動画配信状況

映画『宮松と山下』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2023年1月25日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2022年11月18日に劇場公開。
  • 監督
    関友太郎
    平瀬謙太朗
    佐藤雅彦
  • 出演・キャスト
    香川照之、津田寛治
    尾美としのり、中越典子
    野波麻帆、大鶴義丹

映画『宮松と山下』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

取り扱いはしていませんでした。

口コミ・感想

映画やドラマのエキストラ役を演じる主人公が、時が経つにつれて自分という存在が何なのかよくわからなくなり自分を見失っていく、そんな中年のおじさんを香川照之が演じています。自分も40歳を過ぎたいわゆる中年オヤジですが、若い頃に比べてだんだん社会における自分という存在がよくわからなくなる時があり、非常に共感できました。会社に行けばサラリーマンという姿を演じていて、家に帰れば夫や父親というものを演じている。一体本当の自分は何なのか、わからなくなる時があります。ただ、それでもなんとか踏ん張って生きていかないといけない、そんな気持ちにさせてくれる作品です。中高年のちょっと悩めるオジサンにおススメな作品です。
香川照之さんは、改めてレベルの高い役者さんなんだと思い知らされた作品。表情がよく変わるし、すごく目を引きます。それぞれの場面でみんな違う表情をしていて、ハッとさせられました。やっぱりこの人、演技力がありますよね。
ストーリーも、なかなか興味深い内容で面白かったです。私は特に導入部分が好きでした。エキストラとしてさまざまな役を演じてきた男性なので、私生活との境目がハッキリしていません。役者さんとしての、役が抜けきれないような日常生活の描写がある意味すごくリアルで、息を止めてじっと見てしまいました。
個人的には、演出がすごく好きです。静かな中、喫煙するシーンとか。ちょっとした音一つが、すごく魅力的に感じました。
この作品の面白かったところは、今写っているものが主人公のプライベートの出来事なのか、作品の撮影内での出来事なのかがわからなくなってしまうところです。例えば、主人公が普通に会話を楽しんでいるのかと思いきや「カット」という監督の声が聞こえてそれが演技だと判明したり、普通の映画では味わえないような面白い体験ができるのが良かったです。さらに宮松が自分の記憶をたどり、本当の自分は何者なのかを探っていくストーリーを加えることによって、この作品の面白さが何倍にもなっているような気がしました。主演の香川照之さんの演技もあいまって、作品のリアルな雰囲気も感じられました。それに自分が何者なのかを探っていく不安を表したような表情作りがとても上手かったと思います。
とても面白かった作品です。内容が、エキストラ俳優で過去の記憶がない男の宮松の話です。エキストラの彼が切られたり、射られたり、撃たれたり、どんどん死んでしまうので驚きました。ポスターを見ると時代劇かなと思っていたので、なおビックリしました。だから、どこから現実か、実生活なのかか分からず驚からされて、欺かれた感じなので混乱しますが、それが
名もなき殺され続けている記憶喪失の宮松を表していることに気づきました。演出で音楽もセリフもほとんどなくしてるのも効果的でした。観ている方に想像力がむくむくと出てくる作品です。この静かな演出じたいが、程よい緊張感になっていて良かったです。意外性があるので、ぜひ観てこの展開を楽しんでほしいです。
主演の香川照之さんの実力を感じる作品でした。テレビなどでも迫力や演技力は感じていましたが、コミカルさや圧倒するセリフが印象的で今回のように淡々と闇を抱えている感じ新鮮でした。映画のエキストラ役で日々斬られ役なのが切ないですが、さらに記憶を失くしているので何があったのかと最後まで飽きずに観られました。時代劇の格好でロケバスの中にいる香川さん演じる宮松が浦島太郎みたくも見え、特に切なかったです。ただ実は宮松に投影されているのは自分たちでもあるとも感じます。自分が何者かを探していたり、目の前のことを真摯に取り組んでいる姿は胸を打ちますし、生きがいや夢を持っていることの大事さを改めて感じさせてもらった気がします。津田寛治さんや中越典子さんなど自分を出しつつ背景にもなれる演技力の高い俳優陣も物語に深みを持たせてくれていたと思います。
今おすすめのお得情報!