動画配信状況

映画『凪待ち』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2023年1月23日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2019年6月に劇場公開。
    凪待ち
  • 監督
    白石和彌
  • 出演・キャスト
    香取慎吾、恒松祐里
    西田尚美、吉澤健
    音尾琢真、リリー・フランキー

映画『凪待ち』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

作品名 配信状況
凪待ち

dTVなら初回初月無料で見れる!
月額550円(税込)で映画、ドラマ、音楽ライブにフィットネス動画まで大充実で楽しめるのがdTV!
※AppStore、GooglePlayで課金すると650円高くなってしまうのでこちらのWEB上からの登録がオススメ!
※dポイントを月額の支払い、レンタル作品の購入に使用できます。
携帯電話会社がドコモ以外の方でも利用できます。

dTVの初回無料おためしはここから

本作品の配信情報は2023年1月23日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

作品名 配信状況
凪待ち

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに150誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
※ポイントはレンタル作品や電子書籍などに使えます。
ダブルスコアをつけて2018年2月の調査開始時よりずっと「見放題作品数No.1」!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2023年1月23日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

作品名 配信状況
凪待ち

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
凪待ち DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。新作・準新作は月8本、旧作は借り放題。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません

口コミ・感想

香取くんの明るい印象を覆すような終始暗く、苦しい映画だと感じました。ギャンブル依存症の香取くんの演技がとても印象的で、日常生活に誰にでもある依存する部分だったり、弱い部分を上手に演じられていました。香取くんの相手役の女性が美容院を経営し始める。香取くん本人が心機一転新しい職場で頑張ると言った、これから全てが改善していくような兆しがあったにもかかわらず、ちょっとしたことでまたギャンブル依存に落ちていく姿を見ていると、ギャンブル依存の更生の難しさも強く感じました。
香取くんのセリフや行動を見ていると、ギャンブルに依存はしているものの、悪人ではなく性格が悪いわけでもなく、ただ弱い人間である部分が嫌いになり切れないキャラクターで、ギャンブル依存に限らず、やらなくてはいけないことができなかったり、ダイエットができなかったり、貯金ができなかったりする人は多くいるので、誰もこの香取くんの役を責める事はできないのであろうと感じました。見た人が皆さん、自分の弱い部分を投影できるようなそんな映画です。そこがこの映画の引き込まれる要素の1つかと思います。
映画全体のカメラワークもわかりやすく、香取くんがギャンブル依存と葛藤している姿、自分の弱い部分に負けている姿がカメラワークで表現されています。
物語の全体を通して、主人公が何を望んでいたのかが分かるようなネタバレにも感じるようなぴったりの題名だと感じました。
ジャニーズ事務所を退所した香取慎吾が渾身の演技を見せています。あのSMAPの慎吾ちゃんが演じるのは、ギャンブル中毒者。もうどーしようもないサイテーの男です。長身でやや肥満体系の彼がぬるっと立っているだけで、虚無感や絶望感がより増して表れます。劇中、ギャンブルに堕ちていく男に何度も「もうやめな!」と声をかけたくなってきました。そんなダメな男なのに、慎吾ちゃんが演じるとどことなく憎めないのが不思議なところです。監督は現代日本映画の最高峰に昇り詰めた白石和彌。白石和彌監督は容赦しない。登場人物をこれでもかと追い詰めていくのです。でも、絶望の中にも、平穏を臨む微かな希望が見えてきます。凪を待つ舟のように漂う哀れさ、見事な日本映画の傑作です。
主人公のギャンブル好きの郁男と言う人物を演じていた、今までに見た事が無かった香取慎吾さんの一面が見られたのが良かったです。明るいキャラクターが多かった香取さんが、郁男と言う人物を演じた事で一段と演技に幅が出てきているのが、この映画の見どころだと思います。そして物語の方では、郁男のパートナーの亜弓が亡くなってしまう事から話が展開していきますが、緊迫感のある描写になっているのが、白石和彌監督ならではの作品だなと見ていて感じました。そして亜弓の娘の美波が自分が出掛けた事が原因になってしまった事から責任を感じていたのが印象的でした。そんな中で自暴自棄になっていく郁男と、亜弓が亡くなってしまった原因の犯人を見つけ出していく事を同時進行で展開していくのが、この映画の最大の見どころだと思います。そして人間の心の奥底にある感情を上手く描き出しているなと思いました。
香取慎吾さんがこんなにやさぐれた役柄を見事に演じられることに驚きました。目に光が無い感じ、視線が常に下を向いている感じなど、細かい部分まで雰囲気を出そうとしているのが伝わってきました。作品全体の雰囲気はダークでシリアスなのですが、香取慎吾さん以外のキャストたちも素晴らしい演技力を持っているので、どんどんこの作品の世界観にのめり込むことができました。ギャンブルにのめり込んでしまう主人公の人生がどんどん壊れていくのを見ていると、なにかに依存するということがどれだけ危険なのかを思い知らされます。もし主人公の周りにもっと信頼できる人がいれば、依存性にもなっていなかったのかもしれません。少し暗めな人間ドラマが好きな人に特におすすめです。
香取慎吾が、ギャンブル依存症の主人公で、その演技がクズらしく素晴らしい良い作品でした。底辺社会の人間のリアルさとファンタジーな展開が混ざりあっています。ファンタジー的な部分があってこそ、この作品が綺麗だったと思いました。予想していたよりも内容が深くて、最初からラストまでその世界観に引き込まれて、あっという間の2時間でした。描写が信頼と裏切りや家族と他人、善と悪や生と死の全てを描いてあります。人の弱さがあんなに酷いとは、どんどんと落ちていくのは、怖いぐらいです。それと比較してヤクザや組長が、まともに見えたぐらいです。終始考えさせられる展開でした。ラストでは、希望の光が見えるのが、一番良かったです。
どんなに足を洗おうと思っても、何かのきっかけやギャンブルがあるって分かってしまうとギャンブル依存症が再発しては、いつまでも抜け出せないっていうのがよくわかる話だったけれど、本当にお金ができたらギャンブルせずにはいられないって怖いな。そして小野寺さんは最初に引っ越して来たときも優しかったけれども、亜弓が殺害されてしまって、本当に街からも迫害されている感じの木野本に対しても優しかったので、珍しくリリーフランキーさんがいい人やっていると思ったら、やっぱり悪人でした。ただ亜弓を好きだったっていうには、あんまり表現されていなかった気がします。この映画はサスペンスというよりも、ヒューマンドラマなのでいいけれど、みんな木野本に優しいんじゃなく、甘いかも。
今おすすめのお得情報!