動画配信状況

『もみの家』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2022年6月21日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2020年3月に劇場公開。
  • 出演
    南沙良、緒形直人
    田中美里、中村蒼
    渡辺真起子、二階堂智
  • 監督
    坂本欣弘

映画『もみの家』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

作品名 配信状況
もみの家 レンタル

dTVなら初回初月無料で見れる!
月額550円(税込)で映画、ドラマ、音楽ライブにフィットネス動画まで大充実で楽しめるのがdTV!
※AppStore、GooglePlayで課金すると650円高くなってしまうのでこちらのWEB上からの登録がオススメ!
※dポイントを月額の支払い、レンタル作品の購入に使用できます。
携帯電話会社がドコモ以外の方でも利用できます。

dTVの初回無料おためしはここから

本作品の配信情報は2022年6月21日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

作品名 配信状況
もみの家

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに150誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
※ポイントはレンタル作品や電子書籍などに使えます。
ダブルスコアをつけて2018年2月の調査開始時よりずっと「見放題作品数No.1」!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2022年6月21日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

作品名 配信状況
もみの家

フジテレビ系ドラマ、映画に強いのはFODプレミアム!
Amazon Payかクレジットカードで登録すれば初回2週間無料で見れる!
アニメや海外ドラマも配信!さらに160誌以上の雑誌も読み放題!雑誌読み放題も月額基本料に含まれているので追加料金必要無し!もちろん無料体験中でも雑誌読み放題を利用できます。
FODの無料体験はここから

この記事は2022年6月21日時点の情報となります。配信が終了している可能性がございますので、FODオフィシャルサイトにて、必ず最新の情報をご確認ください。

Paraviで配信中の作品

作品名 配信状況
もみの家 レンタル

TBS、テレビ東京、WOWOWの番組に強いのはParavi(パラビ)!
独占番組や見逃し番組も多数配信!
映画、ドラマ、アニメだけじゃない!ガイアの夜明け、がっちりマンデー!!、日経プラス10などニュース、ドキュメンタリーも多数配信。

Paraviの公式サイトはこちら

本ページの情報は2022年6月21日時点のものです。最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

作品名 配信状況
もみの家 レンタル

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
もみの家 DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。新作・準新作は月8本、旧作は借り放題。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません

口コミ・感想

不登校になってしまった少女が、田舎にある自立支援施設で暮らすようになり、いろんな人と出会いながら、自分自身とも向き合い、やがて立ち直る物語。こう書くとありがちなストーリーに思えるのですが、脚本が丁寧で、演出も秀逸であり、見ていて素直に受け入れられるような作品に仕上がっていると感じました。主人公の少女彩花は、周りから嫌われないよう過ごすあまり心を閉ざして不登校に追い込まれたという設定で、私も周囲の空気を読むことに気疲れすることに子供の頃から悩んでいましたから、とても共感できました。農業を通じて自然に触れ合う描写もとても良かったです。生き物に実際触れてみることで得られる学びはとても大きいものだと個人的に考えていますから。とにかく温かさに包まれた映画でした。
南沙良さんが主演ということで興味を持ち始めて見ました。不登校になった彩花が自立支援施設での生活を通して変わっていくという物語なんですが、まずこの映画の素晴らしいところは空気感です。田舎ののんびりとした時間の流れがこの映画の画面から遺憾無く発揮されています。夏休みに田舎に行った時を思い出すかのような空気感です。初めのうちはなかなか施設に溶け込めない彩花ですが田植え作業を通して仲間との絆が芽生え始めるのですごく見ていて面白いです。あんなに家族に心を閉ざしていた子がこんなにも明るくなっていくのかという変化がわかるので見応え十分です。やはり農作業の力というものは凄まじいものがあるなと考えさせられました。
心を閉ざしてしまった少女・彩花がある人物と出会って交流していくうちに徐々に心を開いて変化していく様子に胸を打たれました。この映画を見ていると、人は1人で生きていくとどうしても閉塞感のようなものを感じてしまい、ほかの人と繋がりを持つことによって自然と心が開放的になっていくんだなと思いました。どんでん返しや派手なシーンは無く、まったりとしたペースで淡々と進んでいく空気感も心地よかったです。主人公の彩花を演じた南沙良さんの演技力もこの映画を語る上ではかかせません。最初の心を閉ざしていた状態から徐々に表情が明るくなっていく様子は演技とは思えないほどリアルで、まるで一種のドキュメンタリーを見届けているかのような気分になりました。
自分のしたいことが見つけられないでふさぎ込んでしまった少女が農業を通じて、人や街、自然と触れ合い成長していくストーリーです。
ほのぼのとして心が温かくなるようなステキな映画でした。
学校に長期間行っていなくて、久しぶりに行くとなると恥ずかしいようなそんな思いが積み重なって不登校になったりするのだろうなと思いました。
もみの家を通じて自分自身の内面と向き合い、時間をかけてゆっくりと成長していくのでゆったりとした映画です。
主人公を演じたのは南沙良さんなのですが、成長していく様子の表情が素晴らしくて良い演技するなと思いました。
割とふさぎ込んだ役が多かったような印象だったので、今回のような明るい役は珍しく感じましたが、今までとの役との差もまた良かったように思えます。
今おすすめのお得情報!

話題のドコモ格安プランahamo(アハモ)」!
申し込み受付はネットから。

月額2,970円(税込)でデータ容量はたっぷり20GB。
国内通話5分無料。
時間帯による速度制限なし。
4G/5Gどちらも使えます。

ahamoのネット申し込みはこちら

ahamoって何?という方はこちら

ahamo qr画像