※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています
動画配信状況

映画『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』はどこで配信している?

※本ページの情報は2024年3月18日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2022年11月23日に日本で劇場公開。
    ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界 (字幕版)
  • 監督
    ドン・ホール、クイ・グエン(ベイマックス、ラーヤと龍の王国)
  • 吹替版声優・キャスト
    原田泰造、鈴木福
    大塚明夫、松岡依都美
    沢海陽子、落合福嗣

映画『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

Disney+ (ディズニープラス)で配信中の作品

作品名 配信状況
ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界

ディズニー作品ならDisney+ (ディズニープラス)にお任せ!
ここでしか見れないスピンオフ作品、オリジナル作品も盛りだくさん。
ディズニーが抱えている映画レーベル「マーベル」「ピクサー」「スター・ウォーズ」「ナショナル ジオグラフィック」「スター」も配信!
「ミッキー作品」や「トイ・ストーリー」、「アイアンマン」に「アベンジャーズ」、「スター・ウォーズ」の本編から外伝まで全てを見るならDisney+ (ディズニープラス)!
さらに「glee/グリー」、「24 -TWENTY FOUR-」、「ウォーキング・デッド」など海外の人気ドラマも配信!
スタンダードプランなら2台、プレミアムプランなら4台まで同時視聴が可能なので家族みんなで楽しめる。
既にdアカウントをお持ちの方なら登録も楽ちんです。

ディズニープラスはこちら
(dアカウントで登録)

ディズニープラスはこちら
(dアカウント以外で登録)

※Disney+ (ディズニープラス)に無料期間はありません。

キャンペーン中
ドコモ(dアカウント)からの登録ならdポイントが990ptもらえて実質ディズニープラスが1ヶ月分無料
携帯電話会社がドコモじゃない方OK

公式キャンペーン情報はこちら

ディズニープラスを始めるならHuluとのセットプランもお勧め!
日テレ系ドラマ、バラエティに強いのがHulu!
さらにアニメ、海外ドラマ、Hulu独占のHuluオリジナルなど注目作品が目白押し。配信本数は14万本を突破。
ディズニープラスと相互に作品を補完しあって充実の動画生活を楽しめます。
ディズニープラスはスタンダード(月額990円)、プレミアム(月額1320円)の2プランがありますが、Huluとのセットプランは上位のプレミアムプラン(4K動画&4台同時視聴)になっています。
Hulu月額1026円、ディズニープラス1320円。これらがセット価格1490円でとってもお得!

Hulu Disney+ セットプラン
※Huluとディズニープラスのセットプランに無料期間はありません。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

作品名 配信状況
ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界 (字幕版) レンタル
ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界 (吹替版) レンタル

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

Leminoで配信中の作品

作品名 配信状況
ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界 購入

本作品の配信情報は2024年3月18日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはLeminoのホームページもしくはアプリをご確認ください。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

Paraviは2023年7月にU-NEXTと統合しました。
作品の配信状況はU-NEXTを御覧ください

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

取り扱いはしていませんでした。

口コミ・感想

ディズニーアニメでアクションアドベンチャーのコメディありの家族の絆のストーリーでした。
ディズニーにしては宣伝が少ないような気がします。でも、子供向けなので分かりやすいし共感しやすく家族で見て楽しめる内容です。
三世代親子の家族関係のジレンマと価値観の違いがあり考えさせられるお話で、テーマが深いなって思いました。
一人一人の多様性や個性を大切にしようという思わせてくれる内容でぜひ、子供に見て欲しい作品だと思います
おじいちゃんのキャラクターが面白くて可愛い感じで個人的に一番好きかもしれません。
ディズニーアニメのコミカルな動きや映像の綺麗さキャラクターの表情のリアルな表現でとても楽しめます。
とにかくビジュアルがキレイでアニメではあるものの、ジェームズ・キャメロン監督のアバターを見ているような気持ちになりました。探検家の父を持つ主人公が、ひょんなことからもう一つの世界(ストレンジワールド)を冒険することになり、そこで行方不明になっていた父と再会することから始まり、仲間たちと共に壮大な冒険を繰り広げるという古典的なストーリー展開ではあるものの、描いているストレンジワールドがとてもユニークで、ディズニーらしいワクワクドキドキの夢と希望を与えてくれるような作品です。小さなお子さんと一緒に見ると、お子さんはとても喜ぶと思います。見ていて、思わずまたディズニーリゾートに行きたいと思いました。
本作は、ディズニーの新作アニメのアクションアドベンチャーものです。ディズニーとなれば必ず観ては、勉強になっているのですが、今回も名言があって勉強になりました。世界を変えようとするには工夫しだいだというのは、簡単ですが納得した名言です。本作も映像がキレイでした。舞台が未知なる地下世界です。その場所に広がっているのは、人々の想像を超えている幻想的な世界でした。この不思議な映像には、妖しい魅力でいっぱいです。クレイドは、父親の偉大な冒険家のイェーガーと過去の確執が25年経ってもあります。自分が父親になって息子のイーサンと冒険をする中で向き合います。冒険の最後に父と子がたどり着いた話も見どころです。あと、スライムみたいな小生意気なキャラが、可愛らしくて憎めないのも良かったです。
豊かな国だったアヴァロニアが崩壊の危機を迎え、その危機を救うため主人公親子が地底に広がるもう一つの世界で冒険を繰り広げるディズニー制作のアドベンチャー映画です。ディズニー系の冒険アニメーションものと王道の作風の印象ですが、親子関係や同性愛者といった多様性やエネルギー問題など、現代に通じるテーマをこれでもかというくらい詰め込んだ形で、子供向け映画の訂正を取りつつ、メッセージ性の強い作風になっていますね。全体的に世界観はナウシカ、親子の関係性はアントマンなどを彷彿とさせる印象も受け、また、話題になっていた吹き替えの原田泰造氏や鈴木福氏らの声も中々マッチしていましたね。冒険アニメはやややりつくされてる感はあるものの、王道の中に深いメッセージ性が込められてる王道ディズニー映画に仕上がっていましたね。
子どもが見たら不思議な世界観にワクワクできて、大人が見たら親子関係の場面で感動できたり、感慨深い気持ちになれる作品だと思いました。多様性を認めることは大切だというメッセージも込められているのがわかるのですが、そのメッセージが露骨になりすぎていないところも、バランスがとれていて良かったです。CGアニメーションのクオリティーについては流石と言うべきで、不思議な世界観を見事に表現しています。画面のいろいろなところで不思議な現象が起きていくので、何回も見て細かいところをチェックしてみたいと思いました。キャラクターの表情も細かいところまで描かれているので、ささやかな感情の動きも伝わってきて、みんなに感情移入することができました。
アニメですがディズニーが手掛けているのでさすがに映像のクオリティも高く見ごたえありました。伝説の冒険家親子3代の物語でしたが、偉大な父親からのコンプレックスで主人公は農夫として家族と暮らしていて徐々に物語が加速していく感じが良かったです。また冒険家の父親が行方不明になっていることもあり再会するのかどうかと楽しみに見られました。日本では扉を閉じるのがテーマの映画が流行っていますが、過去との対峙や新たな冒険で自分たちの未来を開いていくのはこの映画も同じだなぁと感じました。家族の絆も描かれていて応援しながら観れました。RPGっぽい感じもあり、仲間と異世界にいくとか非日常感を楽しめて夢のある作品だったとも思います。日本語版は主人公の声を原田泰造さんで息子の声を鈴木福くんが担当していましたが、慣れ過ぎてない感じが良かったです。色がついてない感じの声って物語に集中させてくれるので大事だと思います。
今おすすめのお得情報!