動画配信状況

映画『今夜、世界からこの恋が消えても』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2022年11月19日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2022年7月29日に実写映画『今夜、世界からこの恋が消えても』が劇場公開。
  • 監督
    三木孝浩
  • 出演・キャスト
    道枝駿佑(なにわ男子)、福本莉子
    古川琴音、前田航基
    松本穂香、萩原聖人
  • 原作は一条岬による小説『今夜、世界からこの恋が消えても』

映画『今夜、世界からこの恋が消えても』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

取り扱いはしていませんでした。

口コミ・感想

こんな恋愛映画は久しぶりかなと思いながら、観ていましたが良ったです。切ないシーンやその素直な愛情に涙が溢れます。それぞれが互いを思っては、傷つけないために色々と試している。その一生懸命なところが羨ましい。好きなシーンは、花火のところ。花火はやっぱり綺麗で、儚いです。記憶は完全に消えないと言いはる透の強さが、カッコ良いです。彼女の朝起きたら、記憶無くすという方に気を取られてたけど、途中になってまさかの透の死という展開に、驚きます。そんな展開があるとは、全く考えてなかったです。だからこそ、忘れたくないと思うような記憶が、自分にあるかな?と、観終わった後にしみじみ思いました。切ない系の恋愛物語が好きな人に、オススメです。
とても美しく、儚い映画でした。キャストの演技はとてもフレッシュで見ていてとても気持ちよかったです。特に親友の泉役の古川琴音さんの演技が素晴らしく、複雑な立場や心境を見事に表現されており、思わず涙がこぼれました。
設定についてはよくありそうなものですが、さすが三木孝浩監督と月川翔脚本と感じるような素晴らしいまとめ方や美しい演出でした。特に終盤の全ての真実が明かされるシーンでの伏線回収や感動的な演出は圧巻でした。
恋をするわくわくと不安を思い出したり、とても切なくて苦しいけど、最後は前を向く主人公の姿に勇気をもらえる作品でした。
また、主題歌であるヨルシカの「左右盲」のテイストや歌詞が作品の良さを際立たせており、エンドロールまで楽しむことができました。
伏線がわかりやすく張り巡らされていて展開が気になって仕方なかったです。個人的には透のシーンは、突然すぎてあまり実感が湧かなかったです。1番私が印象に残っているのはヒロインの親友である綿矢泉ちゃんがとてもいいキャラクターをしているなと思いました。女優さんの演技がとてもよくて見入ってしまいました。1日経てば記憶がなくなってしまうといった設定は、他のストーリーでも見たことがあったのですが、この映画は特に見入ってしまいました。伏線をわかりやすく表現していて見ている側にも展開を考えさせながら映画を表現しているなと思いながら見ました。ストーリーとキャラクターのバランスもよくて切なくて感動するシーンもあって個人的には大満足の作品でした。
思い出を無くすべきか、それとも持ち続けるべきかを問われる素敵な作品でした。知らぬ間に泣いている自分がいました。道枝は心臓病の青年であり、ヒロインは記憶障害です。この記憶障害は「50回目のファーストキス」とそっくりでしたので、びっくりしましたが、オマージュだと納得しました。ヒロインの若さが、また違った雰囲気を醸し出していたので、似ているようで違った趣きだと言えるでしょう。道枝は彼女のために尽くしますが、ある意味菩薩のような行為でした。だから、ヒロインは彼から人生の美しさを学びます。その学んだことを、記憶障害はあれど、ヒロインの魂は覚えていたのでした。魂の力によって再び前を向いて歩き始めるのです。泣けました。傑作に出会えて幸せです。
主人公の女性ヒロインが難病を抱えている恋愛映画は、古くは「世界の中心で愛を叫ぶ」から始まって、「タイヨウのうた」、「君の膵臓を食べたい」、「余命1ヶ月の花嫁」、「今夜君は月夜に光り輝く」など脈々と続いてきましたが、本作はより一層ビジュアル、ストーリーがレベルアップした作品で思わず感動・号泣してしまいました。役者さんは今をときめく若手の道枝駿佑と福本莉子が熱演していて、高校生のピュアな恋愛を爽やかに表現してくれています。この手の映画は確かに数多く制作されていますが、どれを見ても心を洗われるような気持ちになり、青春時代を思い出させてくれます。高校生に限らず、大人の恋人同士でも見ると良いと思います。
この作品は登場人物がみんな繊細で優しい心を持っていて、そこに切ないストーリーが加わるので本当に感動的でした。特に大切な思い出が記憶から消えてしまう切なさと悲しさを味わえるシーンが多かったです。ヒロインの記憶が一日でリセットされてしまう設定があることで、普通のラブストーリーとは全然違う物語に発展していくところもこの作品ならではの面白さに繋がっていると思いました。メインの登場人物の二人はもちろん素晴らしかったのですが、親友役である古川琴音さんの演技が本当に凄くて、正直主人公たちより強く記憶に残りました。そしてこの作品は青色を目立たせるような構図が多くて、それがまたこの作品の儚さを強調しているように感じることが出来ました。
今おすすめのお得情報!