※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
動画配信状況

ドラマ『勝利の法廷式』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2024年6月22日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2023年4月13日からテレビドラマ放送開始。
    勝利の法廷式
  • 出演・キャスト
    志田未来、風間俊介
    髙橋優斗(HiHi Jets/ジャニーズJr.)
    升毅、遊井亮子、市川知宏
    北乃きい、入来茉里、カトウシンスケ

ドラマ『勝利の法廷式』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

作品名 配信状況
勝利の法廷式

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに180誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
ポイントレンタル作品や電子書籍などに使えます。
1,500ポイントで映画館チケットへ交換可能※対象映画館一覧はこちら
不足分をチャージ(1pt=1円)すれば現在上映中の作品もお得に見れる!初回特典の600ポイント+不足分900ポイントチャージ。実質900円で映画館で見れる
そしてU-NEXTはダブルスコアをつけて2018年2月の調査開始時よりずっと「見放題作品数No.1」!
さらに2023年7月にParavi(パラビ)と統合TBSテレビ東京の番組に強くなってますますパワーアップ!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2024年6月22日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

作品名 配信状況
勝利の法廷式

日テレ系ドラマ、バラエティに強いのはHulu!
見逃し配信、Hulu独占ドラマ「Huluオリジナル」も注目。
配信本数14万本を突破!
視聴機器も多彩に用意。パソコンにスマホ(iPhone, Android)にタブレット(iPad)。Fire TV、AppleTVなど他にも多数対応。ゲーム機ならPS4にPS5。そしてHuluはなんとニンテンドースイッチでも見れる!
支払い方法はクレカにPayPay、LINE Pay、キャリア決済など様々な手段が用意されています。

Hulu公式ページはここから
※Huluに無料体験期間はありません。

Huluを始めるならディズニープラスとのセットプランもお勧め!
ディズニープラスはディズニー作品だけじゃない!ピクサー、マーベル、スター・ウォーズ、ナショナルジオグラフィック、スターなど多数の作品をラインナップ。Huluと相互に作品を補完しあって充実の動画生活を楽しめます。
ディズニープラスとHuluのセットプランは、スタンダードセットプランプレミアムセットプランの2つからチョイス可能!
スタンダードセットプランは月額1490円でFullHD画質&2台同時視聴、プレミアムセットプランは月額1740円で4K動画&4台同時視聴を楽しめちゃう!
単体プランだとHulu月額1026円、ディズニープラス スタンダード月額990円、プレミアム月額1320円。これらを単純に足し算すると、スタンダードセットなら2016円、プレミアムセットなら2346円かかっちゃう計算に。でもセットプランならその差額がそれぞれ526円と606円もお得になるんです!
2つのサービスを一緒に契約して、お得に動画ライフを満喫しちゃいましょう!

Hulu Disney+ セットプラン
※Huluとディズニープラスのセットプランに無料期間はありません。
※また、ディズニープラス単体のサービスにも無料期間はありません。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

作品名 配信状況
勝利の法廷式 レンタル

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

Leminoで配信中の作品

作品名 配信状況
勝利の法廷式

dTVがパワーアップしてLemino(レミノ)リニューアル
国内、海外の映画、ドラマ、アニメに加えて音楽ライブやLeminoオリジナル作品、人気の韓流ドラマなど豊富な作品がラインナップ。
初めてLeminoに登録する方は初月無料!
既にdアカウントをお持ちの方なら登録も楽ちんです。
※携帯電話会社がドコモ以外の方でも利用できます。

Leminoプレミアムの初回初月無料登録はここから

本作品の配信情報は2024年6月22日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはLeminoのホームページもしくはアプリをご確認ください。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

Paraviは2023年7月にU-NEXTと統合しました。
作品の配信状況はU-NEXTを御覧ください

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
勝利の法廷式 DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。定額4プランなら新作・準新作を月4枚レンタルできる。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは14日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません
※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。

実際にTSUTAYA DISCASを使ってレビュー!宅配DVDのメリットや評判を紹介動画配信サービスの全盛とも言える今だからこそDVD/Blu-rayのレンタルサービスTSUTAYA DISCASを特集! 実は映画...

口コミ・感想

やはり主人公の神楽蘭がただの弁護士ではなく、元天才子役の弁護士というところに変わった面白さを感じていました。そしてその設定にブレる事はなく、黒澤という天才脚本家の力によって見事それを演じきり数々の事件を解決に導いていたのが良かったですね。しかし親友の花の冤罪を晴らす事ができずずっと辛かったと思いますが、ラストのストーリーで全てが明らかになり無事伏線も回収したのでとてもスッキリとして面白かったです。二人の共通の目的は果たされましたが、このコンビをずっと見ていたい気持ちにさせてくれましたね。犯人がまさかの速水だったのは意外でした。序盤から彼が登場して物語の最後にどーんとくるのは上手い展開だと思いました。
弁護士である蘭の親友・花が受刑者となってしまって、それを助けられなかった事もあってか、花の余りにも硬い表情にどこか違和感を持って観ていました。それがこのドラマを最後まで引っ張って行く原動力の1つとなっていた様に思います。また、蘭と出会った脚本家・黒澤仁が描く本をそのまま蘭が法廷で”演じ”つつ、その事件の解決へとつなげて行く様子が、今まで観た事の無い展開でビックリしました。でも、その手腕は後半になり、一番のメインテーマである花や仁らが巻き込まれた連続殺人犯の解決に近づいていく程に、どんどんしっくりとしていったのが面白かったです。特に最終回での、蘭の法廷での気持ちのこもった重い言葉が最高にかっこ良かったです。
親友を助けられなかった弁護士の神楽に近付いた黒澤のおかげで、神楽は前向きになり、事件を細かいところまで調べ上げ、裁判で逆転する所が爽快でした。しかも子役上がりで黒澤のシナリオ通りと言う所の面白さ、志田未来さんの迫真の演技も凄かったです。そして黒澤の恋人が殺された殺人事件も少しずつ解明されていくうちに、はじめの考えとは全く事件の方向性が変化した所ではゾクッとしました。黒澤と一緒に調査していた椿の妻が殺されて、香水が昔の事件と同じ事をきっかけにどんどん真犯人が見えてくる所がまた面白かったですし、花のアリバイに息子さんが活躍する所も凄く良かったです。あえて黒澤が裁判にかけられた流れもありながら真相が明らかになる所も見応えがありました。シナリオにはない神楽からの黒澤への言葉もグッとくるものがあり、神楽自体の成長も見られ、志田未来さんの圧巻のの演技力、眼力の凄さを改めて感じるドラマでした。
黒澤さんと蘭のコンビが、最終的に凄く息が合っていて、最後の裁判も次の行動をお互いに把握してサクサク進んでいく感じが良かったし、連続殺人犯もかなり意外な人物で、事件の真相も色んな事情が混み合っていて面白かったです。蘭を演じている志田未来さんも天才子役だったので、元天才子役の役をやっているのが洒落が効いていて良かったし、最後の速水に対する怒りとか、黒澤さんへの想いの部分は本当に素晴らしく、見ているこっちも感動してしまうほどでした。そして黒澤さん役を演じた風間俊介さんも、普段と雰囲気がガラッと変わっていて怖いけれど、カッコよかったし、いくら裁判でこっちから仕掛けていると言っても、相手の心情や返答まで読めて脚本書けるのは凄すぎる。
裁判を台本通りに進めて行くのは、天才子役だった蘭さんだからできたんだろうなと、毎回緊迫した裁判での攻防戦と二転三転する連続殺人事件の真相に想像力を掻き立てられました。そんな中でも特に印象深かったのは、同じ日に放送されていた「ケイジとケンジ、時々ハンジ」で犯人と疑われた黒川智花さんが、本作では犯人だったという切ない事件の結末。夫の良太は救いようのないクズだったけれど、だからといって馨子が犯した罪に同情する余地は一切なくて、一度も会うことなくお金を要求される時点で結婚詐欺を疑わないの?と客観的な視点になれば考えられるけれど、婚約しているという安心感から気持ちが緩んでしまうのも分からなくはなくて、逆に騙していたのが良太じゃなかったから、紗世さんも示談に応じてキッパリと気持ちを切り替えられるんじゃないかと思えました。
この作品の良かったところは、どう頑張っても地味になりそうな裁判のシーンでも、ちょっとした誇張表現を入れることによって緊迫感のあるシーンに昇華できているところです。フィクションだからこそできる試みであり、マンガを見ているような気持ちにもなりました。法廷で繰り広げられる脚本を組み立てるという設定も面白いですし、計画通りにものごとが進んでいく気持ち良さがこのドラマの中にはあります。主人子は元子役ということもあり、用意された脚本をしっかり演じて、裁判を有利に持っていく姿が本当にカッコいいです。主人公を演じた志田未来さんの凛とした姿や、長台詞をすらすらと喋る様子も流石だなと思いました。隠されていた真実が少しずつ結び付いていく展開もあり、すぐに続きが見たくなります。
今おすすめのお得情報!