動画配信状況

映画『スーパー30 アーナンド先生の教室』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2023年1月28日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2022年9月23日に劇場公開。
  • 監督
    ヴィカース・バハル
  • 出演・キャスト
    リティク・ローシャン、ムルナール・タークル
    アーディティヤ・シュリーワースタウ
    パンカジ・トリパーティー

映画『スーパー30 アーナンド先生の教室』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

取り扱いはしていませんでした。

口コミ・感想

この作品は実話がベースになっているということですが、完全に作り話だと言われても違和感がないくらい凄い展開の連続で、最後まで存分に楽しむことができました。主人公であるアーナンド先生がとにかく凄い人物で、彼に勉強を教えられた生徒たちが恐ろしいくらいに学力が向上していく様子はもはや見ていて気持ちが良いです。ただ子どもたちの学力を上げようとしているだけのアーナンド先生がマフィアに狙われたりする展開もあるのですが、これも実話だというのですから驚きです。それと同時に、インドは意外と恐ろしい国でもあるんだなと思いました。インド映画お馴染みのダンスシーンもありますが、違和感なく作品の中に溶け込んでいましたし、インド映画初心者にもおすすめできる作品です。
時々見るインド映画ですが、2時間も超える娯楽映画を見るのはどうかなと思っていましたが、ラストまでが短く感じるほどで驚きました。もう、頭のいい塾生達が悪党を知恵を使って負かしてしまうのが、とても爽快でした。勉強が出来るというだけでなく、本当の生活の知恵がある子供達なのに胸が熱くなりました。貧富の差もあってコンプレックスもあり、それらに葛藤しつつ勉学に向き合う人々を見ると、これが本当の勉強なんだと思い羨ましくも思いました。この映画で初めてスーパー30を知りました。楽しい映画ですが、すごく勉強になったと思います。確かに虐げられているのは女性と子供達なのですが、ラストでは主人公によってハッピーエンドなので、安心して観れます。面白いエンタメ作品なので、元気が出るからおすすめです。
インド映画らしい情熱に溢れた作品で非常に面白かったです。インド映画は踊るマハラジャやスラムドッグ・ミリオネアなどで一躍有名になりましたが、ハリウッド映画にはない魅力がたくさんあります。本作では出自は貧しいものの勉強で身を立てようと奮起する先生と生徒達のイキイキとした姿が非常に印象的でした。チャンスのために日々努力を積み重ねて、チャンスが来たら大胆に行動するという夢と情熱のある生き様を見事に描いています。最近の日本は自分も含めてなんとなく元気がないような気がするため、見習わないといけないという気持ちにさせられます。熱血教師の熱いトークとギラギラした生徒たちの目が忘れられない、そんな熱い作品でした。
「スーパー30」の誕生に情熱を燃やした男の実話がベースになっているとのことで、とても親近感が湧いて楽しく観させていただきました。この偉大なるティーチャーにリスペクトしかありません。まさに仏教でいう菩薩のような人です。人に与え、自分では何も代償を求めないということは、宇宙に好かれる人だと思います。ずっと命を、狙われているそうですが、現在も変わらず生きていらっしゃるということで、安心するとともに無事安穏を祈りたいです。いずれにしてもインド映画らしい迫力のある楽曲と、情熱溢れるストーリー展開に何度も号泣しました。インドの貧しい子供たちが、あらゆる手段を使ってこの無料塾へと向かう晴れがましい姿に涙しました。日常生活の中でのさまざまな疑問をぶつけて勉強していく姿にも感動しました。そしていよいよの受験発表に号泣です。この映画の主人公はまさに現代に遣わされた菩薩なのだと改めて思いました。兎にも角にも大人から子供まで楽しめます!
インドの教育事情を反映した映画でしたが、主人公のアーナンド先生が実在するのを知り最後まで興味を持って見られました。日本で言う「ドラゴン桜」みたいな部分もありましたが、単に生徒を進学させるだけでなく、人としての生き方も示しているあたりが深いと思いました。また自分の私財を投げうって塾を開講しているあたりも感動的でした。吉田松陰もきっとあんな感じだったのだろうなぁ。日本よりも感情的で生活感も違うからよりこちらの作品の方が味わいがありますが。教育の必要性はもちろんですが、道徳も問われている気がしました。命を狙われたりもするのでハラハラ感もあって最後まで飽きずに観られました。あとアーナンド先生も貧しい家庭出身で予備校を経営するラッランとの出会いから人生が一変していくので誰と出会うかも大事だなぁと改めて感じました。
今おすすめのお得情報!