお得に見れる!初回特典の600ポイント+不足分900ポイントチャージ。実質900円で映画館で見れる
そしてU-NEXTはダブルスコアをつけて2018年2月の調査開始時よりずっと「見放題作品数No.1」!
さらに2023年7月にParavi(パラビ)と統合TBSテレビ東京の番組に強くなってますますパワーアップ!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2024年2月12日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

Paraviは2023年7月にU-NEXTと統合しました。
作品の配信状況はU-NEXTを御覧ください

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Leminoで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
日曜の夜ぐらいは... DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。新作・準新作は月8枚、旧作なら8枚制限なし。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません
※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。

実際にTSUTAYA DISCASを使ってレビュー!宅配DVDのメリットや評判を紹介動画配信サービスの全盛とも言える今だからこそDVD/Blu-rayのレンタルサービスTSUTAYA DISCASを特集! 実は映画...

口コミ・感想

とある出会いときっかけを通して次第に仲良くなっていく三人の交流や、気づけば友情を越えた絆が生まれていく日々…その自然な描かれ方は観ているだけで勇気を貰えるような、とにかく多くの人に全話観てみてほしい作品。どんなジャンルかとはひとことで言えないし、ジャンルに括らなくていい、そんなドラマです。また、車椅子の母親と二人で暮らす主人公や祖母と暮らす子など、様々な人生の少し鬱屈した日々の描写がとてもリアルで。キラキラしたドラマだと描かれないような、でもきっとこういう人はたくさん「いる」というような世の中の隅にあるものをきちんと描いてくれていて、しかも「それでもいいんだ」と肯定してくれるようなメッセージが随所に散りばめられているところがとにかく刺さる人にはものすごく刺さると思います。憂鬱になることもある「日曜の夜」の心の内に爽やかな風が吹くような、小さな元気と勇気を貰えるような素敵な作品です。
それぞれ人生のどん底を過ごして来た3人が、ラジオ番組のバスツアーで出会いその縁を繋げて行くお話。楽しかった思い出を大切に生きて行きたいと、連絡先を交換せずにこのまま別れようと提案したおだいり様でしたが、その理由を後々知ると共感せずにはいられなくなりました。わぶちゃんの母親・まどかがクズすぎて、矢田亜希子さんが本気で嫌いになるくらいのレベルになったし、ケンタさんの兄にはむかっ腹が立ちっぱなしでしたが、そんな周りの雑音をかき消すほどの3人の絆と、同じバスツアーで出会ったみねくん、わぶちゃんの祖母・富士子さん、おだいり様の母親・邦子さん、カフェプロデューサー・賢太さんという、血の繋がりよりも濃く固く結ばれた信頼関係がとっても素敵に描かれていて、エンディングのMrs. GREEN APPLE「ケセラセラ」がピッタリな世界観でした。
生見さんが女優として活躍し始めてからは、同じ稲沢出身の清野さんとのコンビでの共演がぜひ見たいと思っていただけに、思ったよりもその夢が叶った事が大変嬉しかったですし、岸井さんを含めてまるで三姉妹か昔からの長年の付き合いのある息の合ったトリオを演じていたのも素晴らしかったと思います。その3人が家族の事で悩んでいたり振り回されたり葛藤しているシーンがとても印象に残っているのですが、3人が出会う事で笑顔になれる事も多かったので、本当に良かった、救われたと思いました。和久井さんが岡田作品に出演する時のイメージはほんわかしてちょっぴりおちゃめな女性のキャラクターと言うのがあったのですが、この作品でもまさにそうでそのほのぼのさには癒されました。
初めのサチの思考でいいことがあったあとは悪いことが起きると言う考え方が一緒だっただけに、宝くじがあたってよかっなというよりも、嫌な予感がひしひしと漂っていました。若菜も会社で嫌なことがあったり、母親にお金をせびられたり、翔子も母親との関係が良くなくて、でも3人まだ出会えた事で、3人ともが前に進めた所がすごく気持ちよかったです。それでもなにか起きないかハラハラ見ていましたが、カフェの準備がどんどん進む中で順調に行く姿はある意味今までとは違ったドラマの挑戦じゃないかなとも思えました、日曜の夜だからこそ、明日仕事のもやもやな気持ちの中でこそ映えるドラマだったと思います。人生でかけがえのない仲間達と凄く事の羨ましさもありましたし、みねくんとの関係性も素敵でした。一番微笑ましかったのは、若菜のおばあさんとサチの母親が親友となった事で、子供達が仲良くならなかったら二人とも孤独だったのかもしれないと思うと感慨深かったです。一番惹き込まれたこのドラマの特徴はみんなの言葉が優しい。途中もその優しい言葉に癒やされましたが、最終回サチの優しい言葉に明日も頑張ろうと思えました。
孤独に生きてきた主人公たちが、信頼し合える仲間に出会って、夢や希望に向かって進んでいくストーリーが凄く良かったです。最初は暗い話なのかな?と思って見ていたのですが、そんなこともなくどんどん成長していく主人公たちがとても魅力的で、応援したくなるドラマでした。私もこんな仲間が欲しいな~と凄く羨ましくなるくらい、お互いのことが大好きで必要なことがビシバシ伝わり、恋愛でもないのにニヤニヤしてしまうような関係でした!このドラマでめるるの演技を始めてみたのですが、演技が思いのほか上手くて驚きました。主人公級の役だったので、大丈夫なのかな?と勝手に心配していましたが、他の女優さんに比べても全然見劣ることもなく、また違うドラマでも見てみたいなと思わせるような縁起でした。
バスツアーで出会った女性三人組の境遇が辛すぎて、最初はだいぶ重たい話だなって思っていたけれど、途中からはどんどんいい方向に進んでいって、ハッピーな感じのドラマになって良かったです。宝くじの当選後とかは、もしかしたらこの子達って自分たちで不幸に進む癖でもあるのかなって、もしかしたら悲劇のヒロイン体質なんじゃって思ったけれど、そういうわけじゃなく、誰しも人間生きていれば、良いことも悪いことも起きうるわけで、人生の中には幸せも不幸も隣り合わせでみんなのもとにあるんだよって感じがしました。とにかく癒やされる感じが主役のお三人から感じられたし、日曜の夜くらいは、たしかにこんな感じの素敵なドラマでゆっくりしたいね。
今おすすめのお得情報!