動画配信状況

映画『パレードへようこそ』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2022年11月20日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2015年4月に日本で劇場公開。
    パレードへようこそ(字幕版)
  • 監督
    マシュー・ウォーチャス
  • 出演・キャスト
    ビル・ナイ、イメルダ・スタウントン
    ベン・シュネッツァー、ジョージ・マッケイ
    ジョセフ・ギルガン、フェイ・マーセイ
    ドミニク・ウェスト、アンドリュー・スコット

映画『パレードへようこそ』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

作品名 配信状況
パレードへようこそ レンタル

dTVなら初回初月無料で見れる!
月額550円(税込)で映画、ドラマ、音楽ライブにフィットネス動画まで大充実で楽しめるのがdTV!
※AppStore、GooglePlayで課金すると650円高くなってしまうのでこちらのWEB上からの登録がオススメ!
※dポイントを月額の支払い、レンタル作品の購入に使用できます。
携帯電話会社がドコモ以外の方でも利用できます。

dTVの初回無料おためしはここから

本作品の配信情報は2022年11月20日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはdTVのホームページもしくはアプリをご確認ください。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

作品名 配信状況
パレードへようこそ

U-NEXTは初回31日間無料に加えて600円分のポイントも付いてくる!それを使って漫画やレンタル作品を実質無料で見ることも。
映画・ドラマの見放題。新作もレンタルで素早く配信。さらに150誌以上の雑誌も読み放題
毎月1,200円分のポイントが付与されるので月額の実質価格はとってもお得!
※ポイントはレンタル作品や電子書籍などに使えます。
ダブルスコアをつけて2018年2月の調査開始時よりずっと「見放題作品数No.1」!

U-NEXTの無料体験はここから

本ページの情報は2022年11月20日時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Hulu(フールー)で配信中の作品

作品名 配信状況
パレードへようこそ

日テレ系ドラマ、バラエティに強いのはHulu!
見逃し配信、Hulu独占ドラマ「Huluプレミア」も注目。
配信本数10万本を突破!
視聴機器も多彩に用意。パソコンにスマホ(iPhone, Android)にタブレット(iPad)。Fire TV、AppleTVなど他にも多数対応。ゲーム機ならPS4にPS5。そしてHuluはなんとニンテンドースイッチでも見れる!
支払い方法はクレカにPayPay、LINE Pay、キャリア決済など様々な手段が用意されています。
2週間無料で視聴できます!

Huluの無料体験はここから

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

作品名 配信状況
パレードへようこそ(字幕版) レンタル

Amazonプライム会員ならたくさんの映画も見放題!
配達に便利なのはもちろん「Prime Reading(電子書籍の無料本)」「Prime Music(音楽の無料視聴)」「Amazon Photos(写真の無料アップロード)」などプライム会員ならではの特典が盛りだくさん
初回30日間無料で試せる!

Amazon プライム・ビデオの無料体験はここから

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
パレードへようこそ DVD

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。新作・準新作は月8本、旧作は借り放題。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません

口コミ・感想

1980年代の実話に基づいて制作された映画だけに、当時の社会情勢が細かに反映された、一種の歴史映画だと感じました。サッチャー政権が進める新自由主義的な経済政策下で発生した炭鉱ストライキ、当時完全に日陰者だった同性愛者たち、さらに同性愛者の間でエイズが流行したことによる偏見の眼差しなど、当時の状況が事細かに描かれています。そんな逆境下でも、笑顔を忘れない主人公たちが、少しずつ偏見を解いてゆき、理解者を増やしてゆく様が描かれています。基本的にコメディ調で明るく描かれているので、辛い出来事が多くても、あまり暗い気分にならずに鑑賞できた点が良かったです。また諦めないことの大切さを学ばせてくれる作品でもありました。
イギリスの炭鉱労働者内でのLGSM(レズビアンズ・アンド・ゲイズ・サポート・ザ・マイナーズ)の同性愛者への偏見も絡んだ話で、内容はシビアな話だけれど、前向きに、明るく団結していく姿は素敵だなと思いました。今は少し認められ始めているけれど、同性愛を全員に認められるのがもっと厳しい時代の話で、そんな時代の話だからこそ、見ていて力がもらえたような気がします。偏見と闘う勇気に胸が熱くなります。おじいちゃんおばあちゃん達もみんな80年代のファッションがおしゃれだし、コメディー部分もあって見ていて楽しい部分もありました。音楽も良くて、LGSMの人はもちろん、ストレートの人にも全ての人にオススメの映画です。
LBGTという表現もない1980年代のイギリスでの出来事でした。ゲイやレズビアンが自分達の存在をかけて戦い始めた時期ですので、その苦闘が痛いほどわかる作品です。少数ですが彼らも人間です。団結すれば必ず社会に一定のポジションを得られるのです。同性愛の仲間たちは支援金を募り、さまざまな活動をしていきます。その過程では裏切られることもあり、残酷な仕打ちに心が折れそうになります。それでも、懲りずに前進していくことをやめなければ、道は開けるものだと思いました。この人々が苦労して積み上げたからこそ、LBGTの今日の権利が認められてきたと、本当に感動します。どんなに社会的にたたかれても立ち向かう姿に勇気がもらえました。人生は短い、だからこそ自分らしく生きていくことが大切だと教えられました。
この映画の良かったところは、一人ではそんなに影響力を持っていない一般市民たちが団結をすることによって、世相を動かしていくほど大きなムーブメントを起こしていくところです。少しずつそのメンバーが集まっていくところ、弾圧されていた人たちが反旗を翻していくところなどは感動せざるを得ません。しかも80年代というまだまだ同性愛への理解が深まっていない時代だからこそ、このような活動をする人たちがどれだけ勇気を振り絞ったのかと思うと尊敬の念を感じました。マイノリティーへの弾圧がテーマになっているので重たい内容になるのかと思いきや、結構コミカルなシーンもあるので、そんな暗い気持ちにならずに最後まで見られるところも良かったです。
実話を基にポジティブに生きるのが素敵だと思った映画です。1984年の英国が舞台で、炭鉱を閉鎖する政府案に抗議した炭鉱夫達と支援するロンドンの同性愛者達の話です。接点のない人達が無知によって偏見や差別に気付いて、互いにわかり合うのが、見どころでした。背景の80年代のポップミュージックが明るいからか、凄く軽やかに描いているのが良いです。そして、年配女性の明くて、パワフルさにはとても救われます。悲観するばかりでなくて、ポジティブに描く演出から、前進できる勇気がでました。ラストでは、同性愛者達に支援された炭鉱夫達が同性愛者の権利を勝ち取ろうとたパレードに参加するのは、感動しました。分かり合えたからだと思います。
イギリスの炭鉱労働者に注目した、実話を基にしたストーリー作品でした。
1980年代を感じさせる人々の服装が印象的です。LGへの偏見の目は、2022年となった今でも、根強く続く問題であり、社会的な立場や圧力は、現在よりも更に厳しいものがある印象を受けます。
そういったシビアな面に注目した作品ですが、全体を通して感じるのは、そんな状況であっても、消して腐らず、明るく前向きにあろうとする姿であり、彼ら、彼女らの、団結して楽しく生きる姿には、心を撃たれます。
コメディーチックなシーンと、感動するシーンのバランスが、とてもよく纏まっていて、どちらの良さも感じることができます。
「ゲイだから、レズビアンだからとかは関係ない!人として、幸せに生きる!」
そんなメッセージ性を強く感じる作品でした。
今おすすめのお得情報!