動画配信状況

ドラマ『同期のサクラ』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2022年9月7日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2019年10月から日本テレビ系列でテレビドラマ放送開始。
  • 出演・キャスト
    高畑 充希、橋本 愛
    新田 真剣佑、竜星 涼
    相武 紗季、椎名 桔平

ドラマ『同期のサクラ』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

作品名 配信状況
同期のサクラ

日テレ系ドラマ、バラエティに強いのはHulu!
見逃し配信、Hulu独占ドラマ「Huluプレミア」も注目。
配信本数10万本を突破!
2週間無料で視聴できます!

Huluの無料体験はここから

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
同期のサクラ DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。新作・準新作は月8本、旧作は借り放題。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません

口コミ・感想

夢を追うことの大切さを教えてくれるヒューマンドラマで、主演の高畑充希の純朴な好演が光るドラマでした。終盤まで各回の冒頭では、病室で意識不明で横たわる主人公のサクラの姿が映し出されており、「なぜ彼女はこうなってしまったのか?」というミステリーな雰囲気も濃厚に漂っていて、ただの青春ドラマではないと早いうちから気付かされます。サクラはじめ主要なキャラクターの舞台は建設会社であり、この時代にしては非常に珍しい設定で、これは看護師や医師、警察官などの個人の技量が物を言う職業ではなく、多くの方に建造物で夢を与えるということが物語のテーマになっていた所以です。自分の幸福は他者の幸福の上に成り立つという格言を地で行く物語でした。もちろん、高畑充希という、美人なんだけどちょっと野暮ったさを演じたらピカイチの女優が主演だったからこそ、同じように共感して思い切りハマるドラマでした。
このドラマはサクラの真面目で、いつも前を向いているところがインパクトありました。どこか近よりがたさがあるのもリアルです。サクラは仕事を淡々と取り組んでいるのも良かったです。
そして同期のためにいつも全力なのが印象的です。少しでも同期がピンチだったりすると、体を張ってでも守ろうとしたりしていたのがかっこよかったです。サクラにしかできないことだと感じます。時にぶつかることもあるけど、仲間だからこそです。
さらに定期的におじいちゃんにファックスで、手紙を送っていたのが微笑ましかったです。いつもおじいちゃんのことを気にしているのがやさしいです。サクラにとってその時間が、なによりも幸せなのかなと感じました。
最初はサクラが忖度したり、気を使ったり、空気を読むってことができないゆえに、同期たちとすらうまくいかなかったけど、サクラに何かあって、落ち込んだり悩んだりしているときに、まるでその一部始終を見ていたんじゃないかってくらいに、ベストなタイミングでファクスで送られてくる、おじいちゃんの言葉が素敵でした。「本気で叱ってくれるのが本当の友」とか、「人生で一番辛いのは自分に嘘をつくこと」とか、本当にこの言葉だけが送られてくるので、色々と考えさせられて奥が深かったです。そして同期の俳優陣もすごく豪華だったけど、やっぱり橋本愛さんは演技で怒っているときの迫力がヤバい。怒りの演技ってすごく難しいと思うけど、それが当たり前にできるって、やっぱりすごいことなんだろうなって思いました。
遊川和彦脚本ということもあってか、一筋縄ではいかない独特の空気感を持っているドラマだったと思います。
登場するキャラクターどれもが定型にはまらない意外性を持っており、特に個人的にはそれまであまり三枚目を演じてこなかった新田真剣佑さんが、周りから優秀さを求められることにコンプレックスを感じている、根は繊細な青年を演じていたのが印象的でした。
また高畑充希さん演じる主人公のサクラは特別に美人というわけではないのに、そうしたイケメンたちに徐々にモテていく恋愛模様も面白くて、渾身の企画が必ずしも通るわけではなく、希望の部署に行けるわけでもない。
そんなサクセスストーリー未満の展開にはモヤモヤとさせられつつも、それも現実なのだと妙に納得させられます。
何より一人一人のキャラクターが生き生きとしていて、彼ら全員を応援したくなるような作品でした。
主人公の存在感よりもサクラはダメなことにはダメだとストレートに言う性格であり、相手が上司であっても自分の意見を通す姿が本当にカッコ良かったです。そのサクラの正義感の強さや意思の強さがデメリットとなってしまう場面もあったり、社会の厳しさを視聴者に伝えてくるような内容が多かったのも印象に残っています。そしてもう一つ印象に残っているのが、サクラのおじいちゃんに関連するシーンです。やはりお年寄りは人生経験が豊富なだけあって、サクラにピンポイントで必要な言葉をかけてくれます。その言葉がサクラだけでなく、見ている私にもかなり響く内容が多くて感動しました。普段言いたいことを我慢してフラストレーションがたまっている人にこそ見てほしいドラマです。
花村建設に2009年に入社した主人公の北野サクラと同期入社の4人を中心に社会人としての様々な葛藤を描いていたストーリーになっています。このドラマは意識不明の重体になったサクラのお見舞いに訪れた同期や関係した人物が、サクラとの思い出を語る形式で年月が変わっていくのを表現しています。サクラ達が仕事で壁にぶつかった時に励まし合いながら成長していく様子を詳しく描写しているのが特徴です。サクラ自身だけでなく周囲も年を重ねて少しずつ変化していく様子を細かく設定に組み込んでおり、見ていて懐かしさを感じるシーンが多く出てきます。特にサクラは思い通りにならないことが多く、それでもひたむきにまっすぐに物事を進めようとしていたのが印象に残ります。仲間たちに支えながら懸命に頑張っていくサクラの成長していく姿に心を打たれるドラマです。
今おすすめのお得情報!