動画配信状況

映画『TANG タング』はどこで配信している?無料で見るには?

※本ページの情報は2022年11月29日時点のものです。最新の配信状況は各VODサービスにてご確認ください。

  • 2022年8月11日に劇場公開。
  • 監督
    三木孝浩
  • 出演・キャスト
    二宮和也、満島ひかり
    市川実日子、小手伸也
    京本大我(SixTONES)、武田鉄矢
    山内健司・濱家隆一(かまいたち)
  • 原作はデボラ・インストールによる小説『ロボット・イン・ザ・ガーデン』

映画『TANG タング』はどこで見れるのか、主要なVODサービスの配信状況をまとめました。

dTVで配信中の作品

配信はしていませんでした。

U-NEXT(ユーネクスト)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)で配信中の作品

配信はしていませんでした。

Hulu(フールー)ストアで配信中の作品

配信はしていませんでした。

FODプレミアムで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Paraviで配信中の作品

配信はしていませんでした。

Amazon プライム・ビデオで配信中の作品

配信はしていませんでした。

TSUTAYA DISCAS(DVD宅配レンタル)

作品名 配信状況
TANG タング レンタル開始日:2023年01月06日

DISCASは大手レンタルチェーン店ツタヤが運営する月額制のDVD宅配レンタルサービスです。新作・準新作は月8本、旧作は借り放題。
DVDだからこそ配信停止になった作品や、配信がされていない作品DVDで見れる!
DVDは専用の往復封筒で郵便受けに届くので不在の心配も必要なし。平均1日~3日ほどでお届け。
返却は郵便ポストに入れるだけ。返送料金もかかりません
まずは30日間無料体験!

DVD宅配レンタル(DISCAS)の無料体験はここから
※無料期間中は新作DVDのレンタルは出来ません

口コミ・感想

泣ける作品でした。キャスティングが二宮さんや満島ひかりさんの安定した演技だから、安心して観られました。タングという、感情を持ったポンコツロボットの話です。近い未来には、あっても良さそうです。ぜひ、家事や子育て、介護をしてくれるロボットが希望だと思いながら楽しみました。見どころは、違和感のないCGの映像なところです。視覚的に全く問題なく、素晴らしかったです。主人公の健とタングの友情には思わず涙が溢れました。観ているうちに、タングが可愛くなって、たまりません。特に、一生懸命にコーヒーを持ってくるシーンが、最高です。子供を観る感じで、微笑ましいです。ラストシーンは、とても幸せそうなのも良いです。エンドロールは外さず観て欲しい。
ゲームオタクのずぼらな男性役がはまっており、二宮君はいろんなキャラクターをこなせる俳優さんだなと思いました。シンプルなストーリーですが、このご時世、ほっこりとした気分になれる映画は貴重だと思います。タングの見た目、仕草がどれをとってもかわいらしくて魅了されてしまいました。本当の小さな子供みたいな仕草にグッときました。タングと出会ったことで健の内面にきっともともとあったであろう良い部分が引き出されてる感じがした。また人間と機械ではあるけれど、お互いを思いやる気持ちがちゃんと存在していることが尊く感じほろっとしてしまいました。満島ひかりさん演じるえみと健の夫婦像もとても良かった。メッセージ性もきちんとありつつ程よくファンタジーな部分もあって子ども達にも是非みてほしい映画です。
記憶を無くしたポンコツロボットと無職のダメな男が世界を冒険して大切なものに気がつく作品です。現代社会はストレス社会で、色々なものに縛られて生きているのが苦痛に思う時が結構あると思います。そんな日常を忘れて非日常を旅する本作は、大切なものを失ってしまった人に人生にとって大切なものは何かを思い出させてくれます。世界を旅して見たことがないものや触ったことがないもの、食べたことがないものを初めて経験するということはこんなにも楽しいものなのかと、映画を見ていてすごく伝わってきます。仕事ばっかりの人生に疲れた人、何をしたらよいのか迷走している人、かけがえのない非日常を味わいたい人に是非オススメの作品です。
タングは一見すると錆が浮いたボロボロのレトロなロボットでした。そんな彼が懐いたのは無気力でダメ人間と妻にも見放されてしまった健(二宮和也)だったのです。お調子者で本心をなかなか見せない健でしたが、彼のために一生懸命にコーヒーを運ぼうとしていたタングの姿に絆されて、二人は旅をすることになりました。まず凄いなと思ったのは、そんなタングの姿の描写です。CGは今時珍しくもありませんが、まるでそこに本当に存在しているかのようなナチュラルな姿と、陰の描き方が凄いなと思って見入ってしまいました。二宮さんが声を当てていたという情報を後で知り、なるほど、健とタングの息がぴったりあっているわけだと納得しましたが、それ以上に二人の間に種を超えた情感が生まれて育っていくさまが凄く良いのです。古びた見た目に秘められたタングの凄い能力が標的になって二人(?)は危機的状況に追い込まれますが、そこで生まれていくパートナーシップが胸を打ちます。夏休みの子供向け映画かと思ったら、とんでもなかった…二宮さんが見せてくれる、キラキラした奇跡がいっぱい詰まった素敵な作品でした。
ロボットのタングがとにかく可愛くて、どんなにドジなことをしても逆に守ってあげたくなる気持ちがどんどん沸いてきました。そしてそんなタングと出会う主人公を二宮和也さんが演じているのですが、その辺にいそうな一般人の雰囲気を出すのがとても上手いなと思いました。邦画にしてはCGが多く使われているこの作品ですが、実写部分と上手く溶け込んでいるので全く違和感がなく見ることができました。物語に関しては、トラウマを克服して前に進んでいくというベタだけど感動せざるを得ないストーリーでした。人間だけではなくロボットにもトラウマができるという描き方をしているのが斬新でしたし、未来にはこういう時代も来るかもしれないと想像が膨らみました。
タング、二宮、満島が大好きになる映画です。しかも設定がシンプルでわかりやすいです。人やロボットを愛する気持ちがびんびん伝わってきました。二宮は研修医、満島は弁護士ですが、二宮には父親を救えなかったトラウマがあります。だからポンコツなんですね。その夫婦は離婚寸前ですが、タングが見事なキューピッドになります。劇場内では泣いている人ばかりでした。タングはとにかく可愛いロボットなのです。二宮と武田のアクション、タングを救うために奮闘する二宮に拍手喝采です。タングが元通りになり、離婚危機を救う姿にも涙がとまりません。こんな素敵なロボットがいたら、地球はもっと平和になるでしょう。こころ暖まるハッピーエンドに感謝!
今おすすめのお得情報!