動画配信状況

ドラマ『二月の勝者 -絶対合格の教室-』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2022年8月4日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2021年10月から日本テレビ系列でテレビドラマ放送開始。
  • 出演・キャスト
    柳楽優弥、井上真央
    加藤シゲアキ、池田鉄洋
    瀧内公美、今井隆文
  • 原作は高瀬志帆による漫画『二月の勝者-絶対合格の教室-』

ドラマ『二月の勝者 -絶対合格の教室-』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

作品名 配信状況
二月の勝者-絶対合格の教室-

日テレ系ドラマ、バラエティに強いのはHulu!
見逃し配信、Hulu独占ドラマ「Huluプレミア」も注目。
配信本数10万本を突破!
2週間無料で視聴できます!

Huluの無料体験はここから

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
二月の勝者-絶対合格の教室- DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。新作・準新作は月8本、旧作は借り放題。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません

口コミ・感想

ドラゴン桜をイメージすると、そのストーリーとはまったく違います。こちらのほうが現実味があるというか、塾って今はこんな経営理念なのかと一瞬考えてしまいました。
受験生を持つ親子で見てもらいたいドラマです。
こちらは小学生がターゲットで、子供ならではの悩みもあるんですよね。それがよくクローズアップされています。現代っ子も何かと苦労していて、そこに加わるのが教師ではなく親(家庭)問題なんですよね。柳楽くんの過激な発言、大胆な行動などは見ていて、ハマり役だと思います。彼に触発されて成長していく佐倉さんを演じる井上真央ちゃん、だいぶ大人になったなぁって思える演技派でした。他にも個性的な塾講師陣がいるのも見ていて楽しめるポイントです。子役も演技派でした。
柳楽優弥さん主演の絶対志望校合格をさせる塾講師とその塾生の物語。柳楽優弥さんの教師役はあまりみたことがないのでなんか新鮮でした。最初は嫌な感じの利益しか見ていない塾講師なのかなと思っていたけれど、子供たちのことを第一に考えている感じがどんどんわかってきて、一人一人に向き合い導いて行くところすごいよかったです。塾に通う子供たちにも色々あって、学校に馴染めなくて塾だけにはきている子、親からのプレッシャーと闘っている子。見ているとやっぱり子供の気持ちが一番なんだろうなと思わせられました。どんどん近づいていく受験日、子供たちがどう変わり成長していくのか、全員第一志望に受かることができるのかドキドキ感もあってよかったです。それぞれの俳優さんが、原作漫画にもしっかり当てはまってたところもいいところでした。
こういうドラマってたまにお受験ものなのに、子供がオマケで大人の先生たちが主で話が進んでしまうことがあるけれども、きちんと塾に通う子供たちにスポットがあたっていて、中学受験する子たちってこんなに大変なんだなって思いながら見ていました。家庭の悩みや性格ゆえに、成績が伸び悩んでいたりと様々な壁や困難にぶち当たっていたけど、黒木先生や佐倉先生たちが上手くフォローしていたおかげで、みんな志望校に合格できたのが嬉しかったし、特に樹里ちゃんとまるみちゃんは、お互いに相手に対して劣等感があって喧嘩したりと色々とあったけど、一緒に同じ中学の合格しようって約束したとおり、二人揃って無事に志望校に合格できて本当に良かったです。
子どもたちの頑張りに胸を打たれるすばらしい作品でした。主演の柳楽優弥はもちろん、子役たちまでキャストの演技もすばらしいかったです。
中学受験はやや特殊で特に地方では馴染みの薄いものではありますが、知識の少ない視聴者にもわかりやすく作られていました。また、中学受験を抜きにしても、子どもたちの頑張りや、家族をはじめとする周囲との関わり、学ぶとは何かという問いかけなど普遍的なテーマを描いていることもあり、しっかりと楽しむことができました。
「塾講師は教育者ではなくサービス業」というセリフなどは、予備校に勤めていた自分には深く刺さり、自分の仕事について見直すきっかけにもなりました。
主人公が非常に極端なので賛否両論あるとは思いますが、目標に向かって一生懸命努力する人々に涙できるドラマです。
二月の勝者をみて思ったのが未熟なさくら先生演じる井上真央が中学受験のエキスパートの黒木先生演じる柳楽優弥のもとで子供たちの勉強の姿みて先生というものはどういったものかを教えられる物語でした。
黒木先生も子供たちを名門中学に進学させることが全てだと思ってた矢先転塾することで、子供たちの立場にたって名門中学に入らせることが全てではないことに気がついて指導することとなった内容です。
その結果一人一人あった学校へ進学させることとなり黒木先生も受験とは何かについて学ぶことができたことに加えてさくら先生も塾を通して生徒のことや授業のことについて学ぶことになり教師の道へ戻ることとなります。
このドラマをみていると自分自身の勉強にもなりましたし、今後の人生の勉強にもなったと感じさせられました。
何と言ってもやはりまだ小学生の子供達が下手な大人より頑張るところに心奪われて一生懸命応援したくなりますよね。そしてその子供達に本気で向き合う蔵人。彼は寡黙で一見、何を考えてるかわからないですが誰よりも子供達と向き合ってます。鬼気迫る程の勢いと過激なやり方で数々の児童達とやってきましたがそのどれもが結果的に子供達を本気にさせていました。麻衣は最初とにかく学校に戻りたい気持ちが先行してて、子供の事を自分なりに考えてはいましたけど対等に1人の人間として扱えている訳ではありませんでした。しかしただ1人、蔵人だけが彼らと同じ目線で向き合い敬い考えを尊重していましたね。だからこそ子供達も心が動いたのでしょう、この人は本気で言ってると。良い勉強になりました。
今おすすめのお得情報!

話題のドコモ格安プランahamo(アハモ)」!
申し込み受付はネットから。

月額2,970円(税込)でデータ容量はたっぷり20GB。
国内通話5分無料。
時間帯による速度制限なし。
4G/5Gどちらも使えます。

ahamoのネット申し込みはこちら

ahamoって何?という方はこちら

ahamo qr画像