動画配信状況

ドラマ『ウロボロス〜この愛こそ、正義。』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2023年1月23日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2015年1月からTBS系列でテレビドラマ放送開始。
  • 出演・キャスト
    生田斗真、小栗旬
    上野樹里、吉田羊
    ムロツヨシ、清野菜名
    武田久美子、広末涼子
  • 原作は神崎裕也による漫画『ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ―』

ドラマ『ウロボロス〜この愛こそ、正義。』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
ウロボロス ~この愛こそ、正義。 DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。新作・準新作は月8本、旧作は借り放題。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません

口コミ・感想

生田斗真、小栗旬の約10年ぶりの共演ドラマでダブル主演。最初から最後までかなり目の離せないドラマでした。ある施設で兄弟のように育った2人。生田斗真さん演じるいくおと小栗旬さん演じるタツヤ。そこの親代わりとして育ててくれていた広末涼子さん演じるゆうこ先生が何者かによって殺害された。その復讐のために真相を探るべく警察とヤクザという全く別の道に進み、目的のために情報を交換し合う2人。ゆうこ先生が亡くなった夜何が起こったのか、最後までドキドキでした。生田斗真さんのアクションシーンもあり、カッコよすぎてよかったです。ヒロイン役に上野樹里さんなどキャストも豪華でした。漫画原作のドラマで、少し話が違う部分もありましたが、漫画を読んだ人でもハマってみれるドラマでした。
自分の推しだった小栗旬さんと生田斗真さんのW主演と言うことで、かなり興奮して見ていました。特にインテリヤクザという言葉を初めて聞きましたが、小栗さんは段野竜哉という人物にはピッタリのはまり役でした。
そして、ヒロインとして演技派の上野樹里さんが配役されていましたが、ドラマを通して気になった女優さんは物語のキーパーソンとなる田村小夏を演じた清野菜名さんでした。
後に生田さんと結婚されることになるのですが、このドラマの中で一番光っていたのは彼女だと今でも思っています。
恩師の敵を探すサスペンスの中で、生田さんはじめ格闘シーンもあり、なかなかのハードボイルドでしたが最後の清野さんのアクションに惹かれました。
可愛らしいのにあのアクションができるのは、唯一無二で後の彼女の活躍につながっていたと思いました。
この作品はサスペンスドラマですが、ただ緊張感を味わえるだけでなく、泣けるところも用意されているのが良かったです。極道の道に入った人間と警察が同じ目的のために交わっていくという展開にもワクワクさせられました。復讐することが物語の主軸となっているため、内容は結構ダークです。復讐をしても失ったものは返ってこないけれど、それでも復讐という道を選ぶしかなかった二人の葛藤もよく伝わってきました。生田斗真さんと小栗旬さんの豪華なダブル主演も、この作品の魅力を大いに上げている大切な要素だと思います。演技力が安定している二人だからこそ、今回のようなシリアスな作品にもしっかり馴染んで役柄にはまるんだと思いました。
最後まで一気に観て、泣いた作品です。主演が、生田斗真と小栗旬がダブル主演になっているクライムサスペンスものです。復讐のため、金の腕時計を持つ子供の時のある事件の犯人を探すヤクザと警察の立場になった二人を描いてます。幼少期のとある事件の犯人を探す。極道と警察という相反するところから情報をかき集め続けるいるのですが、毎話ごとに泣けました。そんな救われることがない悲しい物語です。小栗旬と生田斗真が凄くよかったです。ラストが衝撃的だったので、しばらく呆然としてました。ダークさがいっぱいだったけど、その理由がわかったら、絶対に涙が止まらなくなると思います。でも、二人の人生は他に別の道があったらよかったのにと思います。
このドラマを見た印象は、ミステリアスな部分と友情が融合しながら話が展開していたのが見ていて面白かったです。特に主人公の龍崎と段野は、幼い頃に過ごした児童養護施設の柏葉が亡くなった事件に裏がある事を知って、復讐をしていく展開は緊迫感があって面白かったです。同時に金時計と言う物がキーワードになって、現在と過去の両方を見せて事件の真相に近付ける手法は面白いなと思いました。このドラマの注目するべき所は、龍崎が刑事で段野が裏社会と言う一見対立している様に見せて、別々の立場から事件の犯人に近付こうとしていたのが面白かったです。そして物語の展開も二転三転していく所が飽きさせない描き方にしているのが良かったです。そして数多くいる魅力的なキャラクターを演じている役者陣も見どころの一つです。
出身地である児童養護施設の結子先生がなぜ殺されたのか、誰に殺されてしまったのかを一方は警察、一方は裏社会の若頭になって情報を集めて復讐するって本当にストーリーのほの暗い感じとか、かっこよかったなって思います。もちろん最初はイクオも竜哉もただ結子先生の為に犯人を見つけたいって、復讐したいって純粋に思ってそれぞれ大人になったと思うけれど、イクオは警察になって明るい場所でいろんな人に会って、竜哉は裏社会でどんどん後暗い悪い人たちに会ってって、志は同じだったはずなのに、周りを取り巻く環境の違いで、少しずつ価値観の相違が生まれている感じがすごくハラハラしたし、恋後の大人になった2人に寄り添っている結子先生の幻も素敵でした。
今おすすめのお得情報!