動画配信状況

映画『サバカン SABAKAN』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2023年1月11日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2022年8月19日に劇場公開。
  • 監督
    金沢知樹
  • 出演・キャスト
    番家一路、原田琥之佑
    草彅剛、尾野真千子
    竹原ピストル、貫地谷しほり

映画『サバカン SABAKAN』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

取り扱いはしていませんでした。

口コミ・感想

久しぶりに良い映画でした。特に映像が美しいのと素敵な音楽に引き込まれていきます。主演の子供達が驚くほど演技がうまいのが良かったのかも。昭和の子供の頃を舞台にした、夏の思い出が甦るような感じです。蚊取り線香の匂も懐かしい、とても暖かい内容でした。キャスティングが演技派ばかりでしたが、竹本ピストルの演技には感動するほど良かったです。見どころは、自転車の荷台にタオルを巻きつけて、小遣いを渡してるシーンです。ナレーションの草彅剛の話し方も心地よい。ラストの2人の別れるシーンには、やっぱり自然に涙があふれて、心に響きました。さらに、おすすめは、エンドロールを絶対観て欲しいです。良い夏休みを堪能させてもらえる時間です。
古き良き昭和の時代の香りがする作品でした。少年時代の夏休み、探検、友達、悩みなどは大人になっても決して色褪せない大事な記憶です。特に今となっては、小学生同士だけで外を出歩くのも何となく難しい時代のため、そういうことができた時代はおおらかで良いなと改めて思いました。モノや情報が溢れかえっている現代は、便利なようで不便だったり幸せなようで不幸せだったり、何もない時代の方が人間らしく人間同士が助け合って生きていてよかったのかなとふと思う時があります。本作はスマートフォンもパソコンもない、そんな何もないけど人間らしい幸せを描いた作品です。昭和という時代を知らない若い世代の方にも是非見てほしい作品です。
この映画の中で出てくる懐かしのアイテムやアイドルの切り抜きなど思わず数十年前の自分自身を懐かしく思い出させてくれました。
主人公の久田少年は、元々正義感が強く情がある人物だと思います。
たとえ友人が軽い気持ちで竹本少年の家を笑っても、自分は決して笑わず弱い立場の人への配慮を忘れない、いい少年と思えます。
自転車乗りの場面でも二人乗りの危険性を指摘できるなどこうした少年に自分自身がなれていたらもっと尊敬されていただろうなと感じました。
映画の中で印象深かったのはイルカ探しのシーンです。
未体験の事に対する好奇心の高まりで時間を気にせず冒険したい気持ちと共に子供だからこそありえる門限という制限の間で悩む複雑な心境。
まさに誰しもこうした葛藤を抱えながら子供時代をおくっていたはずだと自分自身の子供時代を思い出させてくれました。
こうした強い絆で結ばれた久田少年と竹本少年。
大人になっても変わらず続く友情に強く感動させてくれる作品だと感じました。
心をピュアにして観ると、この作品の情景は、どこかで味わってきたような清々しい感動が訪れます。それはきっと眩しいほどの少年時代の情景と言って良いと思います。最初に草彅が出てきますが、冴えないゴースライターなのですが、心機一転、自分らしい小説を書いたのですが、その内容が、メインの少年たちの一夏の思い出なのです。この小説を書いたことによって、妻と子供との関係が良くなっていくという意味では、本当に草彅の成長ストーリーなのでしょう。少年時代の友達というのはものすごくかけがえのないものです。その友達が作ってくれたサバのお寿司を食べた最高の思い出がじわりと感動を呼んでくれます。少年たちの別れは辛いものですが、そのシーンは秀逸でした。貧乏であろうと、母親が不慮の死を遂げようと、力強く生きている彼らに拍手喝采したくなった映画です。
子どもの頃特有の、どんな場所でも冒険していく好奇心と探求心が伝わってくる作品でした。そんな子どもたちを優しく見守る大人と描かれていたり、全体的にほっこりする場面が多かったです。この作品に出てくる子どもたちもこれから大人になって嫌な現実も知っていくんだなと考えると、子どもの頃の何も知らない状態というのはある意味無敵なんだと思います。常に自分が主人公であり、どんなに小さなことでも楽しめていたあの頃に懐かしさを感じました。1980年代が舞台なので、ノスタルジックな雰囲気もあってそれがまた良かったです。今では考えられないような、人情のある人付き合いもあったりして、見てるだけでも優しい気持ちになれるような気がしました。
1986年に小学5年生である主人公の少年たち。私の年代から見ると少し年上のお兄さんたちということになりますが、この辺は作品の鑑賞者によって受け止め方は様々でしょう。若い人からすると、1980年代なんて生まれる前の昔の話になりますからね。そんな時代、長崎県を舞台にしたこの作品。まだ視野の狭い小学生の視点で、大冒険が繰り広げられる点が良いですね。大人から見れば、彼らの行動範囲なんてごく狭い範囲なのですが、誰だって子供時代はちょっと隣町に行くだけでも、大きなドキドキ感を味わったはずです。そんな懐かしい気持ちを思い起こさせてくれ、また年代によってはノスタルジックな感覚もたっぷり味わえる、そんな映画でした。
今おすすめのお得情報!