動画配信状況

ドラマ『武士スタント逢坂くん!』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2022年9月11日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2021年7月から日本テレビ系列でテレビドラマ放送開始。
  • 出演・キャスト
    濵田崇裕(ジャニーズWEST)、森本慎太郎(SixTONES)
    久保田紗友、長井短
    今井隆文、髙嶋政宏
  • 原作はヨコヤマノブオによる漫画『武士スタント逢坂くん!』

ドラマ『武士スタント逢坂くん!』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

作品名 配信状況
武士スタント逢坂くん!

日テレ系ドラマ、バラエティに強いのはHulu!
見逃し配信、Hulu独占ドラマ「Huluプレミア」も注目。
配信本数10万本を突破!
2週間無料で視聴できます!

Huluの無料体験はここから

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

取り扱いはしていませんでした。

口コミ・感想

もう面白かったので、毎週楽しみにしていたドラマです。内容は、タイムトリップ物で、江戸時代の春画師が現代にきて、漫画家のアシスタントになります。やたら脱ぐ武士の逢坂総司郎(ジャニーズWEST濵田)が、1話から凄くインパクトがありました。出演者がみんな体を張ってるから笑って観れました。時代はぜんぜん違っていますが、逢坂くんのまっすぐな心は、令和の人達に少しずつ影響していた感じです。最終的には深夜ドラマだからか、下ネタとコメディなのですが、夜中に笑えた30分間は、疲れた時の癒しになりました。結構驚いたのは、このドラマはコメディでも時代考証しっかりしています。タイムリープの時代劇の中では、言葉遣いや仕草の違和感が全くなかったのは素晴らしいです。
漫画原作のドラマです。江戸時代に活躍していた春画師の逢坂総司郎が、その春画を描いていた故に死罪となり、まだ絵を描きたいという無念の念から令和に現れ、エロ漫画家に弟子入りするという突飛な物語。けれども漫画のほうが大傑作で、創作を志すものには胸を打たれて仕方がない展開をします。まずもって、主人公の逢坂総司郎がいい。どこまでも純粋に絵に向き合う姿勢。ドラマではアイドルグループ「ジャニーズWEST」の濱田崇裕さんが亀甲縛り姿を披露したりしながら体当たりで演じていますが、役柄に合っていて良かった。江戸時代には禁制だった春画=エロ漫画が現代ではまったく規制されることなく出回っている(とはいえ非合法もありますが)。その素晴らしさを謳歌する逢坂君の活躍は見ていてすがすがしくさえ感じられます。
コメディに全力で振り切ったドラマで、アシスタント間の連帯感や編集者の恋愛模様なども織り交ぜながらストーリーが進んでいくので、まったく飽きませんでした。春画×マンガという今まで聞いたことのないテーマを題材としていて、逢坂くんが回を重ねていくごとに春画をマンガに落とし込むのが上手になっていくところが一番笑いました。ジャニーズWESTの濵田くん、とってもはまり役で武士にしか見えませんでした。オープニング映像も衝撃的で、ふんどし姿に生きたタコをからだに巻き付けていて、「ジャニーズなのにこれ大丈夫なの?」と少し心配にはなったけれど、原作マンガの再現度が非常に高く、逢坂くんは濵田くんにしか演じられない役だったなと思いました。
春画の時代に生きた絵師が現代にタイムスリップするというパラレルワールドな設定がとてもユニークです。性的な描写が抑圧された江戸時代から突然、奔放な現代社会に登場した主人公・逢坂のモノづくりへの情熱がとにかく熱く描かれており、何とも言えない不思議な感動が湧き起こること間違いなしです。しかも主人公が降り立った場所は漫画家の作業部屋。江戸時代の感性ながら見様見真似で漫画を描き始めるとそれに呼応するように周囲が感化されてゆく流れや、意地悪な編集責任者、また強烈キャラの先輩漫画家などと渡り合うことで切磋琢磨する主人公の感動ストーリーは怒涛のようで見応え充分。主演を務める濵田 崇裕さんのみがき抜かれた肉体美と熱量が尋常ではない演技はかなりのスパイスとなり物語をがっちりと盛り上げてくれます。
江戸時代に生まれた武士・逢坂総司郎(濵田崇裕)は己の欲するままに春画師として絵を描き、庶民の人気を得ていたのですが。
その作風の激しさから、幕府の禁を破ったとして打ち首の沙汰に処されようとしていたところ…なぜか令和の現代にタイムスリップし、縁あって漫画家の宮上(今井隆文)のアシスタントになりました。
そこで目にした令和の漫画の原稿は全てが美しく新鮮で、逢坂くんは、なぜ自分が絵を描くことに魅入られたのかを自問自答していく日々を過ごすことになったのです。
Tシャツにハーフパンツ、しかし頭はちょんまげという奇妙な姿で心の赴くままに迸る情念を描き続けていた逢坂くんは次第に周囲から理解され、様々なピンチを乗り越えていき、”自由”に考えて物を作れる幸せを味わい、その喜びを爆発させていきます。
深夜枠なので若干のエロ描写がありましたが、その本質は逢坂くんの心、創作欲の成長ぶりと自由への渇望、そして追及でした。
魂を揺さぶる絵を描きたいと渇望する逢坂くんは、令和の漫画のテクニックを学びその筆(ペン)でのびのびと美しい女性を生み出していくのですが、そのときの彼の苦悶と幸せそうな顔のギャップがたまりません。
令和がハッピーな時代だと言い切れない複雑さはありますが、江戸時代の厳しい言論統制に比べたら、逢坂くんの感じた自由は計り知れないものだったんだろうな、と思っています。
今おすすめのお得情報!