動画配信状況

映画『バイオレンスアクション』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2022年11月15日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2022年8月19日に劇場公開。
  • 監督
    瑠東東一郎
  • 出演・キャスト
    橋本環奈、杉野遥亮
    鈴鹿央士、馬場ふみか
    森崎ウィン、大東駿介
  • 原作は原作は浅井蓮次、沢田新による漫画『バイオレンスアクション』

映画『バイオレンスアクション』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

取り扱いはしていませんでした。

口コミ・感想

タイトルが「バイオレンスアクション」って言っているし、主人公も殺し屋なので、もっと本当にバイオレンスバイオレンスしていて激しいのかなって思ったけれども、全く血飛沫とかリアルさはないので、バイオレンスやグロいのが苦手な人でも大丈夫だと思います。それに登場キャラの見た目で分かると思いますが、どちらかというとコメディモノって感じだし、橋本環奈ちゃんの可愛さを楽しむための作品かな。それでもアクションシーンは良かったと思います。もちろん橋本環奈ちゃんは本職のアクション俳優さんではないので、カットを細切れにしていたり、スローにしたりすることで、上手くアクションに迫力を持たせたり、オシャレに見えるようにしていて面白かったです。
人気コミックが原作のアクションコメディ映画です。簿記の専門学校の生徒だけど実は凄腕のNo,1の殺し屋という2つの顔を持つゆるふわ系の女の子が、アルバイトでヤクザの親分から依頼を受けたターゲットが実は心惹かれる青年だったという何ともロマンチックなストーリー展開で、そのキュートな見た目からは全く想像もつかないような激しいアクションの連続も魅力的です。そんなちょっと一風変わった主人公を橋本環奈が演じていて、ピンク色の髪の毛が非常に似合っていました。ヤクザの役には佐藤二郎や高橋克典などコワモテだけど憎めないキャラクターが面白かったです。アクション映画やコメディ映画が好きな方には是非オススメな作品です。
主演の橋本環奈の魅力がたっぷり詰まった映画でした。ピンクの髪で派手なファッションという少しコスプレな感じが可愛らしく、さらに見た目とは裏腹に派手なアクションがカッコよくて思わずファンになってしまいました。特にアクションは必見でした。これまでの日本のアクション映画にないような新感覚で、ハリウッド映画を見てるかのようなアクションは手に汗を握り、ラストまで見ごたえがありました。そして、ストーリー自体もアクションなのでシリアスなのかと思いきやコメディだったのもよく、意外なシーンでもクスッと笑えて見終わった後も余韻に浸れました。また、キャストも馬場ふみかや鈴木央士といった注目の若手俳優が出演しているのも魅力でした。
始まってすぐにアクション映画のメリハリの効き方がB級映画みたいだと、思うと納得して、最高に楽しめました。人気マンガの実写化ですが、主人公が女学生で殺し屋を橋本環奈が演じてます。彼女のコスプレ姿は、凄く可愛ので、観ていて楽しい。そして、佐藤二朗の安定した笑って人を殺す怪演が怖さアップも岡村隆史のアクション等、原作のマンガに沿って良かったです。アクションはマンガっぽいシーンや本当に良いアクションもたくさんあります。ヤクザの抗争の部分も面白い。アクションシーンの時に同時に流れる音楽も選曲が良かったです。グロいシーンがないのも良かった。ストーリーも分かりやすいから、楽しんで観る映画が好きな人にはオススメです。
この映画の一番の見どころはやはり橋本環奈の存在の不思議な魅力なのでしょうか。彼女はこの世に生まれてきた女性の中でも、いるだけで周りの人間を独特のオーラで包んでしまうパワーを持っています。だから、彼女を観たい人はこの映画は絶対のおすすめです。可愛いすぎて、美しすぎて、2時間があっという間に過ぎてしまいます。彼女の演技が下手だとか上手いとかいうことは、批評する必要はないと思います。観る人は眼福の時を過ごしているのですから、それだけで幸せです。キムタクは何をやってもキムタクであるというように、橋本環奈も何をやっても橋本環奈なんでしょうね。それにしてもものすごい速さで銃弾を避けるところ、めちゃくちゃカッコ良くてビックリしました。踊るようにして相手を倒す美しさにリスペクトしたくなりました。ファブルに似たようなアクションに脱帽です。
まるで漫画のようなポップな雰囲気のある登場人物と、シリアスなアクションシーンのギャップが素晴らしい作品でした。やはり橋本環奈さんのビジュアルは唯一無二の良さがあるなとこの作品を見て、改めて実感しました。アクションシーンの時にはカット割りを細かくしてスピード感を出したり、スローモーションに切り替えたりすることによって緩急をつけて、より観客が楽しめるような工夫が凝らされていました。たまにCGに違和感を感じてしまうとこらもありましたが、それをカバーできるくらいに全体のクオリティーは高かったです。また佐藤次郎さんが演じている役柄が個人的にはお気に入りで、ふざけているようでしっかり怖いというのがたまらなかったです。
今おすすめのお得情報!