動画配信状況

ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2022年8月5日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2020年1月から日本テレビ系列でテレビドラマ放送開始。
  • 出演・キャスト
    清野菜名、横浜流星
    要潤、白石聖
    山口紗弥加、佐藤二朗

ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

作品名 配信状況
シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

dTVなら初回初月無料で見れる!
月額550円(税込)で映画、ドラマ、音楽ライブにフィットネス動画まで大充実で楽しめるのがdTV!
※AppStore、GooglePlayで課金すると650円高くなってしまうのでこちらのWEB上からの登録がオススメ!
※dポイントを月額の支払い、レンタル作品の購入に使用できます。
携帯電話会社がドコモ以外の方でも利用できます。

dTVの初回無料おためしはここから

本作品の配信情報は2022年8月5日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

作品名 配信状況
シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

日テレ系ドラマ、バラエティに強いのはHulu!
見逃し配信、Hulu独占ドラマ「Huluプレミア」も注目。
配信本数10万本を突破!
2週間無料で視聴できます!

Huluの無料体験はここから

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。新作・準新作は月8本、旧作は借り放題。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません

口コミ・感想

何とも言えない含みのある、ちょっとした不気味さすら感じるタイトルですが「グレーゾーンだらけの世の中。うやむやにされる悪を白黒つけてキッチリ成敗する」という主旨のストーリーです。主人公の川田レンは囲碁の世界で目立たぬように活動する棋士ですが、メンタリストである森島の力で驚異的な身体能力を持つミスパンダとして悪をさばきます。まず、何といっても一番のみどころは主演の清野菜名さんが基本のしっかりしたアクション演技をバチバチに披露してくれるところです。その躍動感と変身前のギャップに引き込まれる人も多いでしょう。また、メンタリストの森島がバディとなる一方でそれぞれの人物が抱えるトラウマや問題、思惑などが交差する先の読めない複雑な展開。そして、伏線の数々が絡み合うなかで傷つき、周囲を巻き込みながら終焉に向かう感覚は今までにないものです。
横浜流星演じる直輝こと飼育員と清野菜名演じるレンがパンダをモチーフとしたコスチュームを着て悪人を退治する爽快なストーリーかと思いきやストーリーが進むにつれてサスペンスやミステリー要素満載な二転三転するストーリーになっていたので面白かったです。さらにストーリーだけでなく、主演以外にも周りの登場人物たちがが魅力的だったのもよかったです。登場人物の誰もが何かしらの過去を抱えており、過去に対して葛藤や苦悩についてのエピソードがしっかりと描かれているので、誰かしらに共感を持つことができてよりストーリーに重厚感が感じられました。特に終盤のレンの秘密や直輝が追いかけていた真実が衝撃的でラストには思わずグッとくるものがありました。
このドラマは独特な世界観なのが印象的です。レンがいろんな事件などに、ミスパンダとして登場するのが良かったです。見た目もインパクトがあって、アクションなどもしていくのがかっこいいです。どんな状況でも敵に対して容赦なく、堂々としているのがさすがです。
また森島はミステリアスな雰囲気がリアルです。記憶や推理力などがとても良くて、ミスパンダとのコンビも絶妙です。飼育員さんと呼ばれていたのも面白かったです。
さらに白なのか黒なのか徹底的に調べて、答えを出していくのが迫力ありました。ミスパンダが屋上から眺めているところは、見ていて頼もしかったです。ミスパンダがいたらなんとかなるというくらい、存在感が大きいです。
子供への虐待、パワハラ、汚職、復讐などなど、社会の汚いものがうじゃうじゃと詰まったドラマです。切なくて悲しくて、見ているのも辛くなってしまうような内容ではありますが、どれも現実にあり得ることだと思うと、こういう世界も受け入れなければならなきゃなぁと感じながら視聴していました。
なかでも心苦しいのは、ヒロイン・レンの生い立ちや隠された秘密です。彼女について触れるたびに何度も涙が出ました。一方でレンについての謎が解けていく度に、サスペンスとしての高揚感を得てしまうのも事実。本来は物静かなレンが、心を操られてミスパンダに変貌を遂げるという設定も、テレビの倫理上ギリギリの演出なのではないかと感じます。かな~り攻めた内容なので、コテコテのドラマでは満足できない人には見ごたえがあることでしょう。
この作品は、日本のドラマの中でもかなり本格的なアクションが楽しめるところが良かったです。横浜流星さんと清野菜々のダブル主演ですが、二人とも演技とアクションを両方こなしているところにプロフェッショナル魂を感じました。正義の味方として活躍する「ミスパンダ」の見た目がかなり個性的だったり、洗脳で操る要素があったりと、特撮的な雰囲気を味わえるところも個人的に評価したいポイントです。ストーリーについては、悪いやつをひたすら成敗していくというシンプルさがあって、余計なことを考えずにカッコいいアクションに集中できるところが良かったです。ただそのシンプルさの中にも少しのミステリー要素が含まれていたり、登場人物の過去に含みを持たせている辺りもこのドラマの見どころだと思いました。
タイトルから想像するとポップなドラマなのかな、と思っていましたが意外と硬派な部分がある作品でした。
清野菜名さん演じる主人公がパンダの着ぐるみを着て悪人を成敗していくのですが、その画が何とも可愛くシュールで面白いです。
しかし、運動神経抜群の彼女のアクションには定評があり、バトルシーンは本当に迫力があってかっこいいです。
闇に隠された真実を暴くべく活躍していくのですが、復讐劇チックな雰囲気があり、そういったドラマが好きな人は嵌るのではないでしょうか。
ダブル主演である横浜流星さん演じるメンタリストも、どこか影のある役どころです。
なぜ彼がパンダを操って悪人を成敗していくのか、ストーリーが進むにつれ判明していきます。
見どころはアクションシーンのみならず、そういった過程を考察しつつ見るのも面白いかもしれません。
今おすすめのお得情報!

話題のドコモ格安プランahamo(アハモ)」!
申し込み受付はネットから。

月額2,970円(税込)でデータ容量はたっぷり20GB。
国内通話5分無料。
時間帯による速度制限なし。
4G/5Gどちらも使えます。

ahamoのネット申し込みはこちら

ahamoって何?という方はこちら

ahamo qr画像